【艦これ・霧島SS】提督「なぁ、金剛」榛名「はい……」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451302207/

1 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:30:07.03 ID:6OG/c6H6O

たてなおし

提督「今日は良い天気だな」
榛名「ええ。そうですね」
提督「後で比叡と榛名と霧島を呼んで、外で紅茶でも飲まないか。また、金剛のスコーンが食べたいなぁ」
榛名「駄目ですよ提督。今日は演習の日なんですから」
提督「おっと、そうだったな。すまない……」
榛名「全く、しっかりして下さいね」
提督「あはは…悪い悪い。でも、それだけ金剛の入れる紅茶が好きなんだよ」
榛名「もう、提督ったら。お上手ですね」
榛名「じゃあ、そろそろ休憩にしましょうか。お紅茶入れてきますね」
提督「お、待ってました! じゃあ、俺は茶菓子でも出すか」

2 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:31:53.73 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーーーー
提督「うーん、やっぱり金剛の淹れてくれた紅茶は最高だな」ズズッ
榛名「紅茶には自信がありますから。誰にも負けませんよ」
提督「流石、英国直伝だな…。しかし、こうなるとスコーンがほしくなるなぁ」
榛名「昨日、比叡と霧島と榛名も同じ事を言ってましたよ」
提督「やっぱりそうだよなぁ。それだけ金剛のスコーンは美味いんだよ〜」
榛名「じゃあ、後で焼いてきてあげますね。夜、差し入れに持ってきます」
提督「お、さっすが金剛! これで、午後も頑張れるぞ!」
榛名「ふふ、頑張って下さい。じゃあ、私も演習に行ってきますね」
提督「おう、頑張って来てくれ。俺も夜のために書類の山を片付けとくよ」
4 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:33:00.81 ID:6OG/c6H6O
榛名「………」ガチャッバタン
榛名「………」
霧島「あ………」
榛名「………」
霧島「金剛…お姉様。これから演習ですか」
榛名「ええ」
霧島「お姉様が旗艦で、今日は霧島も同じ艦隊です。一緒に行きましょう」
榛名「…ええ」
霧島「………」

5 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:35:53.50 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーーーー

霧島「……」
電「……」
雷「……」
榛名「今回は電と雷も今回は火力重視の装備だから積極的に攻めてね」
榛名「特に、潜水艦は私と霧島では手が出せないからお願いします」
雷「分かったわ…」
電「了解なのです…金剛さん」
榛名「そんなに心配しなくても大丈夫。いざという時は庇うから」スッ
電「は、はい」ビクッ
霧島「時間です。行きましょう、金剛お姉様」
榛名「はい」
ーーーー
ーーーー
榛名「ふっ!」ドカーンッ
霧島「こちらが押しているわ! 皆、旗艦に続いて!!」
電「なのです!」
雷「魚雷発射よ!」
ヒューン
霧島「!! 電、危ないわ!」
電「え?」

6 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:37:10.03 ID:6OG/c6H6O
ドカーン
電「あうっ! ………あれ。痛く…ない」
榛名「だ、大丈夫?」
霧島「こ、金剛姉様!」
榛名「大丈夫よ…直撃だけど中破ですんだわ」
電「金剛さん…庇ってくれありがとうなのです……ごめんなさいなのです」
榛名「大丈夫よ。それに、ほら。私達の勝ちみたいね。電と雷がきちんと潜水艦を沈めてくれたおかげだわ」ナデナデ
電「えへへ……」
電「ありがとうなのです……榛名さん」
榛名「え……」ピクッ
雷「い、電!」
霧島「!!」
電「あ……」

7 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:39:28.39 ID:6OG/c6H6O

榛名「………ねぇ」ガシッ
電「あぐっ?!」
霧島「お、おやめください! お姉様!」ガシッ
榛名「私は誰だっけ?」ミシミシッ
電「あぐっ……かはっ……」
雷「こ、金剛さんごめんなさい!ごめんなさい!許してあげて下さい!!」
霧島「姉様!!」
電「こ…ん…ご……う…さ…」
榛名「………」パッ
電「あぐっ……はぁっ! はぁっ!」
雷「電! しっかりして!」
榛名「…霧島。先に戻るわ」
霧島「……はい」

8 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:42:05.78 ID:6OG/c6H6O

電「うぐっ……ごべんなざい…ごべんなざいなのでず……」
雷「電……うあ…うわああああ…」
霧島「…………大丈夫よ…悪くない。誰も……悪くないのよ」ギュッ
ーーーー
ーーーー
榛名「……」カチャカチャ
比叡「……スコーン?」
榛名「ええ……提督が食べたいと言うので。金剛のスコーンは絶品だって楽しみにしているんです」
比叡「………」
榛名「……食べてみてください」
比叡「…うん」モグモグ
榛名「どうですか。ちゃんと出来てますか」
比叡「うん……とっても美味しい…お姉様のスコーンだ」
榛名「良かった…」
比叡「………」

9 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:43:35.91 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーーーー
榛名「提督、失礼します」
提督「おー、来たか金剛。待っていたぞ!」
榛名「ちゃんと仕事を終わらせてからじゃないと駄目ですよ!」
提督「ふふ……あの山のような書類が見当たるかい?」
榛名「…流石ですね。じゃあ、食べましょうか」
ーーーー
ーーーー
提督「んー紅茶にスコーン。最高……幸せだなぁ」
提督「金剛のせいで、今はビールより紅茶だよ」
榛名「その方が健康に良いじゃないですか」
提督「はは、一理あるな」
提督「でも、ただ紅茶とスコーンがあるだけじゃダメなんだ…」
榛名「え?」

12 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:54:05.60 ID:6OG/c6H6O

提督「紅茶とスコーン……そして大事な金剛がそろって始めて幸せなんだ」
榛名「提督……」
提督「俺は、金剛とケッコンッコカリが出来て本当に嬉しいよ」
榛名「………」
提督「………」
提督「………金剛」
榛名「はい…」
提督「おいで」
榛名「はい……」
ーーーー
ーーーー

榛名「あっ!…あうっ! あんっ!」
提督「はぁっはぁっ!気持ちいい…気持ちいいよ金剛っ!」
榛名「んああああっ! 激し、激し過ぎますっ! ああもう、らめっ!」
提督「あぐっ…イクッ! 中に出すぞ金剛!」
榛名「……っ。は、はい…金剛の中にた、たっぷり出して下さい!」
提督「う、うぁ…こ、金剛!い、イクっ!」ビュルルッ
榛名「うあっ…で、出てる。金剛の中に熱いのが沢山でてますっ…」
提督「はぁっはぁっ……愛してる。愛してるよ…金剛…」
榛名「っ………。私もです……提督…」
13 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:54:59.77 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーーーー
榛名「じゃあお休みなさい提督」ガチャ

提督「ああ、明日は休みだからな。ゆっくり休んでくれ」
榛名「はい」
提督「おやすみ、金剛」チュッ
榛名「おやすみなさい…提督」チュッ
バタンッ
榛名「…………」テクテク
榛名「………」ガチャ
榛名「ただいま…です」
比叡「おかえり…………――榛名」
霧島「おかえり榛名…」
14 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:55:47.31 ID:6OG/c6H6O

榛名「………」フラフラ
比叡「榛名……」ギュッ
霧島「……」ギュッ
榛名「…今日は三人で寝ても良いですか…」
比叡「もちろんよ…」
ーーーー
ーーーー
榛名「….…」
比叡「……」
霧島「……」
榛名「霧島……今日は、ごめんなさい。電と雷にも怖い思いを……させちゃった…」
霧島「大丈夫よ…誰も悪くないわ。榛名も電も…誰も悪くないのよ」
榛名「うん…」
榛名「比叡姉さん……私、ちゃんと上手く出来てますか…」
比叡「ええ…榛名は頑張ってるわ。大丈夫よ…」
榛名「そう…ですか…」
15 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:56:59.98 ID:6OG/c6H6O

榛名「榛名は…大丈夫ですか?」
比叡「大丈夫よ…榛名」
榛名「良かった……」
榛名「榛名は……大丈夫…」
榛名「だいじょ……ぶ」
榛名「……」zzz
霧島「寝たみたいですね……」
比叡「………榛名」ギュッ
霧島「……誰も悪くない…けれど、どうすれば良いのでしょうか…」
比叡「……分からないわ。本当に……分からない…」
榛名「……金剛……姉様…」zzz
16 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:57:39.26 ID:6OG/c6H6O

金剛お姉様が沈んだ。司令とのケッコンッコカリ三日後の事。同じ艦隊だった榛名は自分のせいだと自らを責めた。

提督は壊れてしまった。榛名を金剛お姉様と呼び、そばに置くようになった。

提督は壊れてしまったけど、優秀なままだった。だから、上は現状維持を望んだ。

そうして、榛名は金剛お姉様になった。今日も榛名は紅茶を入れ、スコーンを焼き、司令の愛した金剛お姉様でいる。

17 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:58:42.54 ID:6OG/c6H6O

榛名は金剛お姉様と随伴艦を見捨て逃げ延びて来たと榛名は繰り返す。
決して艦隊のせいではない。敵に対し、装備も編成も間違ってはいなかった。練度も足りていた。……誰も悪くないと思う。ただ…運が悪かったのだ。提督には防ぎ用がなく、榛名にもどうしようもない。だが、轟沈という事実は提督を苦しめている。

18 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 20:59:21.50 ID:6OG/c6H6O

ーー翌朝ーー
霧島「………」
比叡「………」
榛名「……じゃあ、提督の元へ行ってきます」
比叡「…榛名」
榛名「なんでしょうか?」
比叡「…もうやめよう」
榛名「え…」
比叡「こんなの駄目よ! いつまでも榛名が金剛お姉様の代わりで居続けるなんて間違ってるわ!」
榛名「………」
比叡「幾ら戦績が優秀でも、榛名一人が苦しみ続けるなんて間違ってるっ!」
榛名「比叡お姉様…別に……私は…」
比叡「嘘よっ!」
榛名「……っ」

19 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:00:10.86 ID:6OG/c6H6O

比叡「私は榛名のお姉ちゃん…幾ら私でも榛名が苦しんでいる事なんて分かるわっ」ギュッ
榛名「お姉様…」
霧島「それに…金剛お姉様もこんな事望んでいないわ……。提督には目を覚ましてもらいましょう」
榛名「でも…大本営が。もし、提督が指揮をできなくなったら、お姉様達は……」
比叡「妹を犠牲にしてまで生きようとは思わないわ」
霧島「………」コクッ
榛名「………っ」
榛名「お姉様……ありがとう…ございます」
比叡「今まで榛名に背負わせてた私達には、感謝される資格はないわ…本当にごめんなさい」
霧島「今度は私達が苦しみを受け止めるわ」
榛名「お姉様…」

20 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:00:46.45 ID:6OG/c6H6O

榛名「でも、どうやって提督を戻すのでしょうか? 正直な所……口頭や書類程度で治るとは思えないです…」
霧島「………それには考えがあるわ」
榛名「?」
霧島「お姉様の死体はサルベージされていないわよね」
榛名「はい。何しろあの時は満身創痍でしたから……。榛名だけが…逃げ延びて来て…私…私だけがっ……お姉様と皆を見捨てて…」
比叡「榛名…貴方は悪くないわ……誰も悪くないのよ…」ギュッ
霧島「榛名…」
榛名「ごめんなさい…大丈夫です…」
榛名「はい……死体も艤装も…沈んでしまったので…」
霧島「……金剛お姉様の死体をサルベージします」
榛名「え?!」
霧島「そして、それを提督に突きつけるのです」
榛名「!?」

21 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:01:31.30 ID:6OG/c6H6O

比叡「死体…もしくは壊れた艤装を見れば、提督も認識するでしょう…金剛お姉様の死を」
榛名「で、でも…もう海流で流されてしまったかもしれません…」
霧島「お姉様が沈んだ海域は潮の流れがかなり緩やかなのよ。それに…死んだ私たちはかなり重い」
比叡「大体の目星は付いているわ。潜水艦の子達にも協力をしてくれる。……皆、榛名を心配しているのよ」
榛名「………でも、大本営はサルベージをしない方針で…これがしれてしまったら皆は…」
比叡「言ったでしょ。大本営がなんだろうと、榛名一人にもう苦しみは背負わせないって。皆、同じ気持ちなのよ」
榛名「皆……」

22 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:03:34.18 ID:6OG/c6H6O

比叡「サルベージは遠征時に行うわ。引き上げには私が行く。霧島と榛名は秘密裏に母港で受け入れの準備をしてもらうわ」
榛名「………私も遠征隊について行きます。いや、行かせて下さいっ! 私も行かなきゃ駄目なんですっ…」
比叡「榛名……。お姉様の死体は…もう綺麗じゃないかもしれないのよ。辛い思いはもう…」
榛名「……私も心の何処かで金剛お姉様の死を受け入れられていないのかもしれません」
榛名「だから、これで私も向き合わなきゃだめなんです! 私も行かせて下さい!」
比叡「………」
霧島「比叡お姉様……これも乗り越えなければならない事なのでしょう。だから…榛名も行くべきだと私は思います」
比叡「……分かったわ」
比叡「戦艦があと一隻いた方が安全なのは事実よ」
比叡「榛名…強くなったわね」
榛名「……そんな。私はただ…」

23 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:04:33.10 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーー数日後
比叡「行ってくるわ。霧島、そっちは頼んだわよ」
榛名「行ってきます」
霧島「はい……。比叡お姉様、榛名…気を付けて…」
比叡「そんな心配そうな顔をしないで。ほら、主砲も新しい新型よ。たとえどんな深海棲艦がきたとしても負けないわ」
霧島「はい……」

ーーーー
ーーーー

比叡「この辺りね……」
榛名「索敵………敵影はありません」
比叡「よし、探索を開始するわ」
榛名「は、はい……」ブルッ
比叡「榛名…」
榛名「…大丈夫です。すいません…」
比叡「何かあったら直ぐに言うのよ」
榛名「はい…」
比叡「……よし。では、探索開始!」

24 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:05:26.29 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーーーー
霧島「………」
霧島「…そろそろ。比叡お姉様から通信が入るころだわ」
霧島「………きた!」
《…………》ザザッ
霧島「…….? こちら霧島です!」
《………っ……あ……》ザザッ
霧島「……お姉様?」
《……霧島…お姉様…》ザザッ
霧島「は、榛名?通信が乱れて…」
《皆……轟沈……帰投…私だけ…大破で……航行…不安て……》ザザッ
霧島「な…?!」

25 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:07:00.72 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーーーー
「うっ……うっ……そんな」
「比叡さん……」
「うえぇぇえんっ!」
霧島「……………」
「霧島さん! 榛名さんが目を覚ましました!」
ーーーー
ーーーー
霧島「は、榛名っ!」
榛名「……ごめんなさい。私だけ…また」
榛名「また……私だけが……私だけっ……」プルプル
霧島「…っ。榛名……」ギュッ
榛名「ごめんなさい……ごめんなさい…」
霧島「……大丈夫、大丈夫よ……誰も悪くないのよ…」

26 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:07:51.41 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーー
霧島「…何があったの」
榛名「……悪魔のようなでした」
霧島「悪魔…?」
榛名「…あっという間に皆、殲滅されてしまったんです。姿も何も……わからなかった」
霧島「………」
榛名「ただ、声が聞こえました……」
霧島「声…?」
榛名「黒いヘドロのような声………ただ、一言…シカタガナイ…と」
霧島「シカタガナイ…?」
提督「金剛っ!」バタンッ
27 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:08:31.71 ID:6OG/c6H6O

榛名「あ……提督」
提督「大丈夫か、金剛?!」
榛名「はい…」
提督「ああ…俺の責任だ。比叡が…俺のせいで比叡が…」
榛名「……大丈夫です。提督は悪くないありません…」
霧島「………」
提督「すまない…霧島……こんご」
霧島「……っ」
榛名「大丈夫……大丈夫です」ギュッ
榛名「誰も…悪くないんです…」
提督「すまないっ……すまないっ…」
榛名「大丈夫です…金剛がいますから……」ギュッ
提督「うぐっ……うああああ…」
霧島「………」

28 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:09:49.44 ID:6OG/c6H6O

遠征隊は榛名を残して全滅。命からがら戻ってきた榛名も大破状態。
お姉様を沈め、榛名を大破させ、潜水艦の子達も沈めたとなると既存の深海棲艦では考えられない……。二度目の轟沈。流石に異常だと判断した大本営は海域の調査が行ったが、比叡お姉様の死体も金剛お姉様の死体も見つからず原因は分からず仕舞いだった。

29 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:11:09.06 ID:6OG/c6H6O

霧島「………」ガチャガチャ
霧島「…………よし」
榛名「…………霧島」
霧島「……! 榛名…」
榛名「その装備……お姉様を探しにいくの?」
霧島「ええ」
榛名「もう……無理よ」
霧島「私は自分の目で確かめるまで諦めない……死ぬことになろうと諦めないわ」
榛名「霧島……」
榛名「分かった……私も行く」
霧島「……何があるのか分からないわよ。もしかしたら……死ぬかもしれない」
榛名「ううん……霧島が頑張っているのに、私だけじっとしてなんかいられないわ」
霧島「………」
霧島「……分かったわ」

30 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:12:15.38 ID:6OG/c6H6O

ーーーー
ーー
霧島「……このあたりね」
榛名「ええ」
霧島「潮で流されていたならこの辺りも可能性がある…探しましょう」
榛名「はい」
榛名「………」
榛名「あ……お姉様。向こうに何か」
霧島「え?」
榛名「……」チャキッ

ドカーン

霧島「………あが?!」
榛名「……」チャキッ
霧島「……っぐ!」
榛名「あれ……外しましたか。……でも、もう動けないですね」
霧島「……うっ………あっ……は、榛名…なん……で?」
榛名「………ふふ。一撃で沈まなかったのは霧島だけですね」
霧島「は……?」
榛名「こうなると話したくなっちゃいます。金剛お姉様と比叡お姉様には話せませんでしたから」
霧島「金剛……比叡…お姉様?」
榛名「ふふ……お姉様方を沈めたのは私なんですよ。今みたいに後ろからズドーンッてね」
霧島「?!」
31 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:13:57.95 ID:6OG/c6H6O

霧島「あ……え? な、何で……」
榛名「んー、そうですね。金剛お姉様を沈めたのは単純に憎かったからですかね」
霧島「……?」
榛名「あー、分からないですよね。……私も提督が好きだったんですよ」
榛名「まぁでも選ばれるわけないですよね。金剛お姉様は第一艦隊で金剛型1番艦。榛名は唯の3番艦ですから」
霧島「そんな……皆で提督と金剛お姉様が結ばれたのを喜んで……榛名もお姉様のお姉様の幸せが一番って…」
榛名「そんなわけないじゃないですか。榛名は榛名の幸せが一番ですよ。………まぁ、でもどうにもならないから金剛お姉様を沈めて、私も死のうと思ったんです」
榛名「でも、そしたら………………ぷっ」
霧島「…………」
榛名「ぷっ……くっ…くくく……あは、あはははははははっ!!」
霧島「??」
榛名「て、提督が私の事、金剛って。ふふふ……傑作ですよね。提督が私のことを金剛って呼ぶんですよ」
霧島「………榛名」
榛名「………だから、榛名は金剛になった。偶然だけど…私は提督の一番になれたんです」
32 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:16:24.82 ID:6OG/c6H6O

榛名「それなのに…比叡お姉様ったら死体を見つけるって言い出して。もう…提督が正気に戻ったらどうするんですか」
榛名「しょうがないから比叡お姉様にも沈んでもらいました。きっと沈むまで諦めないですからね」
霧島「……うっ……くっ」
榛名「そんな訳で、霧島にも沈んでもらいます。あ、動かないで下さいね。探索用装備しか持ってきていないんだから、抵抗しても苦しむだけです」
霧島「……ずっと隠してはいられないわ。いずれ…明るみに………でるわよ」
榛名「いいです別に。暫く、榛名が提督の一番でいられれば良いんですから。バレたら…提督のくれた指輪と沈むだけ」
榛名「じゃあ、さよな……」

霧島「私は嫌ですね」ズドーン
榛名「あがっ?!」
榛名「あ?! ぐっ?! え? え? 」
霧島「私はずっと提督の1番が良いですね」
榛名「うっ……あ…何で?!」
霧島「ふぅ……芝居も疲れます。ああ、これは探索用装備じゃないです。特注の偽装装備ですね。明石さんに作ってもらいました」
榛名「き、気づいて……」
霧島「まあ憎かった気持ちは理解できます。あ、指輪はもらいますよ
じゃあ、さようなら――」

33 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:17:25.57 ID:6OG/c6H6O

ーー記録ーー

痴情のもつれによる事件。金剛型3番艦榛名は姉二人を殺害し、妹をも殺害しようとしたが反撃を受け死亡した。

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
提督「おーい、金剛」
霧島「何ですか提督?」
提督「今夜…どうだ」
霧島「分かってますよ、ちゃんと焼いときますから。その代わり仕事を終わらせといて下さいよ」
提督「分かってるよっ。金剛こそ忘れないでくれよ」
明石「あの……」
霧島「あ。じゃあ、提督。また後で」
提督「おう、頑張れよ金剛」
霧島「ええ」
明石「…………」
ーーーー
ーーーー

霧島「……予定通りの個数ね。来週もお願いします」
霧島「改修資材は後で運ばせますので」
明石「はい……」
明石「………」
34 : ◆Qz0e4gvs0s 2015/12/28(月) 21:21:31.03 ID:6OG/c6H6O

明石「………事件は解決しても、提督は治りませんね」
明石「大本営も、現状維持に努めよだなんて…」
霧島「……仕方がないです。こうなってしまった以上、私は務めを果たすだけです」
明石「……私に出来る事があったら言って下さいね」
霧島「はい、分かっています」
明石「………」
明石「…………防ぎ用がなかったんですかね」
霧島「………どうしようもなかった事です。気を負わないでください。私の手で姉妹のケジメをつける事に協力してくれた明石さんには感謝してますから」
明石「………はい」
明石「…………」
明石「………本当にケジメをつけるためだったんですか」
霧島「……もちろん。それ以外に何が?」
明石「………いえ」

ーー完ーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする