【明石・大淀SS】明石「提督、出来ました!押すと大淀のスリットが1cm広がるスイッチです!」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460212221/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:30:21.94 ID:8TDWLMG/0

提督「え、なんて?」
明石「だからこのスイッチを押すと、大淀のスリットが1cm広がるんです!」
提督「……明石。なんか悩みがあるなら聞くぞ」ヤサシイメ
明石「そ、そんな目で見ないでくださいー!」
提督「だってお前どう考えても頭のネジがぶっ飛んで……」
明石「違うんです。これには深い訳があってですねっ」
提督「は、はあ」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:32:30.23 ID:8TDWLMG/0

明石「ほら、うちの大淀ってクソ真面目な堅物じゃないですか」
提督「まあ立場上そうじゃないとな」
明石「女の子なのに、私おっぱいなんかついてませんよみたいな顔して……」
提督「意味分からん」
明石「下着も女の子らしくない地味なやつしか持ってないし」
提督「別に人それぞれだろう」
明石「だから私言ったんですよ! 可愛いいんだからもっと女の子らしい下着履きましょうよっ。提督はピンクでヒラヒラしたのが好きですよって!」
提督「おい」
明石「そしたら、興味なさそうに『はあ……だから何です?』て言ってました」
提督(なんかショックだな……)
提督「………」ズーン
明石「どうしたんですか?」
提督「何でもない……」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:33:52.50 ID:8TDWLMG/0

明石「それで私は思ったんです。これは、どうにかせなあかんと」
提督「それで大淀のスカートのスリットが広がる装置を作ったと」
明石「はい!」
提督「……やっぱり病院行くか。明石」ヤサシイメ
明石「だから、その目やめてくださいー!」
明石「よ、良く考えてみて下さい提督。大淀に言葉で説得して変わると思いますか」
提督「それは……難しいだろうな」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:35:22.54 ID:8TDWLMG/0

明石「だから、この装置で自分が女の子だというのを思い出させてやるんですよ。恥じらいを覚えればきっと大淀も自分が雌だって思い出しますよ」
提督「何がお前をそこまで駆り立てるんだ…」
明石「…ぶっちゃけ大淀が恥じらうらう姿が見たいだけです。提督も正直見たいですよね?」
提督「それは…………」
明石「あの真面目な大淀が、真っ赤になって恥じらう姿」
提督「………みたい」
明石「正直が1番です! じゃあ早速レッツゴー!」
提督「大淀、すまない……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:36:44.13 ID:8TDWLMG/0

ーーーー
ーーーー
大淀「……」

明石「いましたよ」コソコソ
提督「花壇に水をまいてるのか」コソコソ

明石「大体は大淀がいつも自主的にやってるんですよ」
提督「知らなかった……後でお礼をしとこう」
明石「じゃあやりますね」
提督「うう……大淀すまない」
明石「いい加減腹をくくって下さいよっ」コソコソ
提督「こんな事でくくりたくないわっ」コソコソ
大淀「……?」
提督・明石「……っ」
大淀「……」
大淀「……気の所為か」
提督・明石(……ほっ)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:38:46.96 ID:8TDWLMG/0

明石「も、もう……とにかくここまで来たんだからやりますからね。えいっ」ポチッ
提督「あっ」

大淀「……」

明石「……」
提督「……」
提督「何も変わってないぞ?」
明石「まあ、まだ1cmですから。よし、次は5回」ポチポチポチポチポチ

大淀「……?」

提督「ん?」

大淀「………え!?」
大淀「な、何で?!」バッ

提督「ど、どうしたんだ。急に屈んじまったぞ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:39:59.04 ID:8TDWLMG/0

明石「多分パンツが見えちゃったんでしょう」ポチポチ
提督「パ、パンツ?」
明石「ええ。なんかスースーするなって思いふと見たら見えないはずのパンツがスリット部に出てたという事でしょう。遠目で確認はできませんが」ポチポチ
提督「説明しながら押すな」

大淀「ど、どうなってるのっ///」グイグイ

大淀「ううっ……何で…///」

提督「……っ」
提督(涙目で顔を真っ赤にしながら、必死に裾を引っ張ってる。ギャップもあって中々くるものがあるな)
提督「はっ……お、おいそろそろ戻して」
明石「う、うへへ……お、大淀…可愛いすぎ……」ポタポタ
提督「うわっ…」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:40:55.41 ID:8TDWLMG/0

提督「あ、明石。鼻血鼻血っ」
明石「えっ……ああ、いつの間に」
提督「あと、そろそろ戻してやれ」
明石「そ、そうですね。戻す時はこのリセットボタンを押すと…」ポチッ

大淀「………あれ?」
大淀「元に戻ってる……」
大淀「??」

明石「はい、元通りです」
提督「……みたいだな」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:42:01.12 ID:8TDWLMG/0

明石「いや〜しかし良いものが見れました。うひひ……」
提督「俺はお前の本性を見てしまったよ…」
明石「提督も正直…興奮しましたよねっ」
提督「………否定は出来ない」
明石「ですよねですよねっ。あれは破壊力抜群ですよっ」
明石「よーし、次行きましょう。今度は提督に協力してもらいますよ」
提督「お、俺?」
明石「そうです! 次は提督と大淀が話している時にボタンを押します」
提督「え?!」
明石「提督の前だと反応も違うでしょうから」
提督「いや、でもそれは…」
明石「大丈夫ですよ。ちょっとパンツが見えるか見えないかぐらいしか広げませんから」
提督「ううむ…」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:42:53.14 ID:8TDWLMG/0

ーーーー
ーーーー
提督「大淀、ちょっと良いか」
大淀「はい、どうしましたか?」
提督「この書類なんだが…」

明石(よしよし、接触しましたね)コソコソ

明石(じゃあポチッとな)ポチッ

大淀「その資料は明日届くので、先に――」
提督「ふむふむ」
提督(明石…やり過ぎるなよ)

明石「………」ポチポチポチ
明石「……?」ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ
明石(あれ、スリットが広がらない)ポチポチポチ
明石(故障したかな……)ポチポチポチ

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:43:58.06 ID:8TDWLMG/0

明石(……ん? や、やば! なんか装置から煙出てる)
明石(壊れたか…)ポチ
大淀「…………へ?」パシュンッ
提督「えっ」
提督(スカートが…)
明石(消えた?!)

大淀「え……あっ………」
提督(あ、明石?! 一体どうなってんだ?!)
大淀「あ……て、て……とく……」
提督(か、可愛いピンクのヒラヒラした下着だな……ってあれ?可愛い下着?)
大淀「き、きゃあああああ!!///」ガバッ

提督「大淀!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:44:45.46 ID:8TDWLMG/0

大淀「み、見ないで! 見ないで下さい!///」
提督「わ、分かった。あっ、そうだ。大淀、俺の上着で隠すんだ!」バサッ
大淀「えっ///」
提督「早くっ」
大淀「は、はい」バサッ

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:45:25.51 ID:8TDWLMG/0

大淀「うう……///」
提督(ま、全く。一体どうなってるんだ…。スカートが消滅するなんて聞いてないぞ)
大淀「……て、提督」
提督「な、何だ?」
大淀「その……見ました?」
提督「え?」
大淀「わ、私の下着……見ましか///」
提督「いや……その……」
提督(言い逃れは出来ないな……)

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:46:33.34 ID:8TDWLMG/0

提督「あ、ああ。見て……しまった。すまない…」
大淀「そ、そうですか……」
大淀「………」
提督(くっ、何とかフォローしなければ)
提督「あ、あれだ大淀」
大淀「え?」
提督「その…似合ってたぞ。凄く可愛いくて……うん」
大淀「……」
提督「……」
提督(な、何を言ってるんだ俺はあああああああ)

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:48:52.95 ID:8TDWLMG/0

大淀「……いつもは違うんです」
提督「?」
大淀「いつもは……あんなピンクのヒラヒラなんて履かないんですよ///」
提督「そ、そうなのか。何かあったのか?」
大淀「……提督が好きって言ってたから」
提督「え?!」
大淀「提督がこういうの好きだって明石が言ってたから……初めて買ったんです///」
提督「え?!」
提督「そ、それって……」
大淀「……はい///」

明石「あらら…これはまさかの。ふふ……私は退散しますか」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:51:03.40 ID:8TDWLMG/0

ーーーー
ーーーー

明石「いやーまさか、あれがきっかけで提督と大淀がケッコンするとは」
明石「大淀も乙女だったんだねぇ…」
明石「差し詰め私は恋のキューピッドってわけだね。はっはっは」
提督「おーい、明石」
明石「提督! どう、上手くいってる?」
提督「まあな」
明石「ふっふーん。明石に感謝してくださいよ!」
提督「故障は狙ってた訳じゃないだろう…」
明石「まあ結果オーライですよ。それで、今日はどうしたんで……ん?」
明石「…………へ? スカートがのスリットが広がってる?!」
提督「すまん、明石」
明石「……き、きゃあああああ?!///」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:52:16.00 ID:8TDWLMG/0

明石「え、な、何?! 何で?!///」
提督「夕張が大淀の依頼で装置を作ったんだ。えーと、伝言がある」
明石「えっ」
提督「結果的には感謝してますが、提督の目の前でパンツを晒させた事は許しません。明石も提督にパンツを見てもらうと良いです、だそうだ」
明石「お、鬼ー!!///」
提督「明石」
明石「へ///」
提督「か、可愛いパンツだな///」
明石「あ、あう…///」
提督「お、俺も大淀に感想言えって言われたんだよっ……ううっ///」
ーー完ーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする