響「うぉーとかうぉーとかっ」グラーフ「む……」 【艦これSS】

まだ出撃してない方へ
↓大人気ゲーム「艦これ」の登録はこちら!↓

艦隊これくしょん -艦これ-


転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460452461/

1 :立て直しました本当にごめんなさい ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:14:21.95 ID:aCNw2ZoB0
響「ぷはぁ」カァー…

響「からだが温まりゅ」フフフ

響「やはひウォートカはぁ、私たひの血液ら……」

響「……ん?」フラッ

響「ありぇ、おかひい……な?」

響「ちんしゅふなのに……赤の広場が見ひぇ……」フラッ

響「……きゅう」クテン

グラ「!?」
……
…………
………………
2 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:17:29.27 ID:aCNw2ZoB0
響「コホッコホッ……」

グラ「……大丈夫か?」サスサス

響「……うぅ」

響「ねぇグラーフ……ここは?」

グラ「私の部屋だ」

グラ「貴女はさっき、近くの廊下で倒れた……」

響「……そうだったのか」

響「……おえっ」

グラ「おぉ……み、水っ」

4 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:18:18.96 ID:aCNw2ZoB0
フキフキ…
響「……恥ずかしいな……」シュン

グラ「気にするな、誰にも言わない」クスッ

響「……」

グラ「……」

グラ「……ウォッカを飲んだのか」

響「……うん」

5 :>>3多分グロ画像なので注意してください ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:19:57.87 ID:aCNw2ZoB0
グラ「貴女が成人しているかどうかは、この際問わないでおこう」

グラ「だが、倒れる程飲むのは感心しない……」

響「……何も言い返せないな」

グラ「しかし、どうしてそんなものを?」

グラ「貴女が倒れてしまうくらいだ、結構な量を飲んだようだが……」

響「……」

響「もうすぐ、第二次改装で国籍が変わってしまうからね」

響「向こうのお国柄に、少しでも慣れておこうと思ったのさ」

グラ「……それだけなのか?」

響「……そうさ」フイッ

グラ「……そうか」クスッ

6 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:21:10.60 ID:aCNw2ZoB0
グラ「別に、ロシアに永住するわけでもないだろう」

グラ「今後は……控える事だな」

響「……」コク

響「……約束するよ」

グラ「ん、約束だ」ニコッ

グラ「体調は芳しくないか?」

響「うん、まだ頭がクラクラするよ」

グラ「そうか、では……ゆっくりしてゆくといい」

響「……スパスィーバ」

7 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:22:27.59 ID:aCNw2ZoB0
響「……ねぇグラーフ」

グラ「なんだ?」

響「今回の……礼をなにかしたいな」

グラ「ははは、その必要はない」クスッ

響「そういうわけにもいかないさ」

響「そうだな……」
響「君と司令官の事とか」ホワー

グラ「!?」ビクッ

8 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:23:23.21 ID:aCNw2ZoB0
響「君は最近、よく司令官と一緒にいるね」

グラ「……な、なんのことだ」フイッ

響「昨日も秘書艦でもないのに、焼いたお菓子を届けに行っていたじゃない」

グラ「!?」

グラ「……ど、どこで嗅ぎつけた?」

響「なに、風に流されただけさ」ホワン

グラ「……」カァー…

9 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:24:56.44 ID:aCNw2ZoB0
響「可愛いな、君は」ホワホワ

グラ「ヒビキ、本当はまだ酔っているだろう?」

響「ふふふっ」

響「名前は伏せるけど、君が司令官に気があるとビスマルクも言っていたよ」

グラ(ビスマルク……!)ゴゴゴ

響「私にできることなら、なんでもするよ」

グラ「……」カァー…

グラ「勝手に……するがいい」プイッ

10 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:46:38.52 ID:aCNw2ZoB0
響「ふふふ……」ホヘー

グラ「…………」

グラ(まぁいい……そのうち、酔いもさめるだろう)クスッ

響「それで、さっそく本題だけど」

グラ「あ、あぁ」

響「グラーフ、君はこの国に来てそれほど長くない」

響「だから司令官について、知らないこともたくさんあると思うんだ」

グラ「それは……確かにそうだが……」ムゥ

響「私達は普段よく遊んでもらってるから、知り得ることも多いんだ」

響「手札は多い方が良い……提督の好きなことを教えてあげるよ」

グラ「なるほど……」

11 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 18:56:24.36 ID:aCNw2ZoB0
響「思い出せるものは書き出してみる」

響「少し待ってほしい」カキカキ

グラ「……」ワクワク

グラ(……はっ!なに胸を躍らせているのだ、私は……)ガクッ

響「おまたせ」

響「ちょっと手が震えるから、読みにくい字になったかも」

・甘いもの
・どうぶつ
・納豆
・キルト細工
・旅行
・テリーマン
・自転車
・お酒
・重量二脚
・コーヒー
・少女漫画
・バスケットボール

響「多分まだあるけど、ひとまずこんなものかな」

グラ「ふむ……アトミラールは存外、少女趣味なのだな……」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 18:59:00.35 ID:hQH9VNPlo

重二とテリーマンの存在感よ

16 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:04:48.98 ID:aCNw2ZoB0
響「この中で、自信のある分野を共通の話題にすればいいんだよ」

グラ「そうは言ってもな……」
グラ「甘いものに関しては、既にコミュニケーションは取れているつもりだ」

響「うん、知ってるよ」

グラ「しかし……他の項目に関しては、何とも……」

響「そうか……難しいな」

グラ「小動物なら私も好きだが……」

グラ「アトミラールがどのような動物を好むのか、そこまでは分からない」

響「動物……」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 19:04:57.80 ID:AJT3RqZOo

テリーは女受けするキャラだった…?

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 19:13:12.61 ID:+TurL0hb0

キン肉マンのキャラの中では少女趣味な部類だな(錯乱)

20 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:15:13.31 ID:aCNw2ZoB0
響「そういえば、司令官はご実家で犬を飼っていたよ」

グラ「あぁ、それは聞いたことが……ん、“いた”?」

響「最近、亡くなったそうなんだ」

グラ「そ、そうだったのか……」

響「あの時の司令官、とても悲しんでた」

グラ「そういえば近頃、元気がなかったが……そういうことだったのか」

グラ(…私もそれを聞かされていれば、お悔み申し上げたのだが……)シュン

響「だから、君が代わりになってあげなよ」

グラ「何を言っているのかよく分からないな」

21 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:22:50.38 ID:aCNw2ZoB0
響「!」

響「そういえばさっき、ウォートカを飲む前に……」ゴソゴソ

響「先に始めていた足柄からもらった、良いものがあるんだ」

グラ「?」

響「じゃーん」スッ

グラ「……それは、なんだ?」

響「白い犬耳だよ」

グラ「イヌ……ミミ……?」

響「そう、犬耳」

響「一部の日本人男性に、とても需要のあるものなんだ」

グラ「ニホン人というのは、つくづく奇怪なものだな……」ガクッ

22 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:30:22.06 ID:aCNw2ZoB0
グラ「しかし、どうしてアシガラがこんなものを……」

響「分からない」

響「でも、足柄は私に向かって……」
……
…………
………………
足柄『わたひが飢えた狼らってんなら!』ヒック

足柄『響ちゃんはふしちょうのシベリアンはすきー!』フフン

足柄『色違いお揃のこれをつけへ、桃園の誓いをむすぶのよ!』プハァ

響「そう……」
………………
…………
……
響「って言ってたよ」

グラ「もう意味が分からないな」

23 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:37:38.66 ID:aCNw2ZoB0
グラ(アシガラがこれをつけている場面……か)ジーッ

グラ(……ありかもしれないな)フフッ

グラ「だが……馬鹿馬鹿しい」フイッ

グラ「こんなものでは、アトミラールの慰めにならない……」

響「つけないの?」

響「君も白いし、良く似合うと思う」

グラ「…………」

グラ「……」クルッ

グラ「一度だけだ、一度……だけ」

響「うん」

24 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:49:01.26 ID:aCNw2ZoB0
グラ「」スチャッ

グラ「ど……どうだ、ヒビキ?」カァー…

響「おぉ……」

響「とても似合ってるさ、グラーフ」ニコッ

グラ「そ、そうか……ふふっ」

グラ「これをアトミラールに見せるのはあれだが……」

グラ「なんだか楽しいな」ニコ

響「ん、じゃあ一度返してほしいな」

グラ「……もう少し……」

25 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:50:13.35 ID:aCNw2ZoB0
響「返してよ」ピョン

グラ「ふふ……取れるものなら取ってみるがいい」ニコッ

響「む」ピョンピョン

グラ「ヒビキがもう少し成長すれば、届くかもしれないなぁ」ニヤニヤ

響「イジワルだな」ピョ-ンッ

グラ「なんとでも言うがいい、この」

ガチャ

提督「しつれいしますぅ」

グラ「!」

響「あ」

26 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 19:51:12.47 ID:aCNw2ZoB0
グラ「あの、アトミ、これ、は」

提督「…………」

提督「しつれいしましたぁ」

ガチャ

グラ「……」

響「……」

響「あれはノックしなかった司令官が悪いよ」

グラ「慰めは……いい……」

32 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 21:38:28.31 ID:aCNw2ZoB0
グラ「……」グスッ

響「……」オロオロ…

響「え、えと」

響「グラーフ、司令官は甘いもの以外にも好きな食べ物があるよ」

グラ「……そうか……」ユラ…

33 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 21:45:00.88 ID:aCNw2ZoB0
響「司令官、納豆の食べ方にはこだわりがあるらしい」

響「納豆には、なめ茸を入れるんだって」

響「だからそれらを抱き合わせで、軍需部に2t発注しようとして皆に止められたエピソードが……」

グラ「ヒビキ……」

グラ「すまないが……私はナットーが苦手なんだ……」

響「そうだった」シュン

34 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 21:52:40.08 ID:aCNw2ZoB0
グラ「……」ズーン

響「……」

響「グラーフ」

グラ「あぁ……どうした……」

響「すこし、贅沢言っていいかな」

響「グラーフの……ホットコーヒーが飲みたいんだ」

グラ「コー……ヒー?」

グラ「ココアではなく、コーヒーでいいのか?」

響「うん、コーヒーだよ」

35 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 21:57:30.29 ID:aCNw2ZoB0
響「なんだか少し寒いんだ」

グラ「?」

グラ(今日はまだ、暖かい方だと思うが……)

グラ「……まぁいいだろう、またウォッカに手を付けられては困るからな」クスッ

響「む、もう飲まないさ」ムスッ

グラ「ふふっ、冗談だ」ニコ

グラ「少し待っていてくれ」
スタスタスタ
響「……」

36 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 22:02:32.83 ID:aCNw2ZoB0
ガチャ
「やぁ」

「ひぁっ!ア、アトミラール!?」

響「あ……司令官の声だ」

「さっきは……悪かったな」

「……いや、こちらこそ」

「お見苦しいものをお見せした……」

「ん、そうかな?」

「けっこう似合ってたんだけどな」

「な……な、な!?」

響(嬉しそうな驚き声だな)クスッ

37 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 22:05:07.97 ID:aCNw2ZoB0
「……そ、それで」

「私に何か用だろうか」

「いや、用と言うほどのもんじゃないけどさー」

「なんか、急にグラーフのコーヒーが飲みたくなったんだ」

「!?」

「ほん……とう?」

「うん」

「執務室のコーヒーメーカー使っていいからさー頼むよー」

「あぁ……だが……」

響「グラーフ……」

響「行ってよ」ニコッ

「!」

38 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/12(火) 22:07:49.18 ID:aCNw2ZoB0
響「私は大丈夫だよ」

響「だから……ね?」

「……すまない」

「じ、じゃあアトミラール……」

「今から……そちらへ行く……」

「ごめんね」

「い、いや!私の方……こそ……」

「……ふふふっ」
ガチャッ
響「……ふふ」

39 :寝てしまいました…… ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 01:26:42.97 ID:/czm5X240
響「…………」

響「…………」フルフル

40 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 01:38:19.64 ID:/czm5X240

響「……おかしいな……」フルフル

響「……寒い……」ガクガク
41 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 01:39:28.89 ID:/czm5X240

ガチャ
響「え……」ブルッ

グラ「……やはりか」

響「!?」
42 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 01:54:46.13 ID:/czm5X240
響「ど、どうして?」フルフル

響「グラーフ、司令官はどうしたんだい?」ブルッ

グラ「……ヒビキの様子が、少しおかしいと思っていた」

グラ「だから、コーヒーを淹れてから戻らせてもらったのだ」

響「……なんで……」

響「司令官と、せっかく二人っきりになれたのに」

グラ「すまない……」スタスタ

ギュウ

響「ふわっ……!」

グラ「…………」

43 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:07:08.64 ID:/czm5X240
響「な、なに……」

グラ「私は貴女の姉妹ではないが……」

グラ「……これで少しは温まったか?」

響「……!」

響「……もう少し、暖めて」クテン

グラ「分かった……」ニコッ

44 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:16:23.74 ID:/czm5X240
響「……」ギュ

グラ「……大方、貴女が酒に呑まれたのも……この寒気が原因だな?」

響「……バレた」クスッ

響「そうさ、最近……」

響「私の第二次改装が迫るにつれて、寒気が起こるんだ」

響「多分……私の過去の記憶のせいだよ」

グラ「過去?」

響「君は外の国にいたから、知る由もないよ」

響「第六駆逐隊で、終戦まで生き残ったのは……私だけだったんだ」

グラ「……なるほどな」

45 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:20:40.51 ID:/czm5X240
響「昨日の戦闘で、大きな損傷を負ったんだ」

響「それが原因で、私は入渠をしていた……」

響「……そして、その間に誰もいなくなっていたんだ」

グラ「……」

響「もちろん、今日も戦闘に出て行っただけだよ」

響「それは知ってる……なのに……」ギュウ…

グラ「……そう、か」

46 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:23:56.72 ID:/czm5X240
響「……君は暖かいな」ギュ

グラ「……それはよかった、低体温は私の悩みだったからな」クスッ

グラ「……だが……」

響「?」

ドタドタドタ

ガチャ
「あー!」

「響ちゃん、やっぱりここにいたのですっ」

「探したのよ!」

47 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:30:16.32 ID:/czm5X240
響「みんな……!」

雷「作戦が終わって戻ってみたら、とっくに修理が終わってるのに」

雷「どこにもいないから、おかしいと思ったの!」

暁「ふふ、けいさんどおりだわ!」

暁「響も、グラーフさんの下でレディーになるための修行をしていたのね」フフン

電「それは違うと思うのですっ」

電「響ちゃん、お怪我はもう……?」

響「うん、大丈夫だよ」ニコ

響「ごめんね、心配かけた」

グラ「ふふ……」

48 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:33:56.60 ID:/czm5X240
電「今日は第六駆逐隊がカレー当番の日なのです」

響「そうか、忘れていたよ」

雷「もう!響、なんか抜けてるわよっ?」

響「そんなことない、いつも通りさ」フフ

暁「さ、これで響とも合流できたことだし……」

暁「カレーを作りにもどるわよ!」

「「「おー!」」なのです」

49 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:36:26.78 ID:/czm5X240
ドタドタ…
響「……グラーフ」

響「ありがとう」ニコッ

グラ「……私は何もしていないぞ」クスッ

グラ(今回も……な)

バタンッ

グラ「……姉妹、か」

グラ「私にも欲しかったな……」ボソッ

50 : ◆7qYMrkqqH. 2016/04/13(水) 02:37:09.94 ID:/czm5X240
ガチャ
ビス「浮かない顔ね、グラーフ」

グラ「……ビスマルク」

ビス「貴女の口から、そんな弱音が出るとは思わなかったわ」クスッ

ビス「いいのよ、私をお姉ちゃんと思っても?」フフン

グラ「…………」ニコッ

ビス「……満面の笑顔で、どうして艦載機を飛ばそうとしているのかしら?」

グラ「……ふふふ、ふふふ」ニコニコ

ビス「ねぇちょっと、貴女……や、怖……」フルフル

グラ「では思い出させてやろう、貴女の業を……」ゴゴゴ

「イヤアアァァァァァァ……」

この後もグラーフは犬耳をつけたままでしたが、本人には知る由もありませんでした……。

終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする