【艦これSS】吹雪「赤城先輩、ボーキサイトって美味しいんですか?」【睦月・夕立】

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447078759/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:19:19.84 ID:YeG+mLUV0

赤城「ボリボリ、ムシャムシャ」

吹雪「赤城先輩、美味しそうに何を食べてるんですか?」

赤城「ボーキサイトですよ」

吹雪「ボーキサイト!?鉱石って食べられるんですか!?」

赤城「空母や軽空母にとっては必要な食べ物なんですよ」

吹雪「そうなんですかー…えっ食べ物!?」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:20:30.38 ID:YeG+mLUV0

吹雪「赤城先輩、ボーキサイトって美味しいんですか?」

赤城「食べてみますか?」

吹雪「良いんですか?」

赤城「ええ。どうぞ」

吹雪「ありがとうございます!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:22:11.13 ID:YeG+mLUV0

吹雪「うっ!固っい!」

赤城「吹雪さんの歯はまだまだ鍛え足りてないようですね」

吹雪「しかも大きくて口に入り辛いです…」

赤城「そういう時はしゃぶるようになめるのですよ」

吹雪「わかりました」

吹雪「ちゅぱちゅぱ」

吹雪「にっ苦いっ!!」

赤城「ふふふっ。そのうち慣れますよ」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:24:03.34 ID:YeG+mLUV0

夕立「あっ、吹雪ちゃんと赤城さんがあそこで何か話してるっぽい」

睦月「何をしているのかな?」

夕立「ちょっと気になるっぽい」

睦月「もう!盗み聴きなんて良くないよー」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:24:42.50 ID:YeG+mLUV0

吹雪「大きくて口に入り辛いです…」

赤城「そういう時はしゃぶるようになめるのですよ」

吹雪「わかりました」

吹雪「ちゅぱちゅぱ」

吹雪「にっ苦いっ!!」

赤城「ふふふっ。そのうち慣れますよ」

夕立・睦月「」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:26:10.67 ID:YeG+mLUV0

夕立「今の会話ってまさか…」

睦月「いや、そんな事はありえないよ!だって、赤城さんは女の人だよ!!男の人のアレがついてるわけないよ!!」

夕立「でも、今の会話はそういう行為をしていたとしか思えないっぽい!!」

睦月「き、きっと、睦月たちの勘違いだよ!」

夕立「…確かにそう考える方が自然っぽい。夕立もどうかしてたっぽい」

睦月「さっきの事は忘れよう!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:28:25.76 ID:YeG+mLUV0

その日の夜

睦月「吹雪ちゃん、今日、赤城さんと一緒にいたよね。何してたの?」

吹雪「え!?」

夕立(睦月ちゃん、忘れようって言ってたのに…)

吹雪「えーと…」

赤城(ボーキサイトを食べた事は秘密にしておいて下さい。空母と軽空母のための資源なので、駆逐艦の吹雪さんが食べたと知られたら問題になるかもしれませんから)

吹雪「ひ、秘密の事だから、睦月ちゃんにも言えないんだ。ごめんね…」

睦月「そ、そうなんだ…」

睦月・夕立(やっぱり、いかがわしい行為をしていたのでは…)

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:29:28.83 ID:YeG+mLUV0

次の日

夕立「あっ!吹雪ちゃんが赤城さんの部屋に入って行くっぽい!」

睦月「まさかっ!今日もなの!?」

睦月「いや、そんな事ないよ!今日は目で見て、二人がいかがわしい事をしていなかったって事をしっかりと目に焼き付けよう!」

夕立「睦月ちゃん、盗み聞きは良くないって言ったのにノリノリっぽい」

睦月「盗み見は良くないって言ってないからノーカン」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:31:07.25 ID:YeG+mLUV0

吹雪「あの…赤城先輩」

赤城「ボーキサイトの事ですか?」

吹雪「はい…」

赤城「あんなに苦いって言っていたのに」

吹雪「何か癖になっちゃって…」

赤城「ふふっ。良いですよ、ちょっと待っててね」

吹雪「わーい!」

赤城「吹雪さんが食べやすいように棒状に調理したものを用意しましたよ」

吹雪「これなら口に入れやすいです!」

吹雪「ちゅぱちゅぱ…」

赤城「どう?」

吹雪「はひ…赤城さんの…つくった…ボーキサイトの…棒…おいひぃですぅ…」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:32:35.82 ID:YeG+mLUV0

睦月「気づかれないようにドアをそーっと開けて…」

夕立「何か、声が聴きとり辛いっぽい」

睦月・夕立「!!??」

吹雪「ちゅぱちゅぱ…」

睦月・夕立(吹雪ちゃんが棒状のものを口に入れている!!??)

赤城「どう?」

吹雪「はひ…赤城さんの…棒…おいひぃですぅ…」

睦月・夕立「」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:33:15.05 ID:YeG+mLUV0

睦月「にゃしぃいいいいいいい!!!!」

夕立「ぽいぃぃぃぃぃぃいいい!!!!」

赤城「あら?外から声が聴こえたような?」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:35:20.16 ID:YeG+mLUV0

夕立「ハァ…ハァ…思わず全速力で逃げてきちゃったっぽい!!」

睦月「吹雪ちゃんが赤城さんの棒を美味しいって…美味しいって…えっぐ、ひっく…」

夕立「落ち着いて睦月ちゃん。もしかしたら、勘違いって事もあるっぽいよ」

睦月「でも、あきらかに棒状のものを吹雪ちゃんがちゅぱちゅぱってしてたんだよ!」

夕立「親友である夕立たちが吹雪ちゃんを信用しなくて誰が信用するっぽい!」

睦月「そ、そうだね…夕立ちゃんの言うとおりだよ。吹雪ちゃんもあんないかがわしい行為をするはずないし、吹雪ちゃんが憧れた赤城さんも後輩にそんな事させるはずがないよね!」

夕立「そうだ!加賀さんに聞いてみようっぽい!いつも赤城さんと一緒にいる加賀さんなら勘違いだって事を証明してくれるはずっぽい!」

睦月「う、うん」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:37:40.82 ID:YeG+mLUV0

加賀「何か相談? いいけれど」

睦月「赤城さんの事で聞きたい事がありまして…」

加賀「赤城さんの何が知りたいの?」

夕立「えーと…」

加賀「?」

睦月「赤城さんには…ごにょごにょが…ついているんでしょうか///」

加賀(ついている?)

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:41:29.56 ID:YeG+mLUV0

加賀「ついている…」

加賀(そういえば…)

赤城『最近ついているんですよ!羅針盤もそれないし、敵の攻撃も外れるし、宝くじも当たって絶好調なんです!』

加賀(…って言ってたわね)

加賀「そうね…まあ、ついているわね。絶好調って言ってたぐらいよ」

睦月・夕立「ええ!!??ついている!!??」

加賀「ええ。(お金も)たまりすぎて、どこかで発散しないと勿体ないって言ってたわ」

夕立「たまりすぎている…そこまで絶好調なんだっぽい…」ゴクリ

睦月「だから、吹雪ちゃんで発散してるんだ…」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:43:05.97 ID:YeG+mLUV0

加賀(吹雪さんにも何か御馳走してあげたりしているのね…ふふっ、赤城さんらしい)

加賀「赤城さんったら後輩思いね」クスッ

睦月・夕立「どこがっ!!??」

加賀「ええ!?」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:45:51.14 ID:YeG+mLUV0

睦月「加賀さんは良いんですか?赤城さんがこんな事をしていても!」

加賀「え!?少しぐらいなら良いんじゃないかしら」

夕立「少しぐらいでも駄目っぽい!風紀が乱れるっぽい!」

加賀(後輩を甘やかすのは確かに良くない、でも…)

加賀「そういう意見も理解できるわ。でも、私は赤城さんの考えを尊重したい…あの人なら節度を持って行動できると私は信じています」

睦月・夕立「…」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:46:36.07 ID:YeG+mLUV0

睦月「加賀さん、何か達観していたね…」

夕立「もう全てを受け入れてるっぽい…」

睦月「私達も受け入れた方が良いのかな」

夕立「うーん…」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:48:19.96 ID:YeG+mLUV0

吹雪「あいたたた…」

赤城「肩や腰が張っていますね…最近、実戦や演習で頑張りすぎかしら?」

吹雪「いえ、全然まだまだですよ」

赤城「それじゃあ、頑張ってる吹雪さんのために私がマッサージをしてあげましょう」

赤城「実は得意なんですよ。加賀さんにもたまにやってあげているんです」

吹雪「ええ!!良いんですか?」

赤城「遠慮しなくていいんですよ」

吹雪「それじゃあ、お言葉に甘えちゃいます///」

赤城「ベッドがある方がやりやすいから、ベッドのある吹雪さんの部屋に行きましょう」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:49:24.55 ID:YeG+mLUV0

吹雪「あれ?電気が薄暗い」

赤城「後で蛍光灯を代えた方がいいですね」

赤城「それじゃあ、ベッドでうつ伏せになってもらえますか」

吹雪「は、はい」

吹雪「何だかドキドキしてきました///」

赤城「ふふっ。リラックスしてね」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:50:44.39 ID:YeG+mLUV0

睦月「あれ?私たちの部屋から声が聴こえるよ」

夕立「この声は…」

睦月・夕立「吹雪ちゃんと赤城さん!!」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:54:44.44 ID:YeG+mLUV0

赤城「それじゃあ、いきますよ…」

吹雪「は、はい!」

赤城「一航戦赤城、出ます!!」

吹雪「いっ痛っ!!」

赤城「最初は痛いかもしれません、我慢して下さい」

吹雪「は、はい…いっ痛い!!痛いです!!」

赤城「ふふふっ。上々ね」

吹雪「ハァ…ハァ…も、もっとゆっくり…お願いします…」

赤城「しょうがない子ね…それじゃあゆっくりの代わりに強く!」

吹雪「あうっ/// そんなっ!ダメですぅううううううう!!!!」

睦月・夕立「」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:55:30.40 ID:YeG+mLUV0

睦月「にゃしぃいいいいいいい!!!!」

夕立「ぽいぃぃぃぃぃぃいいい!!!!」

赤城「あら?外から声が聴こえたような?」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:57:24.30 ID:YeG+mLUV0

睦月「ベッドの上で吹雪ちゃんと赤城さんが…ギシギシって!!」

夕立「薄暗い部屋で、吹雪ちゃんの後ろから赤城さんが!!」

睦月「二人の関係はそこまで進んでるんだね…」

夕立「ずぶずぶっぽい…」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:58:00.04 ID:YeG+mLUV0

睦月「どうしたら良いんだろう…」

夕立「うーん…」

睦月「私、全てを受け入れようと思う」

夕立「ぽいっ!?」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 23:59:14.52 ID:YeG+mLUV0

睦月「加賀さんが赤城さんを受け入れたように、二人の関係を受け入れようと思うの」

睦月「吹雪ちゃんが赤城さんを愛し、赤城さんが吹雪ちゃんを愛しているなら…それで二人が幸せなら、それで良いと思う…」

夕立「睦月ちゃん…」

睦月「たとえ、赤城さんに男の人のごにょごにょがついていようとも…」

夕立(そこだけはちょっと抵抗があるっぽい…)

夕立「でも、わかったっぽい。夕立も二人を祝福するっぽい」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 00:01:39.44 ID:k6B6Dh0j0

吹雪「最初は痛かったけど、凄く気持ち良かったです!!」

赤城「それは良かったわ」

吹雪「あの…さしでがましいかもしれませんが、マッサージの仕方を教えてくれませんか?」

赤城「良いですけど、何故ですか?」

吹雪「睦月ちゃんと夕立ちゃんにもしてあげたくて…」

赤城「吹雪さんは友達思いですね。わかりました、それなら私が二人にマッサージをしてあげましょう」

吹雪「良いんですか?」

赤城「ええ。一人をするのも三人も一緒ですよ!」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 00:04:47.43 ID:k6B6Dh0j0

吹雪「睦月ちゃーん、夕立ちゃーん」

睦月「吹雪ちゃんと赤城さんだ」

夕立「どうしたんだろうっぽい」

吹雪「二人も、赤城先輩にやってもらったら良いよ!凄く気持ち良いんだから!」

赤城「なんなら、二人一緒に相手しましょうか?」

睦月・夕立「いやああああああああああああ!!!!!!」

終わり

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 00:07:53.68 ID:k6B6Dh0j0

これで終わりです。最後まで読んでくれてありがとうございました。

先輩と後輩の触れ合いって良いもんですよね!

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 00:08:58.82 ID:Tjh5fVBqo

乙っした

>>29
そうだね(白目)

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 00:10:07.37 ID:qKUiysqko

おっ、そうだな(適当)

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 00:11:35.87 ID:nvVpv9mSo

触れ合い(意味深

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする