【艦これSS】電「ジョジョごっこをしてみたのです」【暁・雷】

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465040917/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 20:48:37.45 ID:AcfYt5Lw0
~鎮守府~
電「あー、遠征任務もお休みですし、暇なのですー」
電「こんな日は、何をしたらいいのでしょう。うん……?」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
響「出しな……てめ~の……キラー・クイーンを…………ッ」
暁「響方……仗助……ッ」
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

電「お、お姉ちゃんたちは何をしているのでしょうか? とても禍々しいオーラに包まれているのです」
雷「何をしてる、って聞きたそうな表情してんるからよぉ~ッ。電には特別に教えてあげるわァ!」
雷「私はおせっかい焼きの雷! もっと私に頼っていいのよ? 長距離遠征任務から電が心配でついてきてあげたわ!!」
電「雷ちゃんがいつもと喋り方が違うのです!! すごく頼りになりそうなのです!!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 20:57:15.20 ID:AcfYt5Lw0
雷「あれはジョジョごっこよ」
電「ジョジョごっこ?」
雷「ええ! 正式名称は『ジョジョの奇妙な冒険』というの。荒木飛呂彦先生の原作漫画で、人間讃歌がテーマである壮大な物語のことよ!」
電「そ、そうだったのですか。はわわわ、電は知らなかったのです! なんでも知ってる雷ちゃんは凄いのです!」
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
暁「レディー・クイーン!!」
響「ハラショー・ダイアモンド」
響「Урарарарарарарарарарарарара!!!」
暁「きゃあああああっ!!」
電「あ、暁ちゃんが突然吹き飛んだのです!!」
雷「瞬間早すぎて見えなかったわ!! 怒涛のスタンドバトルが行われたのよ! 響方仗助のスタンドは『ハラショー・ダイアモンド』! 傷ついた司令官の心をなんでも『治す』能力なのよ!!」
電「す、すごい能力なのです!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:03:33.58 ID:AcfYt5Lw0
響「……!? そんな、ハラショー・ダイアモンドの攻撃が当たってない……!?」
多摩「ニャアアア」
響「こ、こいつは……多摩草っっ!!」
暁「ふふふ、どうやら私のお腹に隠していた多摩草が役にたったようね! 多摩さんが攻撃されまいと、勝手になんか、その、響の攻撃を防いだのよ!!」
電「と、隣に立っていた多摩さんがいきなりジョジョごっこに割り込んできたのです!!」
雷「あれはあれでいいのよ! 原作に忠実な再現は、ジョジョごっごにおいて必須よ! さあ、一体これからどうなるのかしらっ!?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:12:00.40 ID:AcfYt5Lw0
暁「運はレディである私に向いているわね! さあ行くわよ、多摩さんがたまたま発射した『酸素魚雷空気』をレディー・クイーンが爆弾に変えてやったわ!」
多摩「にゃー」
電「はわわ、雷ちゃん、酸素魚雷空気ってなんなのです!?」
雷「つまりは、ただの空気よ! 普通の人には見えづらいかもしれないわね!」
響「な……なんてことだ、こいつは……ピンチだ……」
夕張「ひ、響ちゃんッッ! その空気をよけるのよーーっ! なんでもいいから防御してっ! そして後で感想聞かせてね!!」
電「こ、今度は夕張さんが登場してきたのです! どういうことなのです!?」
雷「これはあれよ。暁が生まれ変わって男になって妻と子がいてその子供が暁を追い詰めたメンバーでそれが夕張さんなのよ!!」
電「まるで意味が分からないのです!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:20:35.60 ID:B8WWApdt0

電「まるで意味が分からないのです!!」
これには同感、○○ごっこは当事者以外理解し難い。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:24:04.53 ID:AcfYt5Lw0
響「ぐ……ど、どうやら……もう力が……」
電「ああ! 響ちゃんが両膝をついたのです! まずいのです!」
暁「勝ったわッ! 私の“人生”は“最悪の時”いつもそうなのよ。『運』はこの暁吉影に味方してくれるんだわッ! なんといってもレディだもの!」
電「暁ちゃんがこれほどまでにない程勝ち誇った顔を浮かべているのです! 一体何が起こっているのです!?」
雷「暁は多摩さんと力を合わせて、透明な爆弾を響に放ったのよ! 夕張さんはスタンド能力がないし、このままだと響が爆発して死んじゃうわ!!」
電「そ、そんな! 誰か助けてくれないのですか!?」
響「……チラチラ……」
暁「……チラチラ……」
電「ん? ふ、二人ともセリフが止まったのです」
雷「これは……誰かに参加してほしい合図ね! ちょっと人数が足りないみたいだわ!!」

ガオンッ

電「はっ! 誰かが口で効果音を発したのです!!」
雷「あ、あれは!!」
隼鷹「いっつもよォー、不思議に思うんだよな~、あたしのスタンド“ザ・アルコールハンド”のが消しちまう酒の量をよぉ~ッ。ヒャッハー!!」
電「じゅ、隼鷹さんが突然意味不明なことを言い出したのです!」
雷「電、あれは隼鷹さんじゃないわ!! 億泰隼鷹よ!!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:34:20.47 ID:GQQ20ta2o

常に中毒でプルプルしてそうな亜空間やめろ

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:35:36.41 ID:AcfYt5Lw0
夕張「あ、あなたは……!」
暁「き……きさまは! 億泰隼鷹!!」
響「じゅ、隼鷹っ」
隼鷹「あたしよぉ。酔っぱらって寝てて夢を見たのさぁ」
隼鷹「突然飛鷹が出てきてね? 言うわけよ、あんたそろそろ酒を控えなさい、ってさ」
隼鷹「んで、やだやだやだぁ! って叫んでたら起きたんだよねー」
響「うるさいよ。生きてんならさ、さっさと目を醒ましてよ、ウラ~ッ!!」
電「泣いてる……あの響ちゃんが泣いてるのです!!」
雷「私も少々涙腺が弱くなってきたわ……隼鷹さんはアルコール中毒から復帰したのよ!!」
暁「くっ。だ、だけどもう一発多摩さん空気爆弾を発射すればレディには何も問題ないわ! よぉーし……」
ガオン
隼鷹「ヒャッハー!! 多摩はあたしがもらうぜえ!!」
多摩「にゃー」
暁「な、なんてこと!! 多摩さんが隼鷹さんのスタンドの、えーっと、ええっと……」
雷(ザ・アルコールハンド)ボソ
暁「アルコールハンドにとられちゃったわ!!」
電「雷ちゃんはやさしいのです!!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:45:23.16 ID:AcfYt5Lw0
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
「ねえ、あの爆発何だろね~」
「救急車や消防車も呼ばなきゃ~」
電「なんでしょうか? 電の後ろから色んな声が聞こえるのです」
北上「あれだけ爆発があったら気付くよね~。人が集まってきそうだよね~」
電「き、北上さん?」
雷「そろそろクライマックスだわ! 北上さんは一般人役を買ってでてくれたのよ! この最終場面は一般人がいないと成り立たないわ!!」
電「いつも駆逐艦うざいと言ってくれるあの北上さんが嘘のようなのです!!」
大井「┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ 」
雷「効果音はずっと大井さんがやってくれてたわ!」
電「なんて禍々しい音を発すのです! 緊張感ばっちりなのです!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:56:06.84 ID:AcfYt5Lw0
暁「そんな……そんな! 嘘よ! 暁吉影が、まさか……!」
夕張「暁ちゃん。あなたに味方する『運命』なんて……あなたが乗れるかどうかの『チャンス』なんて……」
夕張「今、ここにある“艦娘の心”に比べれば、ちっぽけな力なのよッ! 確実にここにある! 今確かにここにある『艦娘の心』に比べればねッ! そして後でこのセリフの感想聞かせてねッ!!」
電「ああ! せっかくのいいセリフが最後の台無しなのです!!」
雷「あとで夕張さんには説教ね!! さぁ、ここで誰が登場するのかしら!?」チラチラ
暁「夢よ……これは……夢よ。この私が追い詰められてしまうなんて……きっと、これは夢なのよ!!」チラチラ
響「……チラチラ……」
金剛「OH!! 響方仗助ボーイの、あの負傷は、大変デース!! 何があったデース!?」
電「こ、金剛さんが現れたのです!」
雷「電、違うわ! あれは金剛康一くんよ!! スタンドはエイコクーズ・ACT3よ!!」
電「とっても英国っぽいのです!!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 22:07:49.92 ID:AcfYt5Lw0
瑞鶴「既に闘いは始まっていたという事ね……ということは!」
加賀「こいつが、暁吉影」
電「ああ! もう色んな人が出てきてよくわからないのです!」
雷「あれは瑞鶴露伴さんと、空条承加賀さんよ! 二人ともまぁ、そうね、チート能力のスタンドを持ってるわ!!」
響「終わりだよ。暁……」
暁「くっ……まだよ、まだ終わらないんだからっ!!」
ガバッ
伊58「な、なんでち!?」
暁「近づいちゃダメよ!! この救急隊員だったゴーヤを爆弾に変えたわ!! レディー・クイーン・バイツァ・ダストよ!」
響「なっ……! 爆弾に変えて……人質だとっ!!」
雷「やばいわっ!! せっかく暁を追い詰めたのに、このままではまた、時が巻き戻ってしまう!!」
電「ど、どういうことなのです!?」
雷「なんかあれよ!! とにかく戻るのよ!!」
電「なるほどなのです!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 22:22:07.42 ID:AcfYt5Lw0
暁「フウウウウウウ~~~。わたしは子供のころ……レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」ってありますよね……あの絵……画集で見たときですね」
電「な、なにか突然語りだしたのです!」
雷「これが暁吉影の不吉たる所以よ!! 暁はすっごく手がすきなのよ!!」
伊58「な、なんなんでちか? ゴーヤ、オリョクル行かないといけないんでちけど……」
暁「いいから聞いて。あの「モナリザ」がヒザのところで組んでいる「手」……あれ……初めて見た時……なんていうか……その……下品なんですが……フフ…………」
雷「ああ!! 出るわ!! 名言が出るわっ!! 暁があの言葉を発してしまうッ!!」
響「ダ、ダメだよ暁……あの言葉だけはっ……」
多摩「にゃー」
夕張「言う!! 暁ちゃんがあの言葉をっっ!!」
大井「┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ 」
瑞鶴「この距離だとヘブンズ・アウトレンジも間に合わないわ!!」
金剛「私の無理ネー」
加賀「さすがに気分がオラオラします」
電「と、とっても気になるのです!! 暁ちゃんは一体どんな名言を言おうとしてるのです!!?」

提督「おーい、お前らー」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 22:27:41.20 ID:AcfYt5Lw0
暁「……」
響「……」
雷「な……!!」
電「し、司令官、さん?」
提督「うおっ。みんな揃って何やってんの?」
提督「そろそろ明日の作戦会議をしようと思ってるんだけど……」

加賀「……なんでもありません」
金剛「なんでもないネー」
瑞鶴「提督さんほんっと空気読めないよね」
多摩「にゃー」
隼鷹「酒かってきて提督」
夕張「ああもう。テンション下がるわー」
北上「んーまあなんていうの。こんなこともあるよね」
大井「完っ全に提督が悪いのよ……」
提督「え、ええ? なにこの空気」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 22:36:03.36 ID:AcfYt5Lw0
こうして、突如として始まった『ジョジョごっこ』は終わりを迎えたのです。
どうしても続きが気になった私こと電は、ジョジョの奇妙な冒険を全巻読破しました。
はわわわ、あのままだと暁ちゃんは、とんでもない言葉を発すところだったのです。
とはいえ完全にジョジョにハマってしまった私は、今ではよくお姉ちゃん達と一緒に『ジョジョごっこ』をしています。
雷「彼らのおかげで、私たちは生き残ったのよ。電」
電「うん。そうなのです」
電「熟練搭乗院さん、阿武ドゥルさん、伊良子さん」
電「終わったよ」


※絶賛放映中アニメの第四部のネタバレすみません。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 22:38:45.17 ID:kK8tEFlgo


元々原作は終わってるわけだしネタバレなにもいいんじゃないか?

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 22:43:18.27 ID:J7lSTUqMO

阿武ドゥルは反則やわw

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 23:04:38.53 ID:uLCGfHSxo


阿武ドゥルワロタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする