【雷・電SS】熊野「キャベツ半玉210円ですって!?ありえませんわ!」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441881580/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:39:40.61 ID:sD47+7eE0

響「豚肉(\400)、キャベツ半玉(\210)に玉ねぎ(\100)こんなものかな」
雷「待って!もやしが10円だし買っていくわよ!」
暁「ねえ、このカステラも買っていいでしょ!」
電「800円はさすがに高すぎるのです」
暁「嫌よ、買ってくれるまで動かないんだから!」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:42:24.38 ID:sD47+7eE0

響「今日は特売日だし、いくらか値引きされるんじゃないかい」
雷「もう、暁ったらしょうがないわね」
電「じゃあレジでお会計をするのです」
とぉぉぉぉぉ↑おおおおおおう↓
雷・電・響・暁「!?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:46:02.15 ID:sD47+7eE0

熊野「キャベツ半玉210円ですって!?ありえませんわ!」
熊野「あら、お惣菜のタイムセールの時間ですわね」
熊野「半額シールが貼られるのを待ちますわ」
熊野「やりましたわ!今夜は酢豚が100円で食べられますわ」
熊野「鈴谷のぶんも買ってさしあげましょう」
熊野「あ、ポイントを端数の分だけ使ってくださる?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:49:40.61 ID:sD47+7eE0

雷・電・響・暁「」ポカーン
暁「う、嘘よ。一人前のレディーが特売日にスーパーだなんて」
響「暁、それ以上見ちゃだめだ」
雷「熊野さんとは何だか気が合いそうね!」
電「きっと人違いなのです・・・なのです」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:52:21.76 ID:sD47+7eE0

提督「いや、それはないだろ」
暁「ほんとなんだからっ!ちゃんと見たし」
提督「じゃあどんな服装だったんだ?」
暁「ジャージにサンダルよ」
提督「熊野がジャージだぁ~?」プフッ
暁「あぁー!信じてないでしょ」
提督「見ろ、熊野のスカートを」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:55:24.86 ID:sD47+7eE0

提督「しっかり折り目がついてるし、ブラウスも糊が効いてる」
提督「どこかのお子様とは違うんだぞ」チラッ
暁「なっ!ちょっと脱ぎっぱなしにしただけなんだからっ」ヨレヨレ
鈴谷「チーッス!なになに、なんの話?」
提督「こらこら、上官への口のきき方をだな・・・」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:59:16.94 ID:sD47+7eE0

鈴谷「まあまあ、そんなカタくならないでいいじゃん」
鈴谷「提督たるもの、おっきくないとね」
提督「やれやれ、少しは熊野を見習って欲しいもんだな」
鈴谷「あざーっす!鈴谷褒められて伸びるタイプなんです」
提督「褒めてねえよ!」

ギャーギャーワーワー

暁「そうよね。熊野さんはレディーに決まってるんだから」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:02:43.58 ID:sD47+7eE0

電「何か甘いものが食べたいのです」
響「そういえば、この辺に新しいケーキ屋ができたようだね」
暁「さっそく行きましょう」
雷「私、割引のチラシ持ってきたわ!」
とぉぉぉぉぉ↑おおおおおおう↓
雷・電・響・暁「!?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:05:50.19 ID:sD47+7eE0

熊野「こちら、ホッ○ペッパーのクーポンですわ」
熊野「あら、割引適用は千円以上のみでしたのね」カァァ
熊野「ええ承りましてよ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:06:42.01 ID:D843KoG+o

お嬢様、レディー・シャウトは時と場所をわきまえて一般のかたの迷惑にならぬよう、行政の許可をとってしてください。

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:08:50.30 ID:sD47+7eE0

雷・電・響・暁「」ポカーン
暁「う、嘘よ。一人前のレディーがホットペ○パーのクーポン使用だなんて」
響「暁、それ以上見ちゃだめだ」
雷「店員に断られて、見てるこっちが恥ずかしいわよぉ!」
電「きっと人違いなのです・・・なのです」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:11:47.62 ID:sD47+7eE0

暁「なかなかおいしかったじゃない」
電「甘いものが苦手な響も気にいったみたいなのです」
響「ハラショー」
雷「せっかくだから司令官に焼き立てパン買っていきたいわ」
電「賛成なのです」
とぉぉぉぉぉ↑おおおおおおう↓
雷・電・響・暁「!?」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:14:20.92 ID:sD47+7eE0

熊野「いつも助かりますわ」
熊野「あ、ありえませんわ。海鳥への餌でしてよ」
熊野「まぁ、いい匂いがいたしますわ♪ え? これを、私に?」
熊野「ありがたく頂戴しますわ。ではごきげんよう」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:17:36.97 ID:sD47+7eE0

雷・電・響・暁「」ポカーン
暁「う、嘘よ。一人前のレディーがパンの耳を貰ってるなんて」
響「暁、それ以上見ちゃだめだ」
雷「同情されて商品まで分けてもらうなんて駄目よぉ!」
電「きっと人違いなのです・・・なのです」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:20:50.10 ID:sD47+7eE0

暁「ほんとなんだからっ!ちゃんと見たし」
提督「じゃあパンの耳食べてるとこ見たのか?」
暁「そこまでは見てないわよ」
提督「熊野がホッ○ペッパー使用だぁ~?」プフッ
暁「あぁー!信じてないでしょ」
鈴谷「チーッス!なになに、なんの話?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:23:51.13 ID:sD47+7eE0

提督「だから、上官への口のきき方をだな・・・」
鈴谷「まあまあ、それより晩御飯食べよー」
鈴谷「久々にメィ=ミヤ ベイ・クルージングリストゥルン シンフォニークルーズに行きたいなっと」
提督「そんな高級レストランは予約すらできねえよ」
鈴谷「じゃじゃ~ん!株主優待券」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:26:56.49 ID:sD47+7eE0

提督「ドレスコードとかよく分からんのだが」
鈴谷「提督カタすぎるしー。制服で十分じゃん」
提督「そうなのか?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:30:13.02 ID:sD47+7eE0

提督「クルージングだけあって夜景がキレイだな」
鈴谷「や~っぱこういう雰囲気は落ち着くよねー」
提督「はぁ・・・鎮守府ではあれだけ騒がしいのに」
提督「鈴谷は意外とこういうのが趣味なのか?」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:33:14.57 ID:sD47+7eE0

間宮「お客様、ワインはいかがいたしましょうか」
提督「(やべぇ・・・ワインの種類なんか分からねえぞ)」
鈴谷「じゃあクラレット!」
提督「銘柄はどうするんだ?」
鈴谷「そこは給仕さんにおまかせだねー」
鈴谷「や~っぱディナーは楽しみ方も大切じゃん?」
提督「(こいつ・・・できる!)」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:36:32.89 ID:sD47+7eE0

熊野「戻りましたわ」ドサッ
鈴谷「くまのん!?制服型崩れしちゃうじゃん」
熊野「ふぁぁ・・・私、ちょっと眠くなってきましたわ」
鈴谷「うわっ、ソファーは寝るところじゃないし」
熊野「どうせ誰も見ていませんわ」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 20:39:47.51 ID:sD47+7eE0

熊野「レディーだって疲れますの・・・よzzz」
鈴谷「おーいくまのん?寝ちゃった?」
鈴谷「あ~ぁ、今のうちにくまのんのスカートもアイロンかけちゃいますか!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする