提督「艦娘って意外とみんな初心なのな」扶桑「はあ」【青葉・摩耶SS】

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409045863/l50

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:37:43.28 ID:BuFjOe4IO

提督「びっくりしたよ」

扶桑「はあ」

提督「この前如月を押し倒したんだが如月のやつ処女だったんだよ」

扶桑「……………………はあ?」

提督「この前入渠してすぐの如月に会った時にこう、いつも通りに意味深な言動をされたんだ」

扶桑「はあ」

提督「髪が濡れたり頬も火照っててさあ、いつもよりずっと色っぽいわけ」

扶桑「はあ」
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:39:35.65 ID:BuFjOe4IO

提督「駆逐艦とはいえ醸しだす色気とかヤバイし雰囲気とか大人っぽいじゃん?」

扶桑「はあ」

提督「そんな彼女が風呂上がりなわけだよ。無理だろう理性なんて吹っ飛ぶって」

扶桑「は、はあ」

提督「いつも誘ってるとしか思えないような発言したりセクシーに体に触ってきたりするもんだからやっぱさ、求められてるんじゃね?俺これ襲っちゃってもええんやね?ってなるじゃん?」

扶桑「………………………………はあ」

提督「俺だって男なわけだしさあ、据え膳食わぬは……とか言うつもりはないけどやっぱそっちの欲求は当然あるわけよ」

扶桑「…………はあ」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:40:01.78 ID:BuFjOe4IO

提督「でこう、ガッ……とね?更衣室に押し倒しちゃったわけよ」

扶桑「はあ………………はあ?」

提督「あ、勘違いすんなよ。別に更衣室って言っても覗いてたとかそんなわけじゃなくてたまたまだからな、たまたま」

扶桑「は、はあ」

提督「そしたらさあ如月のやつ突然慌てだしてさっきまで余裕で俺のことからかってきてたのに顔真っ赤にして『し、司令官!?』とか言うわけよ」

扶桑「はあ」

提督「……こっちがびっくりだよ。まさかそんな反応されるとは思ってなかったもんそんな初心だとは思わないじゃん」

扶桑「………………………………はあ、空はあんなに蒼いのに」

提督「外みてみろよ雨降ってんぞ」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:41:06.89 ID:BuFjOe4IO

扶桑「………………提督、その…………如月ちゃんとはその後どうなさったんですか?」

提督「ん?ああえーと…………まあわかり辛いかもしれないんで初めから話すな」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「うーん、艦娘の数も増えたから入渠ドックの数増やさないとだめかな」

提督「更衣室のロッカーも見るからに少ないしなあ風呂の改築するかあ……」

ガラリ

如月「あら?司令官どうしてこんなところに?もしかして…………覗いてた……とか?」

提督「んあ!?いたのか如月!す、すまんすぐに出るから…………」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:42:03.77 ID:BuFjOe4IO

如月「言ってくださればいつでも見せてあげるのに………………司令官にだけ、と・く・べ・つ・に、ね?」

提督「からかうなよ…………風呂の改築どうすっかなと思って直に見にきただけだ。すまんな、いるとは思わなくて……すぐ出ていくよ」

如月「もー私の体そんなに魅力ないかしら……お肌には気を遣ってるんだけどなあ……」スッ

提督「ばか、タオル取ろうとするな!見える!見えるいろいろ!」

如月「ふふ、司令官ったらかわいい…………このままお背中お流ししましょうか?」

提督「え?いいの?…………って違う違う!俺出ていくから!あんまり大人をからかって…………」

提督(ゴクリ)

如月「えー私はいつでも大丈夫ですのに…………じゃあまた今度、二人でね?」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:42:34.88 ID:BuFjOe4IO

提督(濡れた美しい髪をかきあげる仕草、熱い瞳、脳みそを溶かす声…………)

提督(いいんじゃね、いいんじゃね、いいんじゃね、抱いても)

提督(いやだめだろ!なに考えてんだよ!ばかか俺は!)

如月「あ、やだタオルがほどけちゃう…………」ハラリ

提督「あ、無理だこれ」

如月「へ?ふぁ、きゃあ!?」カバア

提督「ん……如月、キスするぞ」

如月「ふぇ?え、ええ!?司令官!?や、ん!」

提督「…………え」

如月「ん!んー!だめです司令官!や、やあ…………」プルプル

提督「」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:44:42.31 ID:BuFjOe4IO

提督「あのー如月さんえーと……その……す、すいませんした」

如月「んえ!?そ、そんな司令官わ、わ、わたし覚悟はできてますふぁ!」

提督「噛んでるぞ……いやもしかしておまえ…………経験、なかったのか」

如月「け、経験なんて、もう!司令官のばかあ!」

ガラリ

睦月「およ?あれーなにしてるんですか二人とも!」

提督「」

如月「」

睦月「如月ちゃんどうしたの?大丈夫ー?」

如月「え、ええ!大丈夫よ司令官に転んだところを助けてもらったの!」

睦月「お、およ?」

提督「おう!睦月!間宮さんのアイス食うか!」

睦月「え!いいんですかぁー!ラッキーなのね!」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:45:12.52 ID:BuFjOe4IO

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「こんな感じだ」

扶桑「…………はあ」

提督「その後からさ…………如月が顔合わせるたびに真っ赤になって逃げるんだよ」

扶桑「はあ…………」

提督「………………嫌われたのか」

扶桑「…………まあ大丈夫なのではないですか?その辺りは如月ちゃんもわかっていると……」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 18:47:37.79 ID:BuFjOe4IO

提督「でも前みたいにやたら抱きついてこなくなったし……報告も睦月に代行させるようになったし……避けられてるよ俺……」

扶桑「……………き、きっと恥ずかしがっているんですよ」

提督「どちらにしても如月との間に距離ができてしまった………………」

扶桑「きちんと如月ちゃんに謝ってみては……?如月ちゃんも自分にも非があることはわかっているでしょうし」

提督「そうだな……そうするよ。ありがとう扶桑」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/26(火) 18:58:56.14 ID:pRmHvXwAO

睦月ともヤるんだ!

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 19:12:16.66 ID:5JWziu5ao

扶桑が登場してるとは珍しい

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 20:16:08.20 ID:5HT8KEsto

扶桑スレに見せかけた如月スレなのか
どちらにしても俺得

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:37:55.01 ID:QxsknCTAO

ーーーーーーーーーーーーーーー

提督「摩耶って意外と初心なのな」

扶桑「はあ」

提督「いや初心っていうか……あれはどちらかというと臆病……いやちょっと違うか……純粋……?って感じか」

扶桑「はあ」

提督「いやあさ、摩耶ってかなり罵倒してきたりからかってきたりするじゃん?」

扶桑「はあ」

提督「初めこそ嫌われてんのかと思ったけどすぐ気づいたよ超フレンドリーな姉御肌的な子なんだと」

扶桑「はあ」

提督「俺も士官学校時代の友人みたいに触れ合えて楽しかったんだけどさ、変に気を遣ったりしないし遠慮のいらない友達みたいで」

扶桑「はあ」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:39:02.17 ID:QxsknCTAO

提督「でもこう、やっぱ俺って司令官なわけよ。一応鎮守府でも一番偉いわけよ」

扶桑「は、はあ」

提督「さすがに……馴れ馴れしすぎるんじゃなかろうか、と」

扶桑「はあ」

提督「あ、もちろん悪い意味じゃないぞ。さっきも言ったけど摩耶の絡みすごい好きだし、戦果も上々でその点も信頼してるし」

扶桑「はあ」

提督「でもやっぱあそこまで隔てないと上官としてね、いささかこう、プライド的なものがね、俺そんなに尊敬されてないのかな?的なね」

扶桑「はあ」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:40:12.35 ID:QxsknCTAO

提督「だから言い方は悪いけど、立場をわからせてやろうぬふふ、って感じで一発ドッキリで当たってみたわけよ」

扶桑「はあ」

提督「具体的にはいつも通りに絡んできた摩耶を一気にバァン!と」

扶桑「はあ……………………はあ?」

提督「いわゆる壁ドンしたわけよ」

扶桑「……はあ」

提督「壁ドンって言っても隣人に注意するやつじゃないぞ、最近流行りのやつな」

扶桑「は、はあ」

提督「………………そしたらさ、存外怯えちゃって……なにしてんだろ、俺」

扶桑「………………………………はあ、空はあんなに蒼いのに」

提督「外みてみろよ雷までなってんぞ」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:41:23.86 ID:QxsknCTAO

扶桑「あの……提督の説明が大雑把で状況がわかり辛いのですが……」

提督「え、そんなに俺説明下手か?」

扶桑「はい……申し訳ありません」

提督「えーと、…………じゃあ最初から話すわ」

ーーーーーーーーーーーーーーー

摩耶「おーっす提督!」バシッ

提督「いってっ急に叩くな…………!」

摩耶「今日の戦果も完璧だぜ!摩耶様にかかれば楽勝楽勝!」バシッバシッ

提督「…………はあ……おい摩耶」

摩耶「ん?どうしたっーーーーー

グイッ

摩耶「んあ!?」

ドン!

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:42:04.00 ID:QxsknCTAO

摩耶「んっ!?えっ、提督…………?」

提督「摩耶…………今までずっと思ってたんだが」

摩耶「ひっ、ちょ、提督近けえって!離れろバカ!」

提督「…………俺はこれでもおまえの上官で、一人の男だぞ?」グイッ

摩耶「て、提督……?」

提督「いつもそんな無防備に接してくるけどさ、あんまり俺を舐めてると…………」

摩耶「…………え?あ、あの」

提督(やっべ次のセリフ思い浮かばねえ)

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:43:41.28 ID:QxsknCTAO

摩耶「て、提督…………その……近い」

提督(とりあえずもうちょい近づいて圧力かけて誤魔化しとこ)スッ

摩耶「っ!」ビクッ

提督「……え、ちょ、そんな怯えなくても」

摩耶「っ!///」カアア

摩耶「ばっかじゃねーの!?ビビってねーよクソが!」

提督「……あ?」ガシッ

摩耶「んっ……腕掴むな、って……やめろバカ!」

提督「おい摩耶……いくらなんでもこうなったら抜けられないだろ」

摩耶「…………お、おまえ意外と力強いんだな……」

提督「そりゃ俺だって男だからな……少しは意識しただろ(上官として)」

摩耶「……う、うん」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:44:29.92 ID:QxsknCTAO

摩耶「えっと、その……提督……アタシ……」

提督「なーんちゃってー」パッ

摩耶「……は?」

提督「ほらもう行け。例え一応だとしても目上の人間舐めてるとこんなことなるかもしれんぞー。接し方もちゃんと覚えろよー」

摩耶「う、うっせーばっかクソが!ウザいんだよばーか!///」ダダダ

提督「ああ!くそ……言ったそばからあいつ……」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:45:32.57 ID:QxsknCTAO

ーーーーーーーーーーーーーーー

提督「……………………」

扶桑「……………………」

提督「説明しながら思ったんだけどさ」

扶桑「……これは」

提督「完全に、迫ってる感じになってるな」

扶桑「……本当にこれで上官としての威厳が出ると思われたんですか?」

提督「言うなよ……思いつきでその場のノリでやったことだから」

扶桑「それにしても……これは摩耶さんに対してあんまりでは……」

提督「完全にセクハラだなこれ」

扶桑「…………謝ってきてください」

提督「そうだよな……やっべえなこれ」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 23:24:21.60 ID:UgwoTcMu0

麻耶様はやっぱり素晴らしいなぁ

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:15:41.75 ID:kAG3XZ2uO

ーーーーーーーーーーーーーーー

提督「扶桑の言う通り如月と摩耶に謝ってきた」

扶桑「はあ」

提督「……なぜか如月のスキンシップが前より増えた」

扶桑「は、はあ」

提督「摩耶はなぜか顔合わせるたびに真っ赤になってテンパるし」

扶桑「はあ」

提督「…………これでよかったのかな、なんか越えてはいけない一線を越えたような……」

扶桑「……………………はあ」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:16:28.68 ID:kAG3XZ2uO

提督「というか如月のスキンシップが割とシャレにならないレベルなんだけど」

扶桑「はあ」

提督「椅子に座ってたら上に乗ってくるし食事してたら『あーん』ってやってくるし風呂入ってたらタオル一枚で入ってくるし朝起きたらベッドの中にいるし」

扶桑「はあ」

提督「…………如月の体、柔らかいんだよなあ……」

扶桑「…………………………」

提督「…………………………」

扶桑「はあ」

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:17:30.78 ID:kAG3XZ2uO

提督「摩耶は表面上はいつも通りなんだけどなんかいつも顔が真っ赤だし。こう……会話だけじゃなくて肉体的な意味でも絡んでくるようになったし」

扶桑「……はあ」

提督「腕に絡みついてきたりしてさ……胸がね……柔らかいんだよなあ……」

扶桑「…………………………」

提督「…………………………」

扶桑「はあ……空はあんなに蒼いのに」

提督「さっき晩酌付き合ったろうがもう真夜中だぞ」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:19:19.69 ID:kAG3XZ2uO

扶桑「…………なぜこんな深夜まで執務を?普段ならもう眠っている時間では?」

提督「…………あー、うん」

扶桑「如月ちゃんと摩耶さんのことですか?」

提督「…………それがな……扶桑、顔動かさずに目線だけ窓に向けろ。一瞬だぞ」

扶桑「は、はあ……」チラッ

青葉「…………………………………………………………………………………………」ジー

扶桑「……………提督、梅昆布茶のおかわりは如何ですか?」

提督「見なかったことにするのやめろ」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:19:56.37 ID:kAG3XZ2uO

扶桑「……どうなさったんですか」コポポポポ

提督「あーお茶おいしいナー……」ズズズ

扶桑「またなにかされたんですか……?」

提督「いや俺にも悪気があったわけじゃ……こんなことになるなんて……怖い」

扶桑「今までだってそうでしたよね……」

提督「いやあさ、青葉にね、見られてたのよ摩耶に迫ったところ」

扶桑「……それとあの」チラッ

青葉「…………………………………………」ベター

扶桑「……青葉さんとどう関係が?」

提督「………………正直俺もよくわからん」

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:22:28.20 ID:kAG3XZ2uO

ーーーーーーーーーーーーーーー

青葉「司令官さん青葉見ちゃいましたー!」バーン

提督「のうわ!ノックくらいしろ青葉!」

青葉「およよ~?いいんですかねえー司令官、そんな態度でー?」

提督「金は払っただろ……さっさと扶桑の寝顔写真集よこせ」

青葉「違います!『ドキドキ!扶桑姉様のおやすみ特選写真集!~今宵の枕はあなたのはあと~』です!」

提督「誰だよそんな馬鹿な名前つけたやつ……名前はどうでもいいから現物をよこせ」

青葉「むふふー、これを見てもそんな減らず口が叩けますかあ~?」ピラッ

提督「あ?なんだよそのしゃし……ん」

青葉「青葉見ちゃいました!摩耶さんを今にも喰らわんとする邪な雄の姿を……しかと!このフィルムに!収めちゃいましたー!」

50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:23:44.98 ID:kAG3XZ2uO

提督「な、なん、どどど」

青葉「これを艦隊のみんなにばらまけば司令官の信頼は地に落ちますよー?大変ですねえー?」

提督「ぬわああ!違う!それはそういうやましい場面じゃねーから!ちょっとしたシャレだから!」

青葉「そんなの関係ありません!事実とはマスコミの元で作られてゆくものなのです!」

提督「おまっおまっ……わかった!わかったあ!写真集に二倍の値段払う!それで勘弁してくれ!」

青葉「えー?よく聞こえませんね~」

提督「……三倍!三倍払う!」

青葉「こーしょーせーりつ!ですねー、はいどうぞー摩耶さんがデレデレ状態のお宝写真です」ペイッ

提督「くっそ……足元見やがって……」

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:24:19.25 ID:kAG3XZ2uO

青葉「……ふふふ、実はフィルムは残っているのでいくらでも現像可能なんですけどね」

提督「……なに?」

青葉「これこそがその問題のフィルム!今なら写真集五倍で手を打って差し上げまーーーーー

提督「オラァ!よこせそいつ!」ガバァ

青葉「のうわ!」

どさっ

青葉「し、し、司令官さん離してくださいー!」

提督「いい加減怒ったぞ!さっさとフィルムよこせ!」グイッ

青葉「ふおっ!ダメですせっかくのスクープを手放すわけには!」

もにゅ

青葉「ひゃうっ!///」

52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:26:16.17 ID:kAG3XZ2uO

提督「…………ん?」

青葉「ふぁっ……ちょ、どこ触って……ん///」

提督「……あ、あーすまん」

青葉「すまんですんだら憲兵なんていりません!」

提督「と、とにかくそのフィルムはもらっておくからな」グイッ

青葉「ふあっ!だからどこ触ってるんですかー!///」ゲシッゲシッ

提督「いでえいでえ!」

青葉「うう……青葉貞操の危機です……血も涙もない司令官に純潔を奪われてしまうんです……」

提督「人聞きの悪いことを言うな!」

青葉「別に本気で脅してやろうなんて考えてなかったのに……じょーだんだったのに……司令官のケダモノ……」

提督「え、冗談だったの?」

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:26:47.84 ID:kAG3XZ2uO

青葉「ほ、本気なわけないじゃないですか!青葉をなんだと思ってるんですかあ!」

提督「…………わ、悪かったよ本気にして」

青葉「とにかく!離れてくださいー!///」

提督「…………」

青葉「……あ、あれ……?司令官……?」

提督「青葉……」

青葉「は、はい」

提督「すまん、もう少しこのままで頼む」

青葉「え、ええ!?何考えてるんですか!」

提督「え!?いや、その……あ、青葉って意外といい匂いするんだな、ワハハ」

青葉「うえ!?意味がわかりません!さっさとどいてください!」ポカポカ

提督「ぐおっ!肘が!」ガクン

青葉「ひゃああああああ!///」ギュー

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:27:55.64 ID:kAG3XZ2uO

提督「うわ!悪い青葉!」

青葉「もう!意味が……意味がわかりません……あうう…………うええ」ポロポロ

提督「あ、青葉!?」

青葉「違うのに……青葉こんなことがしたかったんじゃなかったのに……」ポロポロ

提督「すまん、本当に悪かった。すぐ離れるからーーーーー

青葉「グス……ま、待ってください!」ギュー

提督「青葉……?」

青葉「嫌じゃ……嫌なわけじゃないです……」ギュー

提督「え、ええ……?」

青葉「ぐす…………司令官、青葉のことそんなに嫌いですか……?」

提督「そんなわけないだろ。一緒に馬鹿やってると楽しい」

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:28:22.50 ID:kAG3XZ2uO

青葉「………………青葉の匂い、いいですか?」

提督「ま、まあ」

青葉「………………そうですか。そう……ですか…………えへへ」

提督「あれ?状況が見えない」

青葉「…………えへへ///泣いたらなんだかもう、どうでもよくなっちゃいました」

提督「あのー青葉さん?」

青葉「いいですよ司令官、青葉はもう迷いません」

提督「……」

青葉「青葉、本当は摩耶さんがうらやましかったんです。司令官といつも友人みたいに触れ合ってるのにいつの間にこんなに近づいてたんだろうって…………最後まで見てたら青葉の勘違いだったんですけどね」

青葉「青葉、正直司令官は青葉のことなんとも思ってないと思ってたんです。いつも扶桑さんと一緒ですし青葉と話す時は楽しそうではあっても異性に接するそれではありませんでしたから」

青葉「青葉、ずっと我慢してたんです。司令官とお話したり遊んだりするのが楽しかったから。それだけでも満足してたから。だけど青葉はもう我慢しなくてもいいんですよね。司令官が青葉を少しでも意識してくれたから」

提督「あ、青葉……」

青葉「だから、ずっと青葉は司令官を見ています……ね」

56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:28:56.90 ID:kAG3XZ2uO

ーーーーーーーーーーーーーーーー

扶桑「………………それで何で窓の外であんな状況に?」

青葉「……………………………………………………………………………………………………………………」ジー

提督「わからん……」

扶桑「なんですぐ青葉さんの上からどかなかったんですか?」

提督「いや……普段意識してなかった子が突然可愛く見える現象って直接来るんだよ、どことは言わないけど」

扶桑「はあ……よくわかりませんが」

提督「立ち上がってるせいで立ち上がれないときがあるんだ。気にしなくていい」

扶桑「………………それよりも、私の写真というのは……」

提督「……そんなこと言ったか?」

扶桑「……」

提督「い、いやーなんのことやら……」

扶桑「………………言ってくだされば、一緒に眠るくらい構いませんのに」ボソ

提督「え?」

扶桑「なんでもありません……」

57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 14:32:24.39 ID:fjg7d1GkO

この扶桑ひどく不幸だw

64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/30(土) 17:44:12.83 ID:8P8X8ZqDO

青葉から目のハイライトを消そう

67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:34:11.70 ID:XQ+eGdC8O

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「愛宕って意外と初心なのな」

扶桑「はあ」

提督「愛宕に耳かきしてもらった時にさ」

扶桑「はあ」

提督「こう、ついついイタズラ心が湧いてしまって……俺もさ?男じゃん?しかたないと思うわ。だって愛宕だぜ?」

扶桑「………………はあ」

提督「あんな女らしい柔らかい体に世界で一番近づいてるわけだもん」

扶桑「……………………」

提督「愛宕のお腹に顔埋めたんだよ」

扶桑「……………………はあ」

提督「……扶桑さん、なにか怒ってらっしゃいません?」

扶桑「……はあ」

68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:35:58.55 ID:XQ+eGdC8O

提督「……で、まあ愛宕も人相応に照れるんだなあと。いつも俺より一枚上手だからなんか興奮してな」

扶桑「はあ」

提督「…………ちょっとやりすぎちゃった」

扶桑「はあ………………」

提督「まあそこはさすが愛宕というか結局イチャイチャしただけだったわ」

扶桑「…………………………はあ、はあ」

提督「……やっぱりなんか怒ってます?」

扶桑「はあ……空はあんなに蒼いのに」

提督「それ言ってればおもしろいとか思うなよ?」

扶桑「…………」

提督「…………」

69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:37:32.89 ID:PReo15DEO

提督お前いつかぶん殴られるぞw

70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:39:08.43 ID:XQ+eGdC8O

扶桑「はあ……それで……何があったんですか?」

提督「あ、聞きたい?聞きたい?」

扶桑「……」

提督「悪かった、調子乗って悪かったから無表情で熱湯入った急須を振りかぶるな」

扶桑「はあ……聞いてほしいなら初めからそうおっしゃってください」

71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:39:46.65 ID:XQ+eGdC8O

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛宕「はーい提督?右耳は終わったから反対向いてくださーい」

提督「おう、よっこらせ……」ゴソゴソ

愛宕「あっ、立たなくていいのよそのままごろーんって回って?」

提督「いいの?顔が愛宕に向くけど」

愛宕「あら?提督もしかして恥ずかしがってます?わたしは構いませんけど」

提督「いやいや恥ずかしくねえし。全然大丈夫だし。それより愛宕は大丈夫なのか?膝疲れない?」

愛宕「うふふ、わたしは大丈夫よ。ほら早くこっち向いて?ごろーんって、ね?」

提督「おうし……」ゴソゴソ

72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:40:17.44 ID:XQ+eGdC8O

愛宕「提督ったら本当に小さな子供みたい……かわいいんだからもう」

提督「……あー愛宕の膝枕めちゃくちゃ気持ちいい」

愛宕「うふふ、じゃあ左耳も耳かきするわよー?」

提督「ん……」

愛宕「……やっぱり結構溜まってるわねー。ちゃんと自分でもやらないとダメよ?」

提督「一度誰かにやってもらうとどうしてももったいなく感じてしまってな」

愛宕「はいはい、言ってくださればいつでもしてあげるわよ?……あ、でも毎日はダメよ、やりすぎても耳によくありませんから」

提督「えー……」

73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:42:03.07 ID:XQ+eGdC8O

愛宕「あ……動かないでくださいね……そーっと……そーっと……」カリカリ

提督(うわっめっちゃ気持ちいい)

愛宕「…………あ、取れたわよ提督。大きかったから気持ちよかったでしょう?」

提督「本当に愛宕は耳かきが上手いな……」

愛宕「ふふ、ありがとうございます……さ、提督?耳かき終わったわよ」

提督「んー、もうちょっとこのままでいたい……」

愛宕「あらら、提督ったら本当に甘えんぼうさんね……じゃあ、もう少しこうしていましょうか」

74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:42:36.51 ID:XQ+eGdC8O

提督「あー、愛宕ってすごいいい匂いするな」

愛宕「もー恥ずかしいからそういうこと言わないの」

提督「んあーやわらけー」ギュー

愛宕「あ、やんっもう……こっちからも、ぎゅーっ」ギュー

提督「ああ……幸せ」

愛宕「ふふっ、ほら提督?もっと近づいてもいいのよ?」

提督「あーもう、このまま寝てしまいそう……」

愛宕「うふふ、じゃあわたしが添い寝してあ・げ・ーーーーーーーーー

扶桑「待ってください」

75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:44:50.69 ID:XQ+eGdC8O

提督「お、おうどうした扶桑。ここからがいいとこーーーーー

扶桑「気持ち悪いです」

提督「えっ」

扶桑「気持ち悪いです」

提督「…………扶桑さん、なんか怒ってらっしゃいます?」

扶桑「いいえ」

提督「怒ってるだろ」

扶桑「いいえ」フイッ

提督「おーい悪かったからさ……機嫌直してくれよ」

扶桑「怒ってませんから。愛宕さんと昼から夜戦してればいいじゃないですか」

提督「い、いやそんな関係じゃないし……今までも愛宕とそういうことしたことないから……」

扶桑「知りません。山城と食事の約束があるので失礼します」

提督「そ、そうか……」
提督「……あんなにハキハキ喋る扶桑初めて見た……」

76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 18:50:24.67 ID:+6DalF6S0

当たり前だよなぁ

83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:04:01.19 ID:1DuaJJnMO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「長門って意外と初心なのな」

扶桑「はあ」

提督「いつも勇ましく活躍してうちの艦隊でも頼りになる姉御ポジションじゃん」

扶桑「はあ」

提督「でもやっぱ長門も女なんだな」

扶桑「はあ」

提督「あんなにかっこいい長門が照れてるのなんてこう、なんともいえない興奮を覚えるよな」

扶桑「はあ」

提督「あーまた食べたいなあ長門の焼きそば」

扶桑「はあ………………」

84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:04:38.50 ID:1DuaJJnMO

提督「カレーもいいけどたまには違うもの食べたくなるよな。ウィンナーたっぷりの焼きそばがなぜか急に食べたくなってな」

扶桑「はあ」

提督「長門が作ってくれたんだよ」

扶桑「はあ」

提督「でまあ、その時の長門がかわいいことかわいいこと」

扶桑「はあ……」

提督「やっぱビッグセブンなだけはあるな。普段からは感じられない女の子っぽさで脳が溶けそうだったわ」

扶桑「……はあ、空はあんなに蒼いのに」

提督「カレーも作ってもらおうかなあ。結構うまいんだよなあ」

扶桑「………………」

提督「ん?どうした?」

扶桑「いえ……なんでも……ありません」

85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:05:21.74 ID:1DuaJJnMO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長門「できたぞ提督。望みの焼きそばだ」

提督「うおー!ウィンナーは?ウィンナーは入ってるのか!?」

長門「子供じゃないんだから落ち着け。ウィンナーなら入れすぎたんじゃないかって程入れてやったぞ感謝しろ」

提督「よっし!いただきます!」

長門「ああ、好きなだけ食うといい。自信作だからな」

提督「っん、うまい!」

長門「ふふっ、当たり前だ。なんたってこの長門が作ったのだからな」

86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:05:47.07 ID:1DuaJJnMO

提督「ああ、最高だぞこの焼きそば!よっ、ビッグセブン!」

長門「ははは、よせ提督。褒めても何も出ないぞ」

提督「いよっ、料理上手!大和撫子!エプロン美人!」

長門「……そ、そこまで言われると少し恥ずかしいな」

提督「いやー!長門って意外とかわいいエプロンつけるんだなー!似合ってるぞヒヨコのエプロン!」

長門「べ、別にいいだろう。たまたまこれしかなかったんだ」

提督「毎日でも食べたいなー!長門の料理は暖かいな!家庭的な女の子って素晴らしいよな!」

長門「お、女の子……」

提督「しかも長門って筋肉ありそうなのに実はすごく柔らかいんだよな!抱き心地最高なんだよな!」

長門「な、何を言い出すんだ!この馬鹿者!」

87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:06:22.43 ID:1DuaJJnMO

提督「照れるなって本当のことだろう?長門みたいな嫁さんもらえたら幸せだろうなー」

長門「くっ、し、知らん!食った後はそこに置いとけ!私はもう行くからな!」

提督「あっ、ごめん長門!怒ったなら謝る!」ガシッ

長門「ひゃっ!」///

提督「ん?」

長門「い、いや……別に怒ってなど……ない」

提督「そうか。なあ、せっかくだから一緒に食おう。長門と一緒に食事がしたい」

長門「……しかたないな。そこまで言うなら共に食事してやる」

提督「……やっぱ長門はかわいいな」

長門「う、うるさい!」

88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:12:31.73 ID:1DuaJJnMO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「あーまた食べたいなあ」

扶桑「……提督、これはわかってやってますよね」

提督「ん?当たり前だろ。長門は真面目すぎて意外とからかいがいがあるからな」

扶桑「……はあ。本当に……悪い人ですね……」

提督「はっはっはっ。褒めても何も出ないぞ」

扶桑「はあ………………それより」

提督「……ん?どうした怖い顔して」

扶桑「長門さんの抱き心地……というのはどういうことですか?」

提督「長門に突然抱きつくと甲高い声あげてめっちゃくちゃ照れるんだよ。んで顔真っ赤にしながら『い……いや、嫌いでは……ない』なんて言いながら顔を胸に埋めてきたりして………………………どうした扶桑、怒ってないか?」

扶桑「………………………………」

提督「………………………………」

扶桑「…………………………はあ」

89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:14:56.88 ID:1DuaJJnMO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

提督「古鷹って意外と初心なんだな」

扶桑「はあ」

提督「やっぱあの純情な感じは初心!って感じだ」

扶桑「はあ」

提督「というかあれはチョロいってレベルだな」

扶桑「はあ」

提督「根がいい子だから俺の言ったことをきちんと反芻してくれる」

扶桑「……はあ」

91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:16:08.70 ID:1DuaJJnMO

提督「というか重巡のいいところはもう知ってるから古鷹のことをもっと知りたいよな」

扶桑「はあ」

提督「この前の出撃で古鷹がMVPとったからさ。もうそれはそれは褒めてやったんだ」

扶桑「はあ」

提督「なのに謙虚に重巡であることをアピールしてくるんだぞ。これからも重巡をよろしくお願いしますって」

扶桑「はあ」

提督「もうなんともいえない愛おしさを感じてな。古鷹っていい子だなあ」

扶桑「はあ」

94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:21:57.34 ID:1DuaJJnMO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古鷹「提督。第一艦隊、無事に帰投しました」

提督「お疲れ様、古鷹。MVPおめでとう」

古鷹「えへへ、ありがとうございます。これからも重巡洋艦を重用してくださいね」

提督「ああ、もちろん。でも今回は古鷹自身の戦績だろ?重巡だから、じゃなくて古鷹だからとれたMVPだ」

古鷹「いいえ、重巡洋艦であってこその私ですから。それに艦隊のみんなの援護が無ければとても私なんて」

提督「……わかった。そこまで言うならいかに古鷹がいい子なのか語り尽くしてやる」

古鷹「えっ?」

提督「まず何よりもその献身っぷりだろ。自分のことより仲間のことを思いやる気概」

古鷹「えっ、ちょ、ちょっと」

95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:22:53.50 ID:1DuaJJnMO

提督「優しくて仲間思いで重巡洋艦としての誇りを持って俺の期待に応えてくれる」

古鷹「やっ、やめてください!」///

提督「普段はほんわかしてるのにいざという時はきちんと人を叱れるくらい真面目で」

古鷹「も、もう!いいですって!」///

提督「しかもなによりかわいい」

古鷹「もう!わかりましたからあ!」///ポカポカ

提督「ワハハ、きかんわ」

古鷹「うう……なんなんですかあ……」

提督「でも今言ったことは本当のことだぞ。俺だけじゃない、艦隊のみんなだってそう思ってる」

古鷹「……それは、その……」

提督「俺は古鷹に重巡のいいところをたくさん教えてもらったからな。これからは古鷹のことをもっとたくさん教えてほしい」

古鷹「…………えへへ、わかりました。ありがとうございます」

96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:23:24.40 ID:1DuaJJnMO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

扶桑「…………普通のいい話ですね」

提督「まあ……そりゃそうだろ」

扶桑「てっきりまたセクハラするのかと……」

提督「いやまるで俺がいつもセクハラしてるみたいな言い方するのやめてくれ」

扶桑「えっ」

提督「えっ」

扶桑「まあ……古鷹さんにまで被害がでなかったのはよかったです」

提督「いやだから俺の評価どうなってんの?扶桑の中で俺はどんなイメージなの?」

97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:32:47.27 ID:1DuaJJnMO

扶桑「はあ……そのうち刺されてしまいますよ。あまり女性にうつつを抜かしていると」

提督「ああ、それなら大丈夫だ。俺が一番好きなのは扶桑だし」

扶桑「はあ………………………………」

扶桑「……………………え?」

提督「…………俺と、ケッコンしてほしい。指輪は用意してある」パカ

扶桑「………………は、はあ、空はあんなにーーーーー

提督「ああ、すごく蒼い。プロポーズには最高の日和だ。これからもずっと俺のそばにいてほしい」

扶桑「………………如月ちゃんを押し倒したり摩耶さんにセクハラしたり青葉さんとじゃれあったり愛宕さんに添い寝してもらったり長門さんを口説いたり古鷹さんを異常に気に入ってる人とですか?」

提督「う……いや、好きな人の気を引きたい的な……ね?結局裏目に出てたけど」

98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:35:24.67 ID:1DuaJJnMO

扶桑「はあ……もう少し雰囲気に気を使ったりできないんですか?」

提督「……すまん」

扶桑「………………………………提督のお気持ち、受け取りました。お受け致します」

提督「っ!」

扶桑「私が見ていないと、提督はダメですからね」

提督「……ありがとう」

扶桑「……い、いえ。お礼を言われるようなことでは」

提督「ところで…………なあ、扶桑。ずっと言おうと思ってたんだけどさっきから顔真っ赤だぞ」

扶桑「っ……っ!!」カアア

提督「結局一番初心なのは扶桑なのな」

扶桑「もう……!」

99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:37:28.79 ID:1DuaJJnMO

提督「ほらこっち向いて、さっきから一度も目を合わせてないぞ」

扶桑「他の女性との触れ合いを自慢気に話す人のことなど知りません」フイッ

提督「……すきあり」ギュー

扶桑「ひゃっ!き、急に抱きしめないでください」

提督「やっとこっち向いた。扶桑を抱きしめるのは初めてだな」

扶桑「………………本当に、最低な人です提督」

提督「それはごめん」

扶桑「……それでも」

提督「……それでも?」

扶桑「お慕い…………お慕い申しておりまーーーーー

山城「失礼致します、提督。姉様はこちらにいらっしゃいますか?お茶のやくそ……………………」ガチャ

提督「」

扶桑「……………………」

山城「………………あ、ああ、なんてこと……不幸、不幸だわ……」ガチャ

扶桑「…………山城のもとへ行ってきます」

提督「……ああ、わかった」

100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:38:29.26 ID:1DuaJJnMO

扶桑「提督、私がいなくとも不貞はもう、許しませんからね」

提督「もちろん。また今夜な」

扶桑「今夜って…………も、もう!気が早すぎます!」

提督「え?いや食事でもと思って……」

扶桑「っ……っ!!」///カアア

提督「まあ……そっちのほうも許してくれるなら是非……」

扶桑「知りません!」ガチャ

バタン

提督「……さてと、俺は書類の残りやるか。夜までには終わらせとかないと、な」

101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 19:39:30.47 ID:1DuaJJnMO

終わり
なんか無理矢理な感じになった
書きたいこと纏めてからスレ立てたほうがいいねごめんね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする