【艦これSS】金剛「ココに居たんデスネ…」提督「…金剛か」【吹雪】

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447867145/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:19:05.27 ID:+E11YXXm0

初SSです。

頑張ります。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:23:29.15 ID:+E11YXXm0

─堤防
提督「……」ボー
金剛「ヘーイ!テートクゥー!」
提督「うわっ!?なんだ…金剛か」
金剛「ナニしてるんデスカー?」
提督「え、ああ…釣りだよ」
金剛「フィッシング!楽しいデスか?」
提督「まぁね、釣れないけど」
金剛「ワタシも御一緒してイイデスか?」
提督「え…やだ…金剛うるさいし」
金剛「なっ!酷過ぎマース!ワタシに対シテ!」
提督「事実じゃん…」
金剛「良い雰囲気になった所でテートクに告白しようと思ったノニー」
提督「またそれか…何十回目だよ…」
金剛「こんなにテートクの事を愛シテ止まないというノニ…」
提督「はいはい」デコピーン
金剛「ぎゃんっ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:25:47.88 ID:+E11YXXm0

─執務室
提督「もう、春だなー…」
金剛「デスネー」
提督「春は、出会いの季節とも言うし別れの季節とも言う」
金剛「新しく入ってくる艦娘達が楽しみデスネ」
提督「…そうだな」
金剛「それに春と言えば…新しい事にチャレンジしてみたくもなりマース」
提督「あー確かに、新しい事に挑戦する季節でもあるもんな」
提督「金剛は何したい?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:28:53.26 ID:+E11YXXm0
金剛「ソウデスネ~…」
金剛「ン~…」
提督「まぁいざ考えるとパッとは出てこないもんだよな」
金剛「お嫁サン?」
提督「…え?なんだって?」
金剛「だから~!テートクとケッコンする事デース!」
提督「あ、そうなの」
金剛「エー!段々反応が薄くなってきましたネー!」
提督「懲りないね金剛も」
金剛「エヘヘ~」
提督「褒めてないし」
金剛「…テートクは何かしたい事あるんデス?」
提督「そうだなぁ…」
提督「…新しい海域の解放…とか?」
金剛「真面目デスカ!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:31:30.85 ID:+E11YXXm0
提督「そんな…」
提督「まぁ半分くらいは嘘だけど、旅行とかしたいね」
金剛「旅行デスか!イイデスネー!北の方に行ってみたいデース!」
提督「え、何で金剛と行く事になってんの」
金剛「酷い!連れてって下さいヨー!」
提督「考えておこう」
金剛「モー!」プンスカ
提督「それにしたって…ポカポカしてて…散歩でもしたくなるな」
金剛「ワタシはいつも提督の事を考えてるからポカポカしてマース」テレテレ
提督「さて、仕事仕事…」
金剛「エー!そこは反応シテ下サイヨー!」
提督「金剛、うるさい」デコピーン!!
金剛「ぎゃんっ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:33:12.49 ID:+E11YXXm0

─執務室
提督「…っつい…くそ暑い…」
金剛「デース…」
提督「れ、冷房…冷房…あ…壊れてるんだった…」
金剛「コノ時期に壊れるとは…信じられないデース…」
提督「ぐぅ暑い…暑すぎる…」
金剛「テートク直せないんデースか…」
提督「無理だ…それに明石や夕張は今日は帰らん…」
金剛「オーゥ…」
コンコン
提督「どうぞぉ~…」
吹雪「失礼しまーす…ってうわっ!この部屋暑い!どうしたんですか!?」
提督「へへへ…気が付いてしまったか…精神を鍛えてるんだよ…」
吹雪「えぇ…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:36:54.75 ID:+E11YXXm0
金剛「何言ってるんデスか…クーラーが…壊れてしまっているのデース…」
吹雪「ああ…それで…」
提督「それで…吹雪…どうしたんだ…」
吹雪「ああえっと…スイカの差し入れなんですけど…」
提督「最高かよ…」
金剛「今ワタシには…ブッキーが天使に見えマース」
吹雪「お二人とも……そ、そうだ!仕事が済んだら皆で海に行きましょう!」
提督「その手があったか…」
金剛「大賛成デース…」
吹雪「私、皆を誘ってきますね!そのスイカ食べてお仕事頑張ってください!それでは!」
提督「へへ…海か…楽しみだなぁ…」
金剛「何考えてるんデスか…」
提督「何ってお前…海だよ…」
金剛「ワタシにはわかりマース…水着が目当てデショウ」
提督「…違うし、そんなんじゃないし…」
金剛「ワタシの…」
提督「……」デコピーン!
金剛「ぎゃんっ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:39:54.84 ID:+E11YXXm0

─提督自室
提督「……」ペラ
バンッ
金剛「ヘイ!テートクゥ!」
提督「……」ペラ
金剛「無視しないで下サーイ!」
提督「…今読書中だから、静かに」
金剛「読書とワタシどっちが大事なんデスカー!」
提督「読書」
金剛「即答!薄々わかっては居ましたケド!」
提督「で、何の用だ?」
金剛「イエス!えっとデスネ、皆さんでBBQするのでテートクも一緒にと思いまシテ」
提督「おー、バーベキューか!良いな!行くぞ行くぞ」
金剛「イエス!決まりデース!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:44:32.14 ID:+E11YXXm0

─広場

天龍「オラオラオラァ~!」シュバババ
吹雪「お~!天龍さん凄~い!私はそんなに早く刺せないや~…」サクサク
天龍「へへっ慣れだよこんなもん!」シュババ
提督「肉ばっか刺してんじゃねーよ」ゴツン
天龍「ってぇ!何すんだ提督!」
提督「何で野菜刺して無いの、偏っちゃうだろ」
天龍「俺は肉が好きなんだ!野菜なんて食わねーぞ!」
提督「ほぉ~…だからそんなにデカイのかぁ~?」ジロジロ ワキワキ
天龍「なっ!?ど、どこ見てんだ変態!その手つきやめやがれ!」バッ
提督「だったらちゃんと野菜も刺せよ?」
天龍「ぐぅ…わ、わかったよ…!」
提督「よし…」サクサク
金剛「~♪」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:47:21.46 ID:+E11YXXm0
提督「…ん?機嫌良さそうだな金剛?」
提督(というか、いつの間に隣に居たんだ)
金剛「え、そう見えマス?」
提督「まぁ見えたけど…」
金剛「フフ、何でデショウネ♪」
提督「変な奴」
金剛「なっ!だからそういう事は言うんじゃないデース!」ムキー

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:52:22.43 ID:+E11YXXm0
ジュー ジュー
天龍「おー、いい匂いじゃねぇか!」
吹雪「美味しそう~!」
金剛「はい、テートク~!アーン!」
提督「え、やだ」
金剛「エー!?女の子からアーンして貰えるんデスヨ!」
提督「別に金剛じゃなくても」
金剛「ワタシくらいしかやってあげないデスヨ!」
提督「初耳だ」
金剛「むぅ…」シュン
提督「あ…」
提督「し、仕方ないな…ほら金剛」
金剛「…ハイ?」
提督「…」アーン
金剛「…!!はい、アーン…」
提督「モグ……お、これは美味いな!」モグモグ
金剛「エヘヘ…はい、アーン…」
提督「2度目は無い」デコピーーン
金剛「ぎゃんっ」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 02:57:49.59 ID:+E11YXXm0

─執務室

提督「あーさむさむ…はー」
金剛「…も、もーすぐ…クリスマスデース」
提督「あー…そうだな。まぁ…いつもと変わらないけどな」
提督「仕事して、寝て終わりだ」
金剛「あ…あのデスネ…」
提督「どうした?」
金剛「こ…今年ハ…その…テ、テートクと一緒に…」
提督「うん」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:02:50.81 ID:+E11YXXm0
金剛「す…過ご…」
提督「うん」
金剛「スゴロクしたいデス!」
提督「え、スゴロク…?まぁ…別にいいけど」
金剛「え、その…あぅ…アリガトウ、ゴザイマス……」
金剛(間違えたァァァァ!)
提督「何で落ち込んでるんだ?」
金剛「イエ、別に…」
提督「そうか。駆逐艦の子達と遊ぶ用にあったと思うんだよなー、探しておくよ」
金剛「…オネガイシマスゥゥ…」
提督(…何だ何だ)
金剛(まぁデモ…一緒に過ごせる事には変わりありマセン…結果オーライデース)

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:07:02.05 ID:+E11YXXm0

─提督自室
コロコロ
提督「あ、一マス足りねー!」
金剛「ワタシの番デース!」
コロコロ
提督「あ!」
金剛「イエース!ワタシの勝ちデース!」
提督「あちゃぁ~、負けちまったか~。あと一マスだったのに…」
金剛「エヘヘー、思ったより楽しかったデスネ」
提督「そうだな、久々にやってみると面白いもんだ」
提督「…ってもう結構良い時間だな、金剛そろそろ戻れよ」
金剛「エー!テートクはワタシと一緒に居たくないんデスカー!?」
提督「仕事終わってからずっと同じ部屋に居るじゃん、飯も食ったし遊んだし、十分だろ」
金剛「そ、そんな…ずっとだナンテ…」テレテレ
提督「照れる所ないけど」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:17:55.94 ID:+E11YXXm0
金剛「残念デスガ!今日の所は退いてあげマース!」
提督「宜しい」
金剛「それじゃテートク!オヤスミデース!」
提督「あ、待て金剛」
金剛「?」
提督「えーとだな…」
提督「…今日はありがとう」
金剛「えっ」
提督「お礼と言っちゃ何だが…」ゴソゴソ
提督「これ」スッ
金剛「…コレハ……」
提督「俗に言うクリスマスプレゼントってやつだな、気に入ってくれると良いんだが」
金剛「テートク…」
金剛「アリガトウ、ゴザイマスゥ」ニヘー
提督「…!ま、まぁ好みとか知らないから適当になっちまったけど…」
金剛「ワタシは、テートクから貰えれば何でも嬉しいデース!」
提督「そうか…そりゃ助かる」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:24:17.72 ID:+E11YXXm0
提督「…ところで、俺にはないの?プレゼント」
金剛「えっ!?」
提督「無いのか…」
金剛「や!あ、あるにはあるんデスガ…!」
提督「ほんとに?」
金剛「で、でもその…チョット失敗したとイウカ…その…」
提督「どれ?見せて見せて」
金剛「あ…ハイ……コレ…」スッ
提督「おっ、マフラーじゃん。……長ッ!」
金剛「む、夢中になり過ぎてデスネ…!その…使いにくいデスヨネ…」
提督「まぁ一人で使うには余り過ぎるなこれは…」
金剛「デスヨネ…やっぱり…」シュン
提督「でも」スッ
金剛「え…」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:29:31.52 ID:+E11YXXm0
提督「こういう風に2人で使うってんなら、丁度良いかもな」
金剛「テ、テートク…」ドキドキ
提督「ありがとうな、金剛」
提督「大事に使わせてもらうよ、これ」
金剛「…ハイ」
金剛「…ネー……テートク?」
提督「ん?」
金剛「大好きデス」ニコ
提督「…全く……飽きないなお前も」
提督「早く寝ろよ」デコピン
金剛「…ハイ」オデコサスサス
バタン
提督「……まぁ…人の事言えねー…か、俺も」
提督「…!……くっ!」ギュッ

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:33:32.19 ID:+E11YXXm0

─神社への道中

提督「ひ、ひぃぃぃさぶい…」
金剛「まだ冬デスからネー」
提督「は、初詣行くのやめようぜ…さみぃ…」
金剛「ダメデース!ちゃんと行ってこの一年の幸せを祈願するデース!」
提督「俺そういうの信じてない性質なんだよなぁ…」
提督「て…ていうか金剛寒くないの、着物じゃん」
金剛「寒いデスヨ!ワタシも耐えてるんデス!だからテートクも耐えるんデース!」
提督「横暴だぁぁ~…」
金剛「それより!ワタシに対して何か言う事無いんデスカ!?」
提督「は…?」
金剛「いつもと違う服を着ているんデスヨ!」
提督「あ、あ~……良い着物だな!」
金剛「ソコじゃなくて!」
提督「え…違うの…」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:37:13.16 ID:+E11YXXm0
金剛「ワザトやってるんデスカ?テートクは」
提督「そりゃそうだ」
金剛「性質が悪いデース!」
提督「ははは…まぁ冗談はさて置き、似合ってるよ金剛」
金剛「…!エヘヘ…急に言われると恥ずかしいデース…」ニヘー
金剛「これ、鳳翔に着付けて貰ったんデスヨ」クルクル
提督「ほー、そうなんだ」
提督「まぁ冗談──」
金剛「え…」ガーン
提督「…冗談だ」
金剛「性質悪いデース!」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:38:23.08 ID:+E11YXXm0


─境内
ガランガラン パンパン
提督「……よし」
金剛「……イエース」
提督「さてと…どうする?このまま帰るか?それともどっか寄るか?」
金剛「おみくじ引きマショー!」
提督「おお良いな、引こう引こう」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:45:33.39 ID:+E11YXXm0


─おみくじ処

提督「さてさて……何が出るかなぁ…」
金剛「イエース!見て下サイ!大吉デース!」
提督「おおまじか!俺は…」
金剛「どうデース?」
提督「…凶だ、ついてねぇなぁ」
金剛「普段ワタシに冷たいからデース!罰が当たりましたネ!」
提督「そんな事ないのに!」
提督「まぁ……とりあえず結んでおくか」
金剛「イエース!」

金剛「…ここを…こうして…出来マシタ!」
提督「お、ちゃんと結び方知ってるんだな」
金剛「鳳翔に教えて貰いマシタ!」
提督「なるほどなー、流石鳳翔さん…あっ」ビリッ
金剛「あ…」
提督「あちゃぁ…破れちまったか、こりゃ縁起が悪そうだ」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 03:48:35.60 ID:+E11YXXm0
金剛「大丈夫デース!」ギュ
提督「なっ!何故急に手を握る…」
金剛「ワタシの運勢をテートクに分けてあげマース!」ギュゥ
提督「金剛…」
金剛「…テートク…」
提督「そろそろマジで痛いから離してくれ…!」
金剛「エッ!ゴ、ゴメンナサイ!」
提督「く、砕けるかと思った…!ありがとうな金剛…気持ちだけ貰っておくよ」
金剛「でもでも…これではテートクに運勢を分けてあげられて無いデース!」
提督「いや十分だって、もう十分!」
金剛「あ…」
提督「な、何だ…?」
金剛「テートクゥ…」チュー
提督「え…何してんの金剛」
金剛「コッチの方が分けてあげられると思いマシテ…さぁ」チュー
提督「そう」デコピーーン
金剛「ぎゃんっ」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 13:37:20.77 ID:4Fzq/Zc0o


大吉は結ばないもんだと思ってた

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 15:42:06.64 ID:v/ovjyFhO

そうだね 大吉は結ばないね

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 16:04:49.51 ID:a1d23qBFo

大吉は結ばれない?

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:21:52.31 ID:vwqStWOG0

大吉は持って帰ります。

少し溜まったので投下します。

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:24:50.68 ID:vwqStWOG0

─神社の帰路
提督「そういやさ」
金剛「ハイ?」
提督「何で大吉を結んだんだ?普通は持って帰る物だと思うんだけど…」
金剛「ア~……大吉って…全部が全部良い事が書いてある訳じゃないみたいデスネ」
提督「ん…まぁそうであってほしくない事も書かれてるかもなぁ……何か書いてあったのか?」
金剛「これはヤダ…ってものが一つだけありマシテ…だから結びマシタ」
提督「ふーん…そういうもんか」
金剛「そういうものデス」
金剛(……そうであってほしくはナイ事…)
金剛(例え他全てが良い事だとしても…ワタシは…)
金剛(【待人:来ず】……イヤデス…)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:26:48.86 ID:vwqStWOG0


─執務室
バーン!!
金剛「ヘーイ!テートクゥ!」
金剛「…あれ……?テートク?」
金剛「居ない…デースか」
吹雪「…あれ?金剛さんどうかしましたか?」
金剛「ブッキー…テートクは何処に行ったか知りマセンかー?」
吹雪「あー司令官ですか、確か結構前に病院に行ったと…」
金剛「What!?何か病気なんデスか!?」
吹雪「や…!ただの風邪って聞きましたけど…!」
金剛「オー…風邪デスか…」
吹雪「最近は新しい海域解放の為に頑張ってましたし、大丈夫かなぁ…」
金剛「心配デース…」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:31:18.28 ID:vwqStWOG0
提督「…ん、何してんだお前達?」
金剛「テ、テートク!?大丈夫なんデスか!」
提督「おいおい大袈裟だな…大丈夫だよ」
吹雪「それなら良かったです~。では私はこれで」ペコ
提督「ああ、心配掛けたな。すまんすまん」
提督「で、何か用があったんじゃないのか?金剛」
金剛「イエース!今日は何の日か知ってマスかー!」
提督「チョコが貰える日だな」
金剛「イエス!ハイ!どうゾ!」
提督「お~…なんとも…凄く…お、大きいね…」
金剛「エヘヘ~…ワタシの愛情を表現してみマシタ」テレテレ
提督「あ~…こりゃ重くて持てないなぁ」
金剛「ソンナ!チョコなんデスからそんなに重くないデース!」
提督「そうか、金剛の愛情は軽いなぁ~」
金剛「モー!」ボカボカ
提督「いだっ!いだだっ!嘘です!有難く頂戴します!」
金剛「イエス!それでイイんデース!」
金剛「ンー!ホワイトデーが楽しみデスネー!」
提督「まぁ…返せたら良いんだがな」
金剛「エー!ちゃんと下サイヨー!」
提督「ああ…そうだな」
提督「というかチョコめっちゃ貰ったんだよ~、これ皆に返すのキツイ」
金剛「ワタシにはテートクの愛があればイイデスヨ」
提督「ほう、例えば?」
金剛「テートク自身とか」
提督「ふんっ」デコピン!
金剛「ぎゃんっ」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:36:29.35 ID:vwqStWOG0

─病院
医者「正直申し上げますと…よくここまで生きてこられましたね…」
提督「ははは…」
医者「…そして…非常に誠に申し上げにくいんですが…今の医学では…」
提督「まぁ…何となくそうなんじゃないかなって思ってました」
提督「自分の事は自分が良くわかって…わかってるつもりですから」
提督「だから…」
医者「申し訳ない…ただ一つ…余計なお世話ですが…」
提督「…何ですか?」
医者「もう貴方はいつ倒れてもおかしくありません」
医者「悔いは残さないで下さい、今出来る事で…やり残した事があるなら────
提督「ああ、大丈夫ですよ」
「…そんなの、無いですから」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:38:13.21 ID:vwqStWOG0

─執務室
提督「いやぁ~…疲れたなぁ…まじで」
金剛「オツカレサマデース」
提督「はぁ~…ホワイトデーってこんなに疲れるイベントじゃないでしょ~…」
金剛「律儀に返すテートクも流石デスネ」
提督「……まぁな」
金剛「テートク、その…えっと……」モジモジ
提督「ん……何モジモジしてんの」
金剛「ワ、ワタシまだ貰ってないデース……ナンチャッテ…」
提督「ああ、忘れてた」
金剛「な…!忘れてたって…!酷過ぎマース!」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:41:11.61 ID:vwqStWOG0
提督「嘘だよ、金剛のはちゃんとココにあるよ」
金剛「!」
金剛「テートクは焦らすのがホントに好きデスネ~…」
提督「好きな子はいじめたくなるだろ?」
金剛「えっ!?」
提督「冗談だ」
金剛「ソレハ冗談じゃなくて良いデスヨ!!」
提督「ほら、お返しだ」スッ
カランカラン コロコロ…
金剛「ン…?何か机から落ちましたヨ?」
提督「あ…やべ」ボソッ
金剛「何デスか?これ?指輪みたいデスけど…」ヒョイッ
提督「さ、さぁ~?何だろうなぁ…俺も良く知らないなぁ…」アセアセ
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:44:06.28 ID:vwqStWOG0
金剛「キレイデース…これもお返しデスか?」
提督「い、いや…!それは違う…!」
金剛「でも、よくワカラナイ物なんデスヨネ?」
提督「んェッホン!…ん~!とりあえずソレは返して…?」
金剛「むぅ…」
提督「こ、このクッキーで我慢してくれ!」
金剛「む~…仕方ないデスネ」
提督「うんうん!物分かりが良い子は好きだぞ~!」ナデナデ
金剛「…!えへへ…」ニヘー
提督(……こんな事でも、喜んでくれるんだよなぁ…)
提督「…なぁ……金剛はさ」ナデナデ
金剛「~♪…ハイ?」
提督「…ああいや…何でもない…」
金剛「エー!気になりマース!」
提督「何でもないの」デコピーン
金剛「ぎゃんっ」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:52:12.95 ID:vwqStWOG0

─執務室
提督「……春…か」
金剛「出会いと別れの季節デスネー!」
金剛「と言ってもテートクの指揮で轟沈もナシ!出会いしかありませんネ!」
提督「だな~」
提督(出会いと…別れ…か)
金剛「ン?……テートク?元気ナイデスカー?」
提督「考え事」
金剛「何か悩み事があるならワタシがイツデモ!」
提督「新しい海域について」
金剛「……ワタシには無理そうデスネ」
提督「だろう」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:55:16.69 ID:vwqStWOG0
金剛「それはさて置き、今年こそ」
提督「今年こそ?」
金剛「テートクとケッコンシマース!覚悟して下サイネー!」
提督「はっはっは   無理だな」
金剛「急にマジトーンにならナイデ!見てて下サイ!鈍感テートクでもワタシの魅力に気付かせてあげマース!そして後悔させマース!」
提督「後悔ねぇ……そりゃぁ楽しみだ」
金剛「イエス!」
提督「金剛……仮にさ」
金剛「ハイ?」
提督「仮の話な、もし俺がここから居なくなったら…どうする?」
金剛「どうして…そんな事を聞くんデスか?」
提督「興味本位だ」
金剛「ン~…そうデスネ…」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:02:21.97 ID:vwqStWOG0
金剛「もしソレがどうしようも無い事なら…ワタシは……テートクの意思を尊重シマス」
提督「そうか…」
提督「それは俺が居なくなっても平気って事かなぁ~?」
金剛「な!もしもの話デスヨネ!?テートクと離れるのは絶対にイヤデース!」
金剛「皆さんもきっと同じ気持ちネ!」
提督「へいへい、俺は艦娘に愛されて幸せ者だなぁ~」
金剛「モー…すぐ茶化す…」
金剛「でもデスネ……ワタシはテートクの事本当に…」
金剛「いえ…誰よりもテートクの事が」
ああ…
金剛「大好きデスヨ」ニコ
やめてくれ…
提督「……何度でも同じ事を言うな、金剛は」
金剛「何度だって言いマス!」

そうやって何度も…

提督「…冷たくあしらってるのにねぇ~」
金剛「テートクからは温かさを感じマース!」

お前に想い伝えられると…

金剛「愛情を感じマース!」

俺は…

提督「そんなの…無いよ」
金剛「…アリマスヨ?」

前に進めなくなる…

提督「……からかうな」デコピン
金剛「ぎゃんっ」
金剛(アレ…いつもより弱い…?)

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:04:29.31 ID:vwqStWOG0

─執務室
提督「うおぉ…結構掛かっちまったなぁ…」
提督「金剛先に帰らせないでもう少し手伝って貰えばよかった…」
提督「もう遅いし…俺も部屋戻って寝よ…」
ドクン
提督「…!」
ズキズキ
提督「ぐ…!ぐあっ…!」バタンッ
ズキズキ
提督「く、くっそ…!!がぁ…!」
スー
提督「ハァ…!ハァ…!…クソ…」
提督「今のは……結構…ヤバかったな…ハァ…ハァ…」
提督「ハァ~…こりゃ……本格的に…行動に移さないとな……」
提督「金剛……」
提督「………ごめんな」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:06:54.43 ID:vwqStWOG0


─海岸・夜
球磨「大車輪だクマ~!」ブンブン
天龍「オオオイ!花火振り回しながら走ってくんな!!」
提督「食らえ!マキビシ!」シュッ

シュルルルル パン!パパパパン!

天龍「ギャー!ただのネズミ花火だろが!!あぢっ!」
球磨「こっちにも被害が出たクマー!」
提督「まだまだ甘いな、天龍・球磨よ」
天龍「テ、テメェ…!」
球磨「もう怒ったクマ!」
天龍「こっちも仕返しだ!食らえ!」シュゥゥゥ
球磨「爆ぜるクマ!」シュゥゥゥ
提督「うわっ!ロケット花火かよ!あぶねっ!」
天龍「避けんじゃねぇ!」
提督「いや!それは無理!無理!」
球磨「逃げるかクマァ~!」
天龍「待てコラァァァ!」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:08:46.36 ID:vwqStWOG0

吹雪「…あっちは元気ですね~」
金剛「元気なテートクを見てると癒されマース…」ニヘヘ
吹雪「あはは…金剛さんて本当に司令官の事が好きなんですね」
金剛「イエース!気持ちなら誰にも負けないネー!」
吹雪「…でも、何で司令官は受け入れてくれないんですかね?」
吹雪「満更でもなさそうなのに…」
金剛「………ねぇブッキー…ワタシって…魅力がないデースか?」
吹雪「えぇ!?そんな事ないですよ!」
金剛「ホントに…?」
吹雪「本当です!私が男だったら絶対金剛さんお嫁さんにしますもん!」
金剛「そ、ソッカ…」
吹雪「自信持ってください!絶対司令官も振り向いてくれますから!」
金剛「……デスヨネ…!そうデスヨネ!」
吹雪「そうです!」
金剛「何だか今年こそイケル気がしてキマシタ!」
金剛「アリガトウネ!ブッキー!」
吹雪「いえいえ!」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:10:52.67 ID:vwqStWOG0

提督「はっ…はっ…」タッタッタ
吹雪「あ、おかえりなさい司令官」
金剛「オツカレサマデスヨー!」
提督「あいつら…本気で追い回しやがってぇ…」
吹雪「あはは、司令官だって同じ事してたじゃないですか」
提督「ぐぅ…その通りです…」
金剛「ヘイ!テートク!こっちで一緒に花火やりまショー!」
提督「あぁ…良いぞ」
吹雪「じゃあ私は球磨さん達と遊んで来ますね!後はお二人でごゆっくり!」
提督「お…?おう…」
金剛「アリガトウネー!ブッキー!」
提督「ん…?何故お礼?」
金剛「ブッキーは相談に乗ってくれたんデース」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:12:41.23 ID:vwqStWOG0
提督「お前が悩み事か?珍しい」
金剛「ワタシだって悩み事くらいありマスヨー!」
提督「ふ~ん…そっか」
提督「お、線香花火余ってんじゃん。これやろう」
金剛「風情がありマスネ!」
提督「意味わかってる?」
金剛「……」
提督「まぁ合ってるからいいか」
金剛「モー!なら突っ込まないで下サーイ!」
提督「悪い悪い…どれ…」
カチャッ
提督「おーついたついた」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:14:34.21 ID:vwqStWOG0
金剛「火の玉が大きくなってきましたネ」
提督「この状態は蕾って言うんだよ」
金剛「ホーゥ…」
提督「んで…」
パチッ パチッ
提督「火花が少しずつ出て来たな、これを牡丹と言う」
金剛「オー…」
パチパチパチパチッ
金剛「強くなりましたネ!」
提督「この激しいのは松葉」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:19:56.88 ID:vwqStWOG0
パチッ…パチッ…
金剛「あ、弱くなってしまいマシタ…」
提督「これが散り菊」
提督「以上。線香花火の解説でした」
金剛「凄いデース!」
提督「無駄に覚えた知識がここで役に立つとは…」
提督「知ってるか?金剛」
金剛「ハイ?」
提督「線香花火って、火をつけた時に命が宿るんだ。そして消えたら…死ぬ」
提督「………線香花火の一生って…短いよな」
金剛「ソウデスネ……ちょっと悲しいデス…」
提督「コイツはさ、表情をコロコロ変えて、そして儚く消えて…それこそ人の人生のような…そんな気がするんだよね」
金剛「…デスカ……」
提督「まぁ……俺も線香花火みたいなもんか…」
金剛「…?どういう意味デスか?」
提督「さぁ…どういう意味だろうね」
提督「…あ」

提督「落ちた…」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:54:10.41 ID:loQtdyfh0

救いは…救いはないのですか…。

57 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 00:59:19.63 ID:FjXVabkF0


─グラウンド
天龍「うぃ~~っし、笹竹はこんなもんでいいか?」
提督「お~良いじゃん」
球磨「見てないで手伝うクマ…」
提督「ほら、俺非力でさ」
天龍「男のクセによォ~…ったく…」
球磨「去年もおんなじ事言ってたクマ…」
提督「面目ない!」
提督「だが飾りつけは任せてくれ!」
球磨「それまでやらせてたらブチ切れるクマ」
提督「ひぃ、怖い怖い」
58 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:01:16.26 ID:FjXVabkF0

提督「んじゃ、天龍達が休憩してる間にパパッと終わらすぞ~」
金剛「イエース!」
吹雪「はい!」
提督「駆逐艦の子らに作って貰ったコレを飾ります!」ジャーン
提督「とりあえず確認な」
吹雪「は~い」
金剛「ワタシはまだ、良く覚えられてないデース…」
提督「まぁそうだろう、どれ…」
提督「紙衣に投網~…」
提督「巾着と屑籠~…」
提督「吹き流しとちょうちん…」
提督「千羽鶴と織姫と彦星…」
提督(……これは…今更だな)
金剛「…?ドウかしましたか?」
提督「いんや、何でもない」
提督「確認完了!それじゃ飾ろうか!」
金剛「イェース!」
59 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:03:02.96 ID:FjXVabkF0

提督「よーし、良い出来じゃないか」
吹雪「やったー!」
金剛「後は短冊に願い事書いて飾るデース!」
提督「だな。吹雪、皆を呼んできてくれるか?」
吹雪「わかりました~!」
天龍「…お、出来てんじゃん!やるじゃねーか!」
球磨「ご苦労だクマ!さてさて、今年は何をお願いしようかクマ~」
提督「色々大きくなるようお願いしておけ、色々とな」
球磨「これは喧嘩売ってると捉えて宜しいかクマ?」
提督「まっさかぁ…」
60 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:04:15.48 ID:FjXVabkF0

天龍「ある意味セクハラだよな」
提督「天龍は色々とデカイもんな」ジロ
天龍「だからその目つきやめろ!殴るぞ!」バキッ
提督「っでぇ!殴ってから言うなよ!」
提督「大体なぁ~…」
提督「俺は球磨の為を思ってだなぁ~…」
球磨「あ、キレたクマ。覚悟しろクマ」
提督「え、何で!?お、おい馬鹿…やm──」
61 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:06:15.32 ID:FjXVabkF0

提督「あ~いたたた…少しは手加減してくれよ…」トボトボ
金剛「ウーン…」
提督「お…金剛じゃん、どうした?」
金剛「ワァッ!急に後ろから声かけちゃノー!デース!」ビクッ
提督「そんな驚く事ないだろう…短冊はもう飾ったのか?」
金剛「まだデース、何にしようか迷ってしまってイテ…」
提督「去年とは違うんだ?」
金剛「それはヒミツデース!」
提督「あ、そう…」
金剛「興味無さそうデスネ!?もう……テートクは何をお願いするんデス?」
62 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:08:20.85 ID:FjXVabkF0
提督「ん、ひみつ」
金剛「むー」
提督「そう睨むなって……あ、そうだ金剛」
金剛「ハイ?」
提督「それ書き終わったらさ執務室…来てくれないか?」
金剛「…?ハイ、イイデスけど…」
提督「んじゃそゆことで、待ってるよ」
金剛「……」
金剛(も、ももも、もしかしてこれは…!!)
金剛(あのテートクが…!初めてお誘いしてくれマシタ!!)
金剛(こ、これは…期待してイイデスカー!?)
金剛(お、落ち着くデース!ワタシ!)
金剛(期待のしすぎは良くありマセン!!)
金剛(テートクの事デス!きっとまた冗談めいた話デース!)
金剛(ヤァ…!ドキドキが止まりマセン…!!)
提督(今日で…終わらせるんだ…)

63 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:14:16.19 ID:FjXVabkF0


─執務室
コンコン
提督「どうぞ」
金剛「し、失礼シマス!!」
提督「お、おう…どうした…?」
金剛「い、いえ!ナンデモ!?」
提督「そ、そうか…」
提督「それで大事な話なんだが…」
金剛「ハイ!!」
提督「その……」
金剛「……」ドキドキ
提督「……」
64 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:16:52.87 ID:FjXVabkF0
提督(何してんだよ…言えよ…)
提督(ここで金剛を突き放さなきゃ……駄目なのに……)
提督(どうして…言えない…)
金剛「…?テ、テートク?」
提督「…!!あ、ああ何だ」
金剛「思いつめたような顔をしてましたケド…大丈夫デスか?」
提督「え、そんな顔してたかな…」
金剛「ええ…」
提督「と、ところで金剛はさ、今年は何て短冊にお願いしたんだ?」
金剛「え、アー…えっと」
提督「去年と同じで【今が続きマスように…】とか?」
金剛「こ、今年は違いマース!」
金剛「その…チョット…恥ずかしいデスケド…」テレテレ
提督「うん?」
65 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:20:46.23 ID:FjXVabkF0
金剛「えと…テートクと…ずっと一緒に居たい…と」モジモジ
提督「!!!」
やめろ…
金剛「ワタシは…テートクと一緒に居られるだけで…シアワセデス…」
やめてくれ…
金剛「また…同じ事って言われるかもしれませんケド…何度だって言いマス」
本当に前に進めなくなる…
金剛「ワタシ…テートクが大好きデス」
言うんだ…
金剛「これからもずっと…ずっと一緒に…」
金剛の為に…
金剛「テートクの傍に…居させて───
突き放せ─。
66 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:24:11.26 ID:FjXVabkF0
提督「あのさ…金剛」
金剛「…ハ、ハイ?」
提督「…お前の好きだのとかさ」
提督「もう…飽きたんだよ」
金剛「え…」
提督「毎度毎度同じような事言ってさ…」
金剛「て…テートク…?」
提督「俺の気持ちとか…考えた事あんの?」
金剛「ドウシタンデスカ……?」
提督「どうもしてないよ」
67 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:27:50.38 ID:FjXVabkF0
提督「正直さ、金剛…目障りなんだよね」

嘘をつけ

金剛「…!!!」

提督「くだらない事で喜んで…」

小さいな事でも喜んでくれた

金剛「そ…そんな…」

提督「優しくすりゃ調子に乗って…」

嫌われたくなかった

金剛「…ウソ…デスヨネ……?」ポロポロ

提督「俺を…苦しめて…」ツー

俺は金剛に救われてた

金剛「いつもみたいに…ウソだと…冗談だと…言って…」ポロポロ
68 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 01:31:28.69 ID:FjXVabkF0
提督「もう……うんざりなんだよ…」ツー

俺は知ってる

提督「い、イヤデス…イヤデス…」ポロポロ

金剛「……テートクは…ワタシがキライ……デスカ…?」ポロポロ
この感情を
提督「何言ってんだよ……わかるだろうが…!」ツー
今まで言えなかったけど
提督「俺はな!」ツー
素直になれなかったけど、俺は
提督「金剛の事が──!
金剛の事が

大好き
だよ!!」
大嫌い
──

74 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:31:54.32 ID:lH+SYKeo0

─執務室
提督「……ふぅ…」
提督「……ははは…」
提督「……言えないと思ってたんだけどなぁ…」
提督「……結局最後まで金剛に助けられちまったな…」
提督「………」
提督「……もう」
提督「……後戻りは出来ないぞ…」
提督「後は……俺の代わりが来て、俺は退役して…」
提督「…そして…」

75 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:34:10.61 ID:lH+SYKeo0

提督「……」
提督「…良いシナリオじゃないか…」
提督「…俺は最善を選んだ…はずだ…」
提督「…覚悟だって出来てた…」
提督「…そのはずなのに…」
提督「なのに…!」
提督「何でこんなに苦しいんだよ…!」
提督「わかってた事だろ…!」
提督「くそ…!」ガンッ
カランカラン コロコロ…
提督「あ……」
76 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:35:35.43 ID:lH+SYKeo0

提督「…」ヒョイ
提督「…ケッコン……」
提督「…俺には必要の無いものだったな…」
提督「はぁ……代わりが見つかるまで…持ってくれよ…俺の身体…」

77 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:46:44.16 ID:lH+SYKeo0

─堤防
吹雪「んぅ~・・・ん~!」ノビー
吹雪「早起きのランニングは気持ちが良いですね~」
吹雪「あれ、金剛さんだ」
金剛「……」
吹雪「あの~…金剛さん?」
金剛「……」チラッ
吹雪「うわっ!目真っ赤じゃないですか!どうしたんですか!?」
金剛「…ブッキー…」
吹雪「え、えぇと…!」ワタワタ
金剛「…う…うぅ…ブッキィ…!」ギュ
吹雪「ちょ、金剛さん!?一体何があったんですか!」アタフタ
金剛「わぁぁぁぁん…!」ボロボロ
吹雪「お、落ち着いて…!」
金剛「てぇぇぇとくにぃ…!てぇぇとくに…!嫌われマシタぁぁ…!」
吹雪「えぇ!?」
金剛「わぁぁぁん…!」
吹雪「一体何が……金剛さん…」

78 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:49:01.24 ID:lH+SYKeo0


─吹雪の部屋

吹雪「もう…落ち着きましたか?」
金剛「ハイ……ゴメンナサイデース」グスッ
吹雪「そうですか、良かった…」
吹雪「それで…その…さっきの話は本当なんですか…?」
金剛「ハイ…信じたくないデスケド…」
金剛「昨日の夜…目の前で…ハッキリと言われマシタ…」グスッ
吹雪「そうですか…司令官が…そんな…」
金剛「…でもネ」
吹雪「はい?」
金剛「テートク……泣いてマシタ…」
吹雪「え…」
金剛「とても辛そうに…苦しそうに…」
79 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:51:41.29 ID:lH+SYKeo0
金剛「…でも」
金剛「…あの時、頭がゴチャゴチャして考える余裕も無かったデスが……」
金剛「…同じなんデス」
吹雪「同じ…?」
金剛「テートクがワタシの事をあしらった時と同じ…」
金剛「優しさが…」
吹雪「優しさ…」
金剛「なんて…ワタシの勘違いかもしれまセン…」
吹雪「う~ん…」
吹雪「…もしかして…金剛さんを遠ざける理由があったとか…?」
金剛「理由…?」
吹雪「憶測ですけどね、でも…」
吹雪「あれだけ傍に居た金剛さんが、司令官から優しさを感じたというのなら…」
吹雪「それは本物のはずです。私には…理由がある気がしてならないです」
金剛「ブッキー…」
80 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:55:17.14 ID:lH+SYKeo0
金剛「でも…あくまでソレは憶測で…本当はずっと前から嫌われていたと思うと……」
吹雪「ワタシは…怖いデス…」
吹雪「…金剛さん…」
金剛(あ…)

『もし俺がここから居なくなったら…どうする?』

金剛(そっか…)

『もしソレがどうしようも無い事なら…ワタシは……テートクの意思を尊重シマス』

金剛(きっと昨日のアレは……)
金剛(どうしようも無い事なんだ…)
金剛(だとしたら……テートクは…)
吹雪「金剛さん?」
金剛「…そういう事…デスか…」
金剛「…ワカリマシタ…」
吹雪「え…?」
金剛「ワタシは……テートクの意思を…尊重シマス」
吹雪「は…?意思…ですか?」

81 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/20(金) 23:58:33.55 ID:lH+SYKeo0
金剛「ハイ…ワタシを遠ざけるのには理由があって…」
金剛「…昨日の事には…テートクの意思が…思いが……」
金剛「…だったら…ワタシはそれを受け入れマス…」
金剛「いや…受け入れなければならないデス…」
吹雪「意思って…金剛さん……」
金剛「もう…良いんデス。わかったから…」
金剛「あ~あ…色々と…楽しかったんデスケドネ…」
金剛「テートクとの事…思い返せば…楽しい思い出ばかりデスネ…」
金剛「一緒に笑って、悩んで、戦って、遊んで…」
金剛「本当に…本当に…楽しかったデース…」
吹雪「もしかして……金剛さんは…」
吹雪「司令官の事を…諦めるんですか…?」
金剛「……諦めマス…」
吹雪「!!」
82 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:07:05.51 ID:pCctcYRM0
金剛「これが…ワタシに出来る───
パシーンッ!
金剛「っ…!?…何を…!」
吹雪「…ふざけないでください…」
金剛「…何が…ふざけてるんデスか…?」
吹雪「司令官の意思とか…そういうのじゃなくて・・・金剛さんの意思は…?」
金剛「え…」
吹雪「金剛さんの意思は!本当にそう思ってるんですか!?」
金剛「だから…」
吹雪「嘘です!嘘です嘘です!!金剛さん…本当はそうは思ってない!!」
金剛「………ブッキーに何が……何がわかるって言うんデスか…」
金剛「ワタシは!テートクの為を思って諦めようとしているんデス!!」
吹雪「司令官の為…?どこがですか…!そんなの…!自分を隠してるだけじゃないですか!!」
金剛「…!何も知らないで…!ワタシの気持ちもわからないクセに!」
吹雪「確かに私は何も知らない!気持ちもわからないです!」
吹雪「でも、嘘をついてるのはわかります!!」
83 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:12:26.45 ID:pCctcYRM0
金剛「嘘なんて…!ついてないデス…!」
吹雪「じゃあ何で泣いてるんですか!」
金剛「えっ」
吹雪「ほら…」
金剛「あれ…何で……?」ツー
吹雪「諦めたくないんですよね…?」
金剛「ワタシは…!」
吹雪「だから…!」

吹雪「何で嘘をつくんですか!」

吹雪「何で諦めるんですか!」

吹雪「何でそんな辛そうな顔をするんですか!」

吹雪「本当に諦めているならそんな顔しないですよ!!」

吹雪「金剛さんは!司令官が好きなんでしょッ!?」

吹雪「その気持ちまで…嘘って言うんですかッ!?」

「ワタシの………キモチ…」

84 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:20:27.14 ID:pCctcYRM0
吹雪「貴女は!誰ですか!」
金剛「……」
吹雪「金剛型1番艦の金剛さんです!!」
吹雪「誰もが認める司令官の事が大好きな人です!!」
吹雪「私の知ってる金剛さんは…!皆が好きな金剛さんは…!」
吹雪「簡単に司令官の事を諦めるような人ではありません!!」

吹雪「誰よりも司令官と一緒に居る事も!」

吹雪「誰よりも司令官の傍に居る事も!」

吹雪「誰よりも司令官が大好きな事も!」

吹雪「皆知ってるんです!!金剛さんがどれだけ提督の事を好きで好きで仕方がないのか!!」

吹雪「そんな金剛さんが司令官を諦めるのは!絶対に許さない!!」

吹雪「私が許さないです!!」

「…ブッキー…」

85 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:35:49.60 ID:pCctcYRM0
吹雪「……ごめんなさい…」
吹雪「…もう一度聞きます…」
吹雪「…金剛さん……本当に良いんですか?」
金剛「……」
金剛「…ノー」
金剛「良い訳…ないじゃないデスか…」
金剛「ワタシは……テートクから…離れたくないデス」
金剛「…一緒に居たいデス!」
金剛「好きという気持ちに…嘘はつきたくないデス…!」
金剛「ワタシは…テートクが…大好きデス!」
86 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:36:51.59 ID:pCctcYRM0

吹雪「…はぁぁ……良かったです…諦めたんじゃなくて…」
吹雪「ほんとに良かった…」
金剛「フフ…思ったより強引デスネ…ブッキーって」
吹雪「あ、あははは…」
金剛「ワタシの中にあったモヤモヤが…無くなりマシタ!」
吹雪「それは良かったです!」
吹雪「でしたら、やるべき事は…」
金剛「ハイ…真実を聞きたいデス」
金剛「例え……どんな事であっても…」
吹雪「いつもの金剛さんですね」
吹雪「もう…大丈夫」
金剛「イェス!アリガトウネ…。またブッキーに助けられマシタ」
吹雪「またって…そんなんじゃないですよ。私は…引き戻しただけ…」
吹雪「道を踏み外そうとしてるから止めた、ただ…それだけの事です」
金剛「それだけの事で…ワタシは…」
吹雪「だって私達…仲間である前に友達じゃないですか」ニコ
金剛「そうデスネ……ワタシは本当に良いフレンドを持ちマシタ…」
吹雪「あはは、ありがとうございます。……頑張って下さいね、金剛さん」
金剛「…イェース!」

87 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:40:53.67 ID:pCctcYRM0

─執務室
提督「……」カキカキ
提督(一人で仕事するの…久しぶりだな)
提督(いつもなら、くだらない会話をして…金剛をいじって…)
提督(笑って…)
提督「……」パンッパンッ
提督「…いてて」
提督(だが…もうそれはない……)
提督「んー…引継ぎ資料作るのも楽じゃねぇなぁ……」カキカキ
提督「お…?」
提督「これは…もう代わりが見つかったのか、早いな」ピラ
提督(なっ!?……代わりは……来年!?まじかよ……!)
提督(大本営……俺の状態の事知ってるだろうに…)
提督(だが…もっと掛かると思っていたしな…これだけ早く見つけてくれたのは有難い)
提督「……もってくれよ……」
コンコン

88 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:45:10.20 ID:pCctcYRM0
提督「ん、どうぞ」

金剛「失礼シマス……」
提督「なっ……」
提督(なんでだよ…)
提督(来るなよ…)
提督「……何だ?くだらない用ならさっさと帰───
金剛「テートク」
提督「…!な、何だ…?」
金剛「…本当の事、教えて下サイ」
提督「は…?急に何言ってるんだよ…意味がわからない…」
金剛「テートク……」
提督「俺は忙しいんだ…訳のわからん事言ってないで、戻れ」
金剛「あのネ…どれだけワタシが…」
金剛「テートクと…一緒に居たと思うんデスか?」
金剛「ワタシには、わかりマスヨ」

89 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:47:49.28 ID:pCctcYRM0
提督「さっきから何の事だよ…」
金剛「…どうしてワタシを遠ざけたんデスか?」
提督「…!」ピクッ
提督「言っただろ…お前の事が…き…嫌いなんだよ…」
金剛「それ、嘘…デスヨネ?」
提督「…何の根拠があってそんな事言うんだよ…?」
金剛「言ったじゃないデスか、わかるって…」
提督「…馬鹿馬鹿しい……」
金剛「…話して」
提督「話す事なんて…」
金剛「話して」
提督「だから…!」
金剛「話して!!」グイッ
提督「なっ…!」

90 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:52:40.19 ID:pCctcYRM0
金剛「いい加減にして下サイ!!」
金剛「理由も話さないで突然突き放シテ!!」
金剛「納得出来る訳無いデース!!」
金剛「ワタシが!!」
金剛「何年貴方の事を見てたと思ってるんデスか!!」
金剛「貴方の嘘なんてお見通しデス!!」
金剛「秘書艦ナメんじゃないデース!!!」
提督「……はは…」
提督(馬鹿だなぁ…俺は……大馬鹿野郎だ…)
金剛「…?」
提督「………離してくれるか…?」
金剛「あ……ご、ゴメンナサイ」パッ
提督「いや、良いんだ。ありがとう…」
提督「……あーあ」
提督「……敵わないな…金剛には…」
金剛「…テートク?」

91 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:54:33.42 ID:pCctcYRM0
提督「金剛の言う通りだよ、俺はお前を突き放してた」
金剛「…!元に…!」
提督「別におかしくなった訳じゃない…悪かったな、一方的に…」
金剛「イエ……!」
提督「最初からこういう風にすれば良かった……」
提督「余裕が無かった…ってのは言い訳だな…ごめん…」
金剛「やっぱり理由が…?」
提督「ああ…あるよ」
提督「でも…教えられない…」
金剛「え…」
提督「ただ…これだけは知っていてくれ」
金剛「…なん…デスか?」
提督「もうすぐ……俺は、ここから居なくなる」

92 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 00:57:13.78 ID:pCctcYRM0
金剛「……」
提督「すぐじゃない、少なくとも今年中は居る」
金剛「そう…デスか…」
金剛(やっぱり…ずっと一緒には…)
提督「あんまり驚かないんだな」
金剛「何となく…そうなんじゃ無いかッテ…」
提督「…そうか」
提督「…金剛は凄いな……それなのに俺は…」
提督「…あんなに一緒に居て、全然金剛の事わかってなかった」
提督「自分の勝手な思い込みで…これが最善だって決め付けて…」
提督「それで結局金剛には見破られて…情けない…」
提督「…最低だな、俺」
「…」

94 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 01:03:21.96 ID:pCctcYRM0
金剛「…そうデス…テートクはサイテーデス。かっこ悪いデース」
提督「あ、あはは……」
金剛「でも…そんなサイテーサイアクなテートクの事を」
金剛「…まだ…好きなワタシは…」
金剛「変デスか…?」
提督「…変だよ…あんな酷い事言ったのに…」
金剛「あれは傷つきマシタ…辛かったデス…」
提督「あぁいや…ごめん」
金剛「…でも、あの言葉達は嘘で」
金剛「テートクと過ごした時間…」
金剛「思い出…」
金剛「想い…」
金剛「そしてこの気持ち…」
金剛「これは…テートクがワタシにくれた…」
金剛「ホンモノ達デス」
提督「本物……」
金剛「ネー…テートク…ワタシの我侭…聞いてもらえマスか?」
提督「なんだ?」

95 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/21(土) 01:09:53.05 ID:pCctcYRM0
金剛「…今年のクリスマス…ワタシと一緒に…過ごして下サイ…」
金剛「…最後のクリスマス…デスから…」
提督「最後……」
提督「ああ、もちろん良いぞ…」
金剛「ヨカッタ…」
提督「それにしたって随分と先のお願いだな、まだ数ヶ月くらいあるぞ」
金剛「…そこまでの時間を…テートクとの時間を…大切にしたいデス」
金剛「忘れられなくなるくらいに…」
提督「おいおい、大袈裟な……」
提督「ああ…大袈裟でもないか…」ボソッ
金剛「大袈裟…デスか。でもそうデスヨネ…」

金剛「だって、二度と会えなくなる訳じゃ無いデスもんネ!」
ああ…
提督「ああ……」
ごめんな…金剛…
提督「そうだな…」
どうやら俺は…
提督「最後まで…」
最後まで…
提督「最後まで……思い出を沢山作ろうな」
お前に正直になれない…
金剛「もちろんデース!」

98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 02:57:38.16 ID:QpzblqTso

悲しいなぁ…

108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 08:32:30.53 ID:Y5aJzDZz0

もう泣いた

110 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:30:55.62 ID:SjDvxpUM0

─執務室
コンコン
提督「どうぞー」
吹雪「失礼します!そして、トリックオアトリ~ト~!」
提督「お…?あーそうだったか、ちょっと待ってろ」
吹雪「あ、金剛さん!今は…ティータイムですか?」
金剛「イェース!テートクと一緒にネ!」
提督「……お前がどうしてもって言うからだろう」
提督「ほら吹雪、こんな物しか無かったけど」
吹雪「わぁ!ありがとうございますー!」
提督「それにしても…もうすっかりハロウィンか…」
金剛「ハロウィンパーティーでもシマスかー!」
吹雪「おー!良いですねー!」
提督「何故そうなる…」
金剛「え~…ダメデスか?」ウルウル
111 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:33:02.46 ID:SjDvxpUM0
提督「そんな目で見ても駄目だぞ、そんな事をする暇は──
吹雪「うぅ…」シュン
提督「ある…」
吹雪「えっ…!」パァッ
金剛「チョットォ!ワタシとブッキーの扱い違い過ぎ無いデスか!?」
提督「そんな事はない」
金剛「悪意しか感じられないデース!」
提督「ほらあれだ、思い出に…な」
金剛「…!」
金剛「…モー…そう言えば良いってワケじゃ無いデスからネ!」
提督「それじゃ吹雪、今夜楽しみにしててな?」
吹雪「はーい!」
金剛「チョットォ!聞いてるんデスか!」
提督「聞いてるよ」
金剛「尚更性質悪いデース!」
112 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:34:38.35 ID:SjDvxpUM0
吹雪「あははは、相変わらず仲が良いですね」
金剛「それはもうワタシとテートクの相性はバッチリデース…」ポッ
提督「おいおい、まだしてないだろう?」
金剛「…?何をデスか?」
提督「あ、いや……何でもないです」
吹雪「司令官…最低です…」
提督「ジョークだよジョーク…」
金剛「…?ブッキーは今の意味わかるんデス?」
吹雪「え、えぇ!?い、いややや!わからないですよ!?」カァァ
提督「吹雪は勉強熱心だね」ニコォ
吹雪「もう!!」プンスコ
113 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:35:35.70 ID:SjDvxpUM0
金剛「ブッキー顔が赤いヨ?大丈夫?」
吹雪「だ、大丈夫です!何でもないですから!私はこれで失礼しますねーー!」
金剛「アララ…」
金剛「どうしたんデスかね?ブッキー」
提督「知らないってのは時に罪となる」
金剛「ハイ…?」
提督「気にするな、それじゃパーティーの手配だ。時間が無いから急ぐぞ」
金剛「よくわからないケド、了解デース!」
114 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:36:58.24 ID:SjDvxpUM0

─食事処・間宮

ガヤガヤ
間宮「急にハロウィンパーティーするから料理作ってくれって言われてビックリしましたよ~」
提督「急な事ですいません…」
間宮「いえいえ、良いんですよ」
提督「それにしても、よくこれだけの料理作れましたね。流石です」
間宮「鳳翔さんにも手伝ってもらったので何とかなりましたよ。ただ簡単な物が多いですが」
提督「いえいえ十分です、有り難う御座います」
間宮「ふふふ…提督の最後のお願いくらいは聞いてあげないとね?」
提督「あはは…そう言って貰えると助かります」
間宮「ふふ…あら?そういえば金剛さんは?いつも提督の傍に居るのに」
提督「向こうで姉妹の相手をしてるんじゃないですかね、流石にこういう場で俺に付きっ切りって訳にもいかないですしね」
115 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:38:09.80 ID:SjDvxpUM0
間宮「成程…そうですか。寂しくありませんか?」
提督「え…いえ、そんな事は」
間宮「私で良かったらお傍に居ますよ?」
提督「ちょ、からかうのはやめてくださいよ…」
間宮「あらあら、からかってないのに」
提督「き、気持ちだけ…じゃあ俺は別の所行ってきますね」
間宮「はーい。行ってらっしゃい」フリフリ
116 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:39:43.20 ID:SjDvxpUM0


ガツガツガツガツ…
提督「よ~、おつかれ。凄い食いっぷりだな」
天龍「ングング……あ?…なんだ提督じゃねーか」モグモグ
提督「なんだとは何だ、皆の提督だぞ」
球磨「その皆の提督が居なくなるのに黙ってるのは、どういう了見クマ」モグモグ
提督「うぐっ…!…それは……すまん」
天龍「全くだぜ、その上会場の準備も手伝わされたしなぁ」
提督「それは、ありがとう。助かった」
天龍「ま、美味いもん食えてるから別に良いけどな」
提督「そうか。そういえばお前たちは仮装しないのか?皆してるぞ?」
天龍「オレはガラじゃねーし」
球磨「めんどくさいクマ」
提督「ブレないな…」
球磨「球磨は誰かのせいで疲れてるクマ~肩が~」
117 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:41:34.20 ID:SjDvxpUM0
提督「はは~っお揉みします」モミモミ
球磨「ん~♪気持ちいクマ~♪」
天龍「お、じゃあ次オレな」
提督「えっ…どこ…そこ揉んで良いの?」ジロ
天龍「ん?そこって……」
天龍「ば、馬鹿!どこ見てんだ!!」バッ
提督「そこだけど…」
天龍「マジマジと見るんじゃねぇ!話の流れでわかりやがれ!!殴るぞ!」ドガッ
提督「いだぁっ!だから殴ってから言うのやめろォ!」
球磨「今のは提督が悪いクマ~~。あ~極楽クマ~」
提督「…言ったなぁ、こいつぅ…」
提督「ふんっ」モミンッモミンッ
球磨「ギャー!痛いクマ!やめろクマー!」ジタバタ

118 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:43:43.55 ID:SjDvxpUM0
提督「おいおい、もう良いのか?遠慮するなよ~」モミンッモミンッ
球磨「痛いクマー!ごめんなさいクマ!ごめんなさいクマーー!」ジタバタ
提督「はい」パッ
球磨「…ハァ……ハァ…何で…球磨が謝ってるクマ…」ピクピク
提督「はて…何でだろうな」
球磨「さっさと退役しろクマ…」
提督「酷過ぎない!?」
天龍「でも…提督居なくなるんだよな…此処も少し寂しくなっちまうなぁ」
提督「天龍…お前…」
天龍「…はっ!…ちげーよ!深い意味もねーし!それに少しだけ!少しだけだからな!別に居なくなった所で大して変わんねーし!」
提督「素直じゃないなぁ、天龍ちゃん」
天龍「ちゃんはやめろ!それに隠してた提督よりかはマシだろ!」
提督「うぐぉっ!!」グサァッ
天龍「な、何だよ…大袈裟だな」
提督「い、いやぁ…心に来るなぁ…って」
球磨「今後もそうやってネチネチ苛めていくクマ」
提督「勘弁してくれ…」
提督「じゃ、俺そろそろ他の所行ってくるわ」
天龍「おう!」
球磨「ばいば~いクマ~」
119 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:45:41.43 ID:SjDvxpUM0


吹雪「あ、司令官!」タタタ
提督「お、吹雪じゃないか。楽しんでるか?」
吹雪「はい!とても!ありがとうございます!」
提督「そりゃ良かった、やった甲斐があるってもんだ」
吹雪「えへへ…でも去年はやらなかったのにどうして今年は?」
提督「だってふb…じゃなくて、ほら、だって今年で俺…」
吹雪「あ……そう、でしたね…」
吹雪「司令官が普段通り過ぎて、何だか実感が湧かないです…」
提督「そうかな?まぁあまり気負いはしないようにしてるけど」

120 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:47:42.89 ID:SjDvxpUM0
吹雪「思い出をたくさん作ってしまうと、別れが辛くなりませんか?」
提督「…辛いよ。でも、金剛のお願いだからな」
吹雪「金剛さんの?」
提督「そう。思い出を沢山作って、お別れしようって…ね」
吹雪「……そう…だったんですか…」
吹雪「司令官は…」
提督「ん?」
吹雪「司令官は…良いんですか…?その…金剛さんの事」
提督「……はは、吹雪は優しいな。…心配してくれて」ワシャワシャ
吹雪「なっ!……もう…子供扱いして…」
提督「悪い悪い…でも大丈夫だ。心配するような事は無いよ」パッ
吹雪「そうなんですか…?」
提督「ああ、任せてくれ」
吹雪「…なら…良いんですけど」
提督「うんうん……んじゃ、そろそろ俺は行くね」
吹雪「あ、はい!また!」
121 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:49:44.57 ID:SjDvxpUM0

─間宮・外
提督「……ふぅ」
提督(任せてくれ……か)
提督(良く言えたもんだなぁ……笑えてくる…)
提督(…俺がこれ以上金剛との関係を近づけたら……)
提督「…辛いな」
金剛「テートク?何してるんデスか?」ヒョコ
提督「おわぁっ!?」ビクッ
金剛「そんなに驚かなくテモ」
提督「び、ビックリした…金剛かよ…」
金剛「かよ、とは失礼デスネ!」
提督「言葉のアヤだ…さて置き…どうしてここに?」
金剛「テートクが外に出たのが見えたのデ」
提督「成程…良いのか?姉妹達放っておいて」
122 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:51:45.18 ID:SjDvxpUM0
金剛「それは大丈夫デース!イッパイお話したデース!」
金剛「それより…」
金剛「辛いな…ってテートク今言ってましたケド…?」
提督(声が出てたか…)
提督「それはだな──
金剛「退役の事デスか?」
提督「そ…そうだ」
提督(助かった…)
金剛「やっぱりそうデシタか…」
提督「段々と終わりが見えてきたしな、寂しくなるなぁ…って」
金剛「テートクが退役する理由は…まだ、教えてくれないんデスか?」
提督「…言っただろ?どうにもならない理由…って。それに話すような事じゃないからさ」
金剛「そうデスか…」
金剛「でも、いつかは聞かせて貰いマース!」
提督「ああ……いつかな」
金剛「あ、というか見て下サイヨ。どうデースこの衣装!」
提督「馬子にも…」
金剛「…」ジッ
提督「とても可愛いです」
123 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 18:59:25.86 ID:SjDvxpUM0
金剛「最初からそう言えば良いのに、素直じゃないデース」
提督「金剛見てると、からかいたくなっちゃうんだよね」
金剛「何かの病気デスか!?」
提督「それはもう、重症だよ」
金剛「早く治して下サイヨ!」
提督「これはもう治らない病だからね、仕方ないね」
金剛「モー!」
提督「ははは……はぁ…楽しいなぁ、本当に…」
怖い…
金剛「…?テートク?」
提督「こんなに楽しいのに…どうして、俺は……俺はまだ…!」
おい…
金剛「だ、大丈夫デスか…?」サスサス
提督「………なぁ、金剛…」チラッ
怖い…
金剛「テートク…?」クイッ
提督「トリックオアトリート」スッ
後悔するぞ…

124 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:01:41.39 ID:SjDvxpUM0
金剛「どうしたんデスk────んんっ!?
提督「……」
金剛「…ん……!」
金剛(テ、テテテテートク!?)
提督「…………!」サッ
金剛「……………」ポカーン
提督「……すまん…!」
金剛「…………」ワナワナ
提督「どうかしてた…!今のは忘れてくれ…!」
金剛(い、今……ワタシはテートクと…キスを…?)ボンッ
提督「お、俺戻るな…!」スタスタ
提督(やっちまった…!やっちまった…!)
ガシッ
提督「──!?」
金剛「…待って……下サイ…」
提督「は、はい…」

125 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:03:37.34 ID:SjDvxpUM0
金剛「今のは……思い出として…デスか…?」
提督「…!あ、ああ…!そういう事になる…かな?」
金剛「そう、デスか…」
提督「こ、金剛…?」
金剛「……」プルプル
提督「お、おい…大丈夫────」
金剛「ノーーー!!」ガバッ
提督「うおっ!?」
金剛「大丈夫のワケないデース!!」
提督「ムードも何もあったもんじゃ無いデース!!」
金剛「せっかくのキス…!」ボンッ
金剛「キス…だったのにーー!」プンスコ
提督「す、すまん…!」
金剛「あんなんじゃすぐ忘れてしまいマース!」
金剛「だからもう一度して下サイ!!」ビシッ
提督「え……えぇ!?」
金剛「イヤ…なんデスか!?」
提督「いや…いやいやいや…!嫌じゃないけど…!」

126 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:05:06.15 ID:SjDvxpUM0
金剛「だったらして下さいヨ!」
提督「あれぇ…!何か違う…!」
金剛「何がデスか!」クワッ
提督「いえ!何でもないです…!」
提督「……じゃ…じゃあ……するぞ!」
金剛「…!は、ハイッ!」
提督「……」ガシッ
金剛「…!」ビクッ
提督「………行くぞ」
オイバカ!オスナヨ! ホラホラ!シチャイマスヨ!! クマァァ!!
提督「………」チラッ
提督(……うっすらと戸が開いている…まさか…)
金剛「……ア、アレ…?テートク…?」

127 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:07:51.21 ID:SjDvxpUM0
提督「……」スタスタスタ
ガラッ バターン!
金剛「……!!?」
天龍「ぎゃっ!」
吹雪「わぁっ!」
球磨「クマッ!」
提督「……何してんの君達…」
天龍「い、いやぁ…これはその……なぁ?」
吹雪「あ…あははは…あは…」
球磨「(口笛)~♪♪」
提督「…見てたのか?」
天龍「え!?何の事だ!?オレ達は何も知らねーぞ!?」
球磨「そうクマ!球磨達は何も見てないクマ!偶々そこに居ただけクマ!」
吹雪「ご、ごめんなさい…!私達…見ちゃいました!」ワナワナ
天龍・球磨「「おぉぉい!!」」
提督「…そうか…見てしまったのか……そうかぁ…」
天龍「あ、あれ…?提督どうしたんだよ…?」
球磨「…何で顔隠してるクマ?」
吹雪「司令官……?」

128 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:14:14.47 ID:SjDvxpUM0
提督「…ちょ…あんま見ないで……はずいから…」シッシッ
3人「「「!?」」」
天龍「…オ、オレ、こういう提督…初めてみたぜ…」
球磨「悔しいけどちょっとキタクマ、何とは言わないけどクマ」
吹雪「……」ボケー
天龍「や、やべぇ…!あまりのギャップに吹雪がショートしてやがる…!」
球磨「たしかに大打撃だったクマ。しょうがないクマ」
天龍「そ、そういう訳だから!俺達は吹雪連れてくから!後はごゆっくり!!」ダダダ
提督「お…おう……」
球磨「…」
球磨「クマッ!」スパーン
提督「…いでっ!ケツを叩くな!」ピーン
球磨「しっかりしろクマ。いつまでも縮んで無いで、お姫様が待ってるクマ」スッ
提督「えぇ…?お姫様って……」チラッ
金剛「……」パクパク
球磨「そういう事クマ」
提督「あぁ…」
球磨「茶々入れて悪かったクマ。もう安心して出来るクマ」
提督「安心てなぁ…」
球磨「ほら、さっさと行くクマ、女の子を余り待たせるなクマ」
提督「はいはい……わかったよ」タタタ

球磨「……ばいばいクマ」


129 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:17:13.59 ID:SjDvxpUM0

提督「お、おーい金剛…?」
金剛「み、見られてマシタ……?」
提督「残念ながら…」
金剛「うわぁ~……スゴク…恥ずかしいデース…」カァァ
提督「だよなぁ…」
金剛「不覚デース」
提督「時間と場所が大事…だな。それじゃ……」
提督「戻るか」
金剛「えっ」
金剛「してくれないんデスか?」
提督「だってもう…そういう雰囲気…じゃないだろ…?」
金剛「エ~!じゃあ今度絶対して下さいヨー!?」
提督「はいはい、今度な」
金剛「ノー!そういう感じのダメデース!」ブーブー
提督「今度、な」デコピーン
金剛「ぎゃんっ」

130 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:36:31.80 ID:SjDvxpUM0

─金剛の部屋
金剛「んん……」ゴソゴソ
金剛「ンモー!」ガバッ
金剛「今日の事が気になって全然眠れないデース…」
金剛「……少し、夜風にでも当たりマスか…」

─通路
金剛「それにしても…夜の鎮守府って結構怖いデスネ…」
金剛「早く出ない……と?」
金剛(おや?テートクの部屋が明るいデース)
金剛(今なら……今日の続き、出来るかもしれないデスネ!)
金剛(そうと決まれば!)サササ
金剛(何してるんデショウネ~…)ソー…
ガタンッ!
金剛(え…)
提督「ぐぁっ…!!くそ…!!」ギュッ
提督「っつぁっ!ハァ…ハァ…!」
提督「ハァ…ハァ…」
金剛(何…?)
提督「持ってくれよ…、まだ俺には時間が必要なんだ…」
金剛(…時間…?持ってくれ…?)
金剛(テートクは一体何を…)
ギシ…
金剛(…!隠れなきゃ…!)サッ
131 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:37:58.78 ID:SjDvxpUM0
提督「…!誰か居るのか!?」バッ
提督「……」キョロキョロ
提督「…気のせいか…?」
金剛(……テートク…)
金剛(何を…隠してるんデスか…?)

─病院前
金剛「…ココが…テートクの通っていた病院デスか…」
金剛「昨日のあアレは、普通じゃ無かったデス…きっとここでなら何かわかるはずデス」
金剛「待っていてネ…テートク…」
132 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:44:24.28 ID:SjDvxpUM0

─病院
医者「──鎮守府で、そこの提督さんの秘書官…金剛さんですね?」
金剛「イェス」
医者「そうですか…彼の事はどこまで?」
金剛「ドコマデ…とは?」
医者「ん……何も聞かされてないのですか?」
金剛「え……もうすぐ退役するとかは、聞きましたケド…」
医者「退役……成程…」
金剛「…?どういう事…デスか?」
医者「…これは、お話しするべきか迷いますが…」
金剛「教えてください…!テートクが…何デスか!?」
医者「良いですが、貴女には……彼の意思を…意志を守る事が出来ますか?」
金剛「…!」
医者「これを教えるという事は、貴女は貫かなければなりません。彼の想いを」
金剛「……ワタシは、テートクの意志を貫き通しマス」
医者「そうですか…では、貴女を信じてお話します───」

133 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:52:02.13 ID:SjDvxpUM0

─帰路
金剛「………」
『良いですか?率直に言いますと、彼は』
金剛「………」
『時期に亡くなります』
金剛「………」
『心筋梗塞・心不全等・狭心症…等種類はありますが、どれに当て嵌まらず、どういった病気かさえ…』
金剛「………ワタシは」
『申し訳ない…今の医学では…解りかねます…』
金剛「………バカデスネ」
『きっと彼は……それを知って最善を選んだんだと思います』
金剛「………思い出何て」
『彼の意志を守ってあげてください。そして…』
金剛「………テートクを苦しめるダケなのに」
『これを知った貴女にしか、出来ない事があります』
金剛「………ワタシに出来るコト…」
金剛「………わかってマスヨ」
金剛「テートクの事は…」
金剛「ワタシが守りマス──」

134 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:57:05.61 ID:SjDvxpUM0

─堤防
提督「……」ボー
カツン カツン
提督「……ん?」チラッ
提督「なんだ、金剛じゃないか。どこ行ってたんだ?」
金剛「少し…」
提督(ん?聞かれたくないのかな?)
提督「そっか、元気ないな?どうした?」
どうして…
金剛「そうデスか…?疲れてしまっているのかも…」
提督「疲れてるって…もしかして昨日の事とか…?な、なんてな!あははは…」
どうして笑っていられるの?
金剛「…イヤ…違いますケド…」
提督「あ、違うのか…そうか」
辛くないの?
金剛「隣…良いデスか?」
提督「あ、ああ!別に良いけど…」
怖くないの?
金剛「アリガトウゴザイマス…」
提督「今日はいつにも増して元気ないな…大丈夫か?」
無理しないでよ…
金剛「テートク…」ギュッ
135 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:58:12.15 ID:SjDvxpUM0
提督「お、おわっ!どうしたんだよ金剛…」
優しくしないでよ…
金剛「…今は、こうさせてください…」
提督「…ここ堤防だおぞ…、誰かに見られちまう…」
遠くに…
金剛「…テートク…」
提督「…な、なんだ…?」
いかないでよ…
金剛「大好きデス」ニコ

136 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 19:59:25.17 ID:SjDvxpUM0
─12月
─執務室
提督(なんだかんだで12月…案外行けるもんだな)
提督(もしかしたらまだまだ生きれるんじゃないか?……な訳ないか…)
提督(もう…動悸も息切れも不整脈も間隔が短くなってきた…)
提督(もって来年の何処か…或いは…)
提督(だー!何考えてんだ!今年は乗り切る!乗り切らなきゃダメなんだ!)
金剛「ヘイ!テートクゥ!ティータイムにしまショー!」
提督「ん、ああそうだな。一旦休憩するかー」
提督(あの件から大分日も経ったが、金剛は元気だ…)
提督(元気なんだが…何だろうなぁ…)ズズズ
提督「ん…?何だ今日の紅茶…いつもと違うな?」
金剛「流石テートクデスネ!That’s right!今日は新しいのを淹れてみたんデース!」
提督「ほぉ~…美味しいな…何て紅茶なんだ?」
金剛「えっとデスネ~…これは『ルイボスティー』というある地域でしか取れない葉なんデース!」
137 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:02:18.21 ID:SjDvxpUM0
提督「ルイボス…何処かで聞いたことあるような気もするんだが…思い出せないな」
提督「まぁ美味しいから別に良いか…」
金剛「お茶受けとして…これもドウゾ!」
提督「これは…?ブルーベリーと、何だろうこれ」
金剛「クランベリーデース!」
提督「クランベリーか!聞いたことはあったが食べるのは初めてだな!」
金剛「たくさん!たくさん…食べてくださいネ」
提督「この紅茶とも結構イケるな……色々準備してくれてありがとうな、金剛」
金剛「イイエ……テートクが喜んでくれるならソレで!」
提督「そうか…なぁ金剛さ。俺がここに居れるの、あと少しの間だろ?だからそれまでに俺…」
金剛「無理しなくてイイデスヨ!それにテートク覚えてマスか?」
提督「ん?」
金剛「クリスマス」
提督「あ~クリスマス…。もちろん覚えてるぞ、忘れるわけがない」
金剛「ヨカッタデース!ワタシはそれだけ……それだけがあれば良いデース」
提督「ん…そうか?まぁ~…金剛がそう言うんなら俺は別に構わないんだが…」
金剛「良いデスヨ。あ、テートク空いてますヨ」
提督「ん?おぉ…ほんとだ。これ美味しいからグイグイ飲んじゃうよ」
金剛「沢山ありマスから…もっと、もっと…飲んでくださいネ」

138 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:05:14.65 ID:SjDvxpUM0
─金剛の部屋
「………」
「…無駄…だとわかってるんデスケドネ……」
「ドクターに治せない物がワタシに治せるワケ…無いのに…」
「…テートク…」
「思い出を作っちゃいけないのに…」
「まだクリスマスを楽しみにしてるワタシが……」
「・・…ワタシは…弱い…」
「ゴメンナサイ…」グスッ

139 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:06:56.46 ID:SjDvxpUM0
─12月23日
─射手場前
提督「うーむ…」
提督「やっぱり最近の金剛少し…変…だよな?…いや、絶対に変だ…うーむむ…」
提督「あれ…考え事してたら射手場に来ちゃったな…」
赤城「──あら、提督。悩み事ですか?」
提督「ん…?おぉ…赤城さん…ちょっと金剛の事で…何か変わった事ありませんでした?」
赤城「金剛さんですか…そうですねー…。あ…」
提督「お!何か知ってるんですか?教えてください!」
赤城「まぁまぁ落ち着いて…ね?せっかくなので上がってください」
提督「あ、はい」

─射手場
提督「あれ、誰も居ないんですね」
赤城「加賀さんは今日翔鶴さんとお出掛けしてますよ」
提督「なるほど…」
140 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:11:43.47 ID:SjDvxpUM0
赤城「あ、そこに座って下さい」
提督「では失礼して…」
赤城「それじゃ、本題に入りましょうか。あくまで私の予想なんですけど…良いですか?」
提督「大丈夫です、何でも良いので教えてください」
赤城「では…」
赤城「提督もお気付きかと思いますけど、金剛さん最近…正確には12月に入る直前くらいですかね」
赤城「急に元気になりましたよね、空元気というのでしょうか。でも私には何かを誤魔化しているように見えました」
提督「何か…とは…?」
赤城「自分の気持ち…ですかね。でも、それは提督が良く知っているんじゃ無いですか?」
提督「えっ…な、何を言ってるんですか赤城さん…」
赤城「まぁ良いです、もっとわかりやすく言います。そうですね…金剛さんが悩むのは提督か姉妹の事くらいだと、私は思います」
提督「悩み…?もしかして…姉妹同士で何か…」
赤城「提督?」
提督「……はい」
141 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:19:09.69 ID:SjDvxpUM0
赤城「薄々は解っているのでしょう?金剛さんが自分の事で悩んでいるって事」
提督「それは……俺は…どうしたら良いんでしょうか…」
赤城「知っているのに、目を逸らすのは駄目ですよ。目を背けないでください」
赤城「それに…提督がやろうとしている事は、正しい事なのか悪い事なのかは私にはわかりません。ですけどね」
赤城「あのままの金剛さんとお別れが出来ますか?…出来ませんよね」
提督「……」
赤城「提督に残された時間はもう僅かです」
赤城「黙って後悔するくらいなら、吐いて後悔しなさい」
トン
赤城「……提督はね…ちょっと無茶するくらいが格好良いんですよ」
提督「赤城さん……ありがとうございます。俺、行きます」ダッ
赤城「はい、行ってらっしゃい」
赤城「頑張れ、男の子──」

142 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:22:45.36 ID:SjDvxpUM0
─執務室
金剛「テートクは何してるネー…」カリカリ
金剛「もう就業の時間だって言うの───
ガチャ
金剛「あ、テートク!遅いデスヨー!」
提督「金剛…ちょっと良いか?」
金剛「テートク?どうかしましたか?」
提督「…何を隠してるんだ…?」
金剛「え……隠してないヨ?急にどうしたんデスか…?」
提督「…それ、嘘だよな…?」
提督「話してくれ、一体何があったんだ?何で急にそんな風になっちまったんだ?」
金剛「何って……」
提督「金剛…?」
金剛「テートクが、良く知ってるんじゃないデスか…?」トントン
提督(胸を…まさか…?)
提督「お前…もしかして…」
金剛「イェス」
提督「それで…まじか…」

143 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:26:17.22 ID:SjDvxpUM0
金剛「でもネ…テートクの気持ちも分かりマス。もしワタシだったら、きっと同じ事を言ったと思いマス」
提督「金剛…」
金剛「最初は許せませんでしたヨ?どうして言わないのかって…」
金剛「でも…テートクは考えて…一人で考えて…一番良い方法を見つけて…」
金剛「誰も傷つかない……仲良く別れる術……」
提督(くそ…まただ…何やってんだ俺は…また金剛にだけ…!)
金剛「…辛かった、デショ?」
提督「…え?」
金剛「思い出…沢山作って…」
金剛「…辛かったデスヨネ…」
金剛「知らなかったとはいえ…残酷な……」ポロポロ
提督「!! そんな事は無い!お前、言ったじゃないか!忘れたくないって!」
金剛「それ……もう…良いデスヨ…」ポロポロ
144 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:30:37.63 ID:SjDvxpUM0
提督「なっ…!」
金剛「…約束……忘れてください…」ポロポロ
提督「何…だと?」
金剛「楽しみ、だったんデスケドネ……」ポロポロ
金剛「これ以上、テートクを苦しめたくないデス──
提督「金剛ッ!!」
金剛「えっ…」
提督「勝手に決めつけるなッ!!」
提督「お前が罪悪感を背負ってるならッ!!」
提督「俺も背負うッ!!!」グイッ
金剛「なっ…何を…」
スッ
金剛「え…コレって…指輪…?」
提督「金剛!お前の事が好きだ!!ずっと俺の傍に居てくれ!!」
金剛「──!!」」
145 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:34:27.82 ID:SjDvxpUM0
提督「……やっと…言えた。俺の気持ち」
金剛「テ、テートクゥ…」ポロポロ
提督「…これで俺もお前も同罪……とことん最低だな、俺」ギュッ
金剛「本当に…本当にサイテーデス…、サイアクの告白デス…」ポロポロ
金剛「でもサイアクなのにネ…嬉しくて…涙が止まらないデス……」ポロポロ
提督「そうか…」ナデナデ
提督「お前一人に背負わせはしない……最期まで一緒だ」ナデナデ
提督「今作ってる思い出は…辛いけど、幸せなんだ…」
提督「変だけどな…俺、死ぬのは怖くないんだ。金剛に想いを伝えずに別れる方がずっと…怖かった…」
提督「でも、良かった…最後までに気持ちが伝えられて…」
金剛「……」グスッ
提督「好きだよ、金剛」
金剛「ワタシも…大好きデース…」
147 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:39:05.55 ID:SjDvxpUM0

ドクン ドクン ドクン…
提督「───!!」
提督(あ………時間切れ……)
提督(…まだまだ…これからだってのに……)
提督(もう少し…もう少しでいい…持ってくれよ…)

金剛…

提督「…なぁ…金剛…」

今までありがとう…

提督「…ハイ?」グスッ

こんな俺を好きでいてくれて…

148 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:40:48.06 ID:SjDvxpUM0

提督「…俺…お前の笑った顔が好きなんだ…」

何も返してやれなくてごめん…

提督「一回で良い…笑ってくれないか…」ウツロ目

貰ってばっかりでごめん…

金剛「──!テ、テートクゥ…!!」ポロポロ

生まれ変わったら…

金剛「グスッ…良いデスヨ… 最期 デスから…」ポロポロポロ

また会えるかな…?

金剛「テートク……大好きデスヨ」ニコ ポロポロ

その時は…

提督「…は……は……」

またよろしく…

「変な……顔…」デコピン
大好きだよ、金剛

149 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:43:08.90 ID:SjDvxpUM0

金剛「………」

貴方と出会えて良かった

金剛「後は……任せてください…テートク…」

沢山の思い出…貰ったね

金剛「貴方の想いは……ワタシが…」

沢山の気持ち…教えてくれたね…

金剛「だから…」ツー

忘れない…貴方から貰った物…

金剛「今だけは…」ポロ

忘れない…貴方から教えて貰った事…

金剛「泣いても良いデショ…?」ポロポロ
ねぇ、いつかまた会えるかな?
…会いたいな。

150 : ◆cbUISzKFTk 2015/11/26(木) 20:44:42.80 ID:SjDvxpUM0

─堤防
「ココに居たんデスネ…」

「…金剛か」

「……待ちくたびれたよ」ニコ

END

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする