【艦隊これくしょん】朝潮 VS ひまわりの種

【艦隊これくしょん】朝潮 VS ひまわりの種

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467644164/

1 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/04(月) 23:56:05.29 ID:Rx83VoyZ0
~鎮守府~
朝潮「てぇあっ! たぁっ!」
提督「なぁ、朝潮」
朝潮「なんでしょうか司令官」
提督「えーっと。何してるの?」
朝潮「とあっ! やあっ!」
朝潮「ひまわりの種と、交戦しています!!」
提督「そうかー」
2 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/04(月) 23:58:01.77 ID:Rx83VoyZ0
朝潮「くっ、一発必中! 肉薄するわ!」
提督「お、おいおい。ひまわりの種にそこまでしなくても」
朝潮「司令官、一体何をおっしゃっているのですか!」
朝潮「相手はひまわりの種ですよ!?」
提督「いや、うーん、そうなんだが」
3 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:00:17.10 ID:OCwqfVb20
朝潮「ひまわりの種といえば、栄養価が高く、ハムスターの餌の代表です!」
提督「そうだね」
朝潮「その強敵を相手に、朝潮、油断などできません!!」
提督「油断というかなんというか、えーっと」
朝潮「司令官に感謝します!」
提督「感謝されることしてないんだけど……」
4 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:02:34.02 ID:OCwqfVb20
朝潮「司令官、それは実は、暗号か何かでしょうか?」
提督「え? 暗号?」
朝潮「も、もしかして、ひまわりの種と戯れる朝潮を……」
朝潮「朝潮を可愛いと思ってくれたのでしょうか!?」
提督「……あー、うん。朝潮はかわいいよね」
朝潮「はぁうぁうぅぅぅ……」
提督「え、なにこれほんと。ドッキリかなにか?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:05:01.52 ID:dfBEa9Uto

ナニコレ……あ…ああ…朝潮ちゃああああああああああああああああああああああああああああああん!!
7 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:05:42.98 ID:OCwqfVb20

朝潮「ドッキリとはなんですか! 朝潮は大真面目です!!」
提督「そ、そうか。ならいいんだが」
朝潮「たぁっ! とおっ!」
提督(朝潮が小さい一粒のひまわりの種の周りを走りながら、種に向かって主砲を向けている)
朝潮「バカですね。その先にあるのは地獄です!」
提督(ついに満潮のセリフまで使いだした)
朝潮「……司令官、なにか、朝潮になにか、言いたそうな顔をしていますね」
提督「え? まぁ、うん、言いたいことはたくさんあるよね」
8 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:08:17.70 ID:OCwqfVb20
朝潮「な、なんでしょうか? もしかしてそれは、朝潮のことを……」
朝潮「か、可愛いとか……思ってくれたり……?」
提督「えーっと。うん、か、かわいいよ? だけど他にも」
朝潮「はぁうぁうぅぅぅ……」
提督(頬を染めてめちゃくちゃ笑顔になっている)
9 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:12:54.18 ID:OCwqfVb20
朝潮「司令官!!」
提督「は、はい」
朝潮「このひまわりの種は、なぜか、この執務室に一つだけ、落ちていました!!」
提督「お、おう」
朝潮「秘書官である朝潮の目を掻い潜り、この執務室に侵入した輩なのです!!!」
提督「……そう、なのか?」
朝潮「絶対そうです!!」
朝潮「朝潮は司令官と過ごしたこの執務室の様子を、一日たりとも忘れることはありません!!!」
朝潮「ですから今日、このひまわりが執務室にあることは怪しすぎるのです!! この不法侵入したひまわりの種から!! 司令官を守り抜きます!!」
提督「朝潮は偉いなぁ」
11 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:15:38.96 ID:OCwqfVb20
朝潮「え、偉い? 今、偉いと仰ってくださったのですか?」
提督「ん? ああ、朝潮は、努力家で、偉いよなぁ」
朝潮「か、可愛い……ですか?」
提督「おう。可愛いぞ」
朝潮「はぁうぁうぅぅぅ……」
提督(本当に可愛いな)
12 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:19:39.67 ID:OCwqfVb20

朝潮「で、ですが、司令官!」
提督「ん?」
朝潮「朝潮、一つだけ、わからないことがあるのです」
提督「なんだ」
朝潮「このひまわりの種は、一体どこから侵入したのでしょうか……」
提督「えー……さあ、どこからだろうな」
朝潮「だって、確実に、昨日の夜には床に落ちていないのを確認していますし……」
朝潮「朝潮、すみずみまで部屋を掃除しているので、見落とすはずはありません!」
提督「いや別にひまわりの種くらい見落としてもさ、はは」
朝潮「司令官との大切な思い出がつまった執務室を、汚すわけにはいきませんから!!」
提督「朝潮は本当にいい子だなぁ」
13 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:24:13.43 ID:OCwqfVb20
朝潮「いい子……? 朝潮は、いい子ですか!?」
提督「ああ。いい子だ。将来お嫁にもらいたいくらいだ」
朝潮「あ、朝潮は! 将来と言わず! 司令官のためになら、い、いつでも……」
提督「……」
朝潮「なんて……」
朝潮「……すみません。こんな……子供が……司令官とだなんて……変なこと……」
提督「いや、気にするな」
提督「とりあえず、もうバレそうだから渡すよ」
朝潮「えっ」
提督「はい、ハムスターのオスメスとカゴセット。確か、朝潮型のみんなが欲しがってたろ?」サッ
朝潮「えっ。えっ」
提督「……改二祝いだ。よく頑張ったな。朝潮」
朝潮「司令官……!」
14 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:28:48.66 ID:OCwqfVb20
提督「結構繁殖が激しいらしいから、その点だけ気をつけてな。まぁ、朝潮に任せておけば大丈夫か」
朝潮「司令官……司令官っ……!」
朝潮「朝潮っ……! 嬉しいです、嬉しいですっ!」
朝潮「朝潮の生涯をかけて、大事にします!!!」
提督「あ、ああ。でも寿命も短いから、その間、大切に育ててくれれば良いよ」
朝潮「はいっ……!」
朝潮「えへへ……かわいいですね……!」
提督「……」
提督「なぁ。朝潮」
朝潮「?、はいっ」
提督「その。なんだ。ハムスターがもし死んで、寂しくなったら」
朝潮「……」
提督「オレんとこ来い。おまえを、嫁にしたいから」
朝潮「……はいっ!!」
15 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:32:28.46 ID:OCwqfVb20
提督「その頃にはお前も、大人になってるだろ」
朝潮「司令官……」
提督「いや、今でも大丈夫です、とか言うなよ。ただでさえ今でもロリコン扱いされるんだから」
朝潮「うふふ」
提督「……いつの日か。朝潮型はガチとか言われない日が来ると良いなぁ」
朝潮「司令官」
提督「ん?」
朝潮「朝潮は……これからもずっと」
朝潮「提督に、ガチです!!!」
提督「おー。オレもまーお前が好きだからガチだー。はっはっは」
提督「お前が大人になるくらいまでには、深海棲艦との戦い決着つけるかー」
朝潮「はいっ!!」
16 : ◆vkc4xj2v7k 2016/07/05(火) 00:33:47.80 ID:OCwqfVb20
艦!

※このSSはおーぷん2ちゃんねるにて出されたお題SSです。
※とてつもない拙作ですがお読み頂きありがとうございました。
※朝潮ちゃんかわいすぎませんかね
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:51:47.56 ID:DzPg4zEHO

改二でJKレベルにしか見えなくなって草
保険なのかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする