【鈴谷・春雨】夕立「時雨とは仲良しっぽい!」SS

【鈴谷・春雨】夕立「時雨とは仲良しっぽい!」SS

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421642308/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 13:38:29.09 ID:AamIxy+Z0

夕立「鈴谷さん、寝込んじゃっているみたいだけど、どうしたの?」

提督「俺はいつもあいつにいたずらされているからな」

提督「カレーにブルーベリージャム大量投下した」

夕立「うぇ・・・どっかの羽生蛇蕎麦みたいっぽい」

提督「そしたら、あいつ泡吹いて倒れちゃって」

夕立「さすがにやり過ぎっぽい。後で目を覚ましたら、謝るっぽい」

提督「うぬ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 13:42:31.78 ID:AamIxy+Z0

熊野「提督? これはどういうことかしら?」

提督「すまぬ。鈴谷があまりにも可愛くてだな」

熊野「鈴谷さんが可愛いのは、妹であるわたくしが痛い程承知しておりますわ」

提督「お前も十分可愛いよ。姉妹揃ってな」

熊野「そ、そうですか///」

提督「ただ、姉妹で夜戦紛いのことをするのはどうかと思うぞ?」

熊野「あら、どうしてですの?」

提督「インモラル、そして俺が寂しい」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 13:47:51.94 ID:AamIxy+Z0

熊野「家族が愛し合っているのはおかしくて?」

提督「いや、良いんだけどさ・・・俺、一応鈴谷とケッコンカッコカリしているんだけどな」

熊野「わたくしだって、鈴谷さんがいないと寂しいですわ」

熊野「で、ブルーベリーカレーの件はどうなさるんですか?」

提督「後で鈴谷に謝っておくよ。ブルーキュラソーを入れるべきだったって」

熊野「ゲシュタポさん! ここに変態が!」

提督「やめろ!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 13:56:54.30 ID:AamIxy+Z0

提督「すぅー・・・ぽわぽわぽわ」プカー

夕立「提督さん、何を吸っているの?」

提督「ハイライトだよ。くすんだ青色のパッケージだけど、中々可愛いだろ?」

夕立「でも、ニオイは可愛くないっぽい」

提督「すまんな。これだけは止められないんだ」

提督「でもさ、この色って鈴谷を思わせる色だよな」

提督「このタバコを吸っていて、いつも思うよ」

夕立「・・・・・・」

提督「・・・? 夕立?」
夕立「・・・っぽい」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:02:52.49 ID:AamIxy+Z0

響「・・・よし、これで完成だよ」

暁「うわぁー、美味しそう!」

雷「響、やるじゃない!」

電「凄いのです! このスープ赤いのです!」

響「ボルシチだからね。今回はエゾシカ肉を使ってみたんだ」

暁「早く食べましょう!」

雷「お皿に盛るねー」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:04:34.31 ID:5as2mum/O

あれ?なんか怖い

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:10:04.78 ID:AamIxy+Z0

電「良い匂いなのです!」

響「ピロシキも焼いたから、熱いうちに食べてね」

雷「あー! こっちも美味しそう!」

暁「今度、暁も練習してみようかしら・・・」
暁響雷電「いただきます!」

赤城「いただきます!」
暁響雷電「え・・・?」

赤城「よいしょー!」ギュイーン!  ズゾゾゾ!  ゴガガガ!
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:13:12.58 ID:AamIxy+Z0

暁「うえーん!」ポロポロ

響「・・・・・・」ポロポロ

響「折角の・・・自信作だったのに・・・」ポロポロ

雷「お腹減った・・・」グゥー…

電「赤城さん、酷いのです・・・」シュン
赤城「げふぅwww」ポンポン
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:17:01.59 ID:AamIxy+Z0

響「う・・・うぅ・・・」ポロポロ

響「・・・?」ポン

??「悲しかったろう、辛かったろう」

??「安心しろ。私が奴を成敗してやる」

響「・・・ぐすっ」グスグス

響「Спасибо… (ありがとう・・・)」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:21:16.38 ID:AamIxy+Z0

赤城「まだ食い足りませんね」ガシャンガシャン

赤城「ここには・・・メザシが」

赤城「ここには・・・漬物が」

赤城「ご飯釜には・・・まだありますね」

赤城「味噌汁も・・・少し残っていますね」

赤城「冷蔵庫には・・・納豆とマヨネーズがありますね」

赤城「全資材投下!」ポイポイ

赤城「ねるねるねるねー!」グポォグポォ

赤城「食べます!」パクパク
赤城「美味い!」ニパァ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:27:14.32 ID:AamIxy+Z0

赤城「もぐもぐ・・・これを食べ終わったら、デザートが欲しいですね」パクパク

赤城「金剛さんの部屋に行きますか」パクパク

赤城「この前、金剛さんが粗相をしたときの写真を持っておいて正解でした」パクパク

赤城「これで脅せば・・・ぐふふ」ニタァ
??「・・・・・・」

赤城「む! 誰ですか!? けぺっ!?」バキ

赤城「」ゴト

??「やれやれ」
長門「駆逐艦を泣かせるとは・・・許されんな」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:33:24.66 ID:AamIxy+Z0

赤城「ナガトサンコワイナガトサンコワイナガトサンコワイナガトサンコワイ」ガタガタ

加賀「あの・・・今回は赤城さんが全面的に悪いのですが、戦闘に支障がない程度に・・・」

長門「大丈夫だ。問題ない」

長門「きっと、赤城も私の気持ちがわかってくれただろう」

加賀「そ、そうですか・・・」
赤城「加賀さん! このへっちょこだんご、美味しいですね!」ニパァ

長門「ゴラァッ!!」クワッ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:38:23.58 ID:AamIxy+Z0

提督「なんか、長門が怒っているみたいだけど、気にしないでおこう」

夕立「~ぽいぽい♪」

提督「なんだ、夕立もギターを弾いているのか」

時雨「僕も弾いているよ」

提督「この鎮守府にはギタリストが多いな」

提督「鈴谷も美味いんだよな。今度、GodinのLGX-SAでもプレゼントしてやろう」

時雨「・・・・・・」

夕立「・・・・・・」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 14:53:09.11 ID:AamIxy+Z0

提督「時雨は何を弾いているんだ?」
※ CAPO : 3 Flets

E |–9–0—–7—–0–9——-|—–7—–0—–4–5–7—-|
B |—–9–7—–7——–9—-|–7–5–7—–7————-|
F♯|–0—–5——————-|–0—–5——————-|
D |—————————-|—————————-|
A |—————————-|—————————-|
D |—————————-|—————————-|

|–9–0—–7—–0–9——-|—–7—–0—–4–5–7—-|
|—–9–7—–7——–9—-|–7–5–7—–7————-|
|——–5——————-|——–5——————-|
|–0————————-|–0————————-|
|—————————-|—————————-|
|—————————-|—————————-|
時雨「Silver Skyって曲さ。良い曲だよね?」
提督「(Silver Sky・・・? 知らないな)」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 15:36:29.06 ID:AamIxy+Z0

提督「夕立は・・・」
D|–5–7———————–|————————–|——————|—————–0–0—–|
A|——–10———–10–12–|–12———-13——12–|–10–8—–7–3–|–0——————–7–|
G|—————7————-|———-12————–|—9–7—–5–2–|——–2—————–|
D|————0—–0———-|————————–|——————|—–3——–3———–|
A|—————————–|——10———-10——|—0—–0——–|————————–|
D|—–8———————–|–10———————-|——————|–0——–0——–0—–|

|–3——–3—–7—–7–|–5–5–2———–|–0———–7—————|———10–8–7–5–7–|
|——–7—————–|—–3——–3—–|——–0————–10–8–|————————-|
|————————–|—–2——–2—–|——————–0———|—9–0——————|
|—–0——–0———–|—–2—–2—–0–|—–8—–8—–8————|————————-|
|————————–|–0—–0———–|——————————|————————-|
|–5——–5——–5—–|——————–|–8———–8—————|–10—–10———–9–|
夕立「アクアテラリウムっぽい!」
提督「(水槽? 何の曲なんだろう)」
提督「っていうか、お前ら悲しい曲調のものばっかり弾くんだな」
夕立「だって、何か落ち着くっぽい!」
時雨「うんうん」
夕立「・・・・・・」
時雨「・・・・・・」
提督「・・・?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 15:53:57.67 ID:AamIxy+Z0

提督「吹雪、最近頑張っているじゃないか。今度の出撃も頼むぞ」ナデナデ

吹雪「えへへ・・・ありがとうございます!」

睦月「どんどん戦績が良くなっているね!」

島風「提督ぅー! 私にもナデナデしてー!」

提督「よしよし、やっぱり駆逐艦(貧乳)は最高だぜ!」ナデナデ

島風「ん・・・」

睦月「あ! む、睦月もー!」
夕立「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 15:58:15.88 ID:AamIxy+Z0

北上「提督ー、大井っちがウザい」

大井「そんな! 酷い・・・」

提督「大井、今度は何した?」

大井「ちょっと北上さんの紅茶に媚薬を・・・」

北上「おかげでムラムラしちゃったじゃん! どうしてくれるのさー」

大井「それが狙いです」

北上「提督、これでもアタシの妹なんだよ」

提督「はぁ・・・」

夕立「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:04:39.34 ID:AamIxy+Z0

提督「はぁ、今日も疲れたなー」

鈴谷「おつかれ、提督」

提督「あれ? 鈴谷復活したの?」

鈴谷「酷い! 羽生蛇カレー鈴谷に食わせたくせに!」

提督「すまぬ。どういう反応をするかと」

鈴谷「あれすっごく不味いんだからねー! 甘くて気持ち悪かった!」

鈴谷「比叡さんのよりはマシだったけど」

提督「そう言うなよ・・・比叡が聞いたら泣くぞ?」
ヒエーーーーン!!
鈴谷「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

提督「あれ?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:08:28.12 ID:AamIxy+Z0

鈴谷「それよりさぁ、提督」ズイ

提督「な、何かな?」

鈴谷「久しぶりにさ・・・そ、しよ?///」

提督「このビッチ! お前には恥じらいというものがないのか!」

鈴谷「女の子が誘っているのに・・・この童貞!///」

提督「お前には童貞の美学というものがわからんのか!」

鈴谷「だって、提督っていつも駆逐艦の娘達ばっかり構うから」

提督「だって好きなんだもの」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:12:21.38 ID:AamIxy+Z0

鈴谷「このロリコン! あ、そういえば提督の初めては鈴谷が奪ったんだったね」

提督「その通り。強引ではあったけど、内心超嬉しかったです」

鈴谷「そ、そっかー・・・///」

提督「・・・鈴谷」チュ

鈴谷「ん・・・///」

提督「ふふ・・・お前も綺麗だよ、鈴谷」ゴソゴソ

鈴谷「ん・・・あ・・・!///」ピク
夕立「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:21:07.27 ID:AamIxy+Z0

夕立「提督さん、おはよう。今日も良い天気ね!」

時雨「昨夜は鈴谷さんとお楽しみだったようだね」

時雨「それはちょっと頂けないかな」

夕立「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」

夕立「提督さんは、駆逐艦が大好きなんだから、もっと夕立達に構うべきっぽい」

時雨「そうだよ。提督は僕達の言うこと、聞いてくれるよね?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:24:57.57 ID:AamIxy+Z0

夕立「朝食を持ってきたっぽい!」

時雨「僕達の分もあるんだ。一緒に食べようよ」

時雨「納豆定食で良かったんでしょ? 提督、いつもそれを食べているからね」

時雨「今日は、僕達も同じのにしたんだ。ふふ・・・お揃いだね」

夕立「提督の分は、夕立達が食べさせてあげるっぽい!」

夕立「遠慮はしないで! だって」
夕立「そんな手じゃ、食べられないだろうから」

時雨「ふふ・・・」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:28:38.63 ID:AamIxy+Z0

夕立「美味しかったぽい!」

時雨「じゃあ、食器は僕が片付けてくるから、夕立は提督の歯を磨いていて」

夕立「ぽい!」

夕立「さて、じゃあ提督さん。ゆっくり口を開けるっぽい」

夕立「そうそう・・・提督さんの歯、隅々まで綺麗に磨いてあげるっぽい」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:31:48.66 ID:AamIxy+Z0

夕立「・・・さ、口を濯ぐっぽい」

夕立「うん、綺麗に磨けたっぽい!」

夕立「・・・・・・」

夕立「」グッ

夕立「提督さん、びっくりした? 苦しいっぽい?」

夕立「ゴメンね、急に咽の奥に指入れて」

夕立「・・・・・・」

夕立「提督さん、そんな顔するのね」

夕立「いつも笑顔が絶えない提督さん。そんな提督さんが」
夕立「苦しそうな表情を浮かべている」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:36:01.42 ID:AamIxy+Z0

時雨「ズルいじゃないか、夕立! 僕も見たかったよ!」

夕立「ゴメンね! ちょっとやってみたかっただけっぽい」

時雨「提督の咽は傷ついていないよね?」

夕立「大丈夫っぽい。もし傷ついていたら」

夕立「夕立達が治してあげるっぽい」

夕立「唾液には消毒効果があるって聞いたことがあるっぽい」

夕立「だから、提督さんにお裾分けするっぽい」
夕立「あはは!」

時雨「もう・・・夕立ったら///」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:42:33.10 ID:AamIxy+Z0

夕立「歯磨きもしたことだし、午前の仕事をするっぽい!」

時雨「もう鈴谷さんはいないから、書類は僕達がやっておくね」

夕立「たまには、こういう時間があっても良いっぽい!」

時雨「提督は最近、頑張っているんだからさ、休んでいて良いよ」

時雨「僕達、結構こういう仕事慣れているから」

夕立「時雨の言う通りっぽい! だからね、提督さん」
夕立「いっぱい、甘えさせてね?」

時雨「ふふふ・・・」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:48:03.33 ID:LRNSCyGDo

夕立と時雨は病むと怖いよなあ

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:50:24.96 ID:AamIxy+Z0

夕立「初霜? なんの用っぽい?」

夕立「え? 提督さんが可愛そうって?」

夕立「何を言っているっぽい? どうして初霜に提督さんの気持ちがわかるっぽい?」

夕立「そんないい加減なことを言っていると、いくら夕立でも怒るっぽい?」
夕立「ねぇ?」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:53:29.70 ID:AamIxy+Z0

夕立「・・・まぁ、良いっぽい」

夕立「提督さんは、絶対に夕立達の言うことを聞いてくれるっぽい」

夕立「それに、提督さんは迷惑だなんて思っていないっぽい」

夕立「そうだよね、時雨?」

時雨「もちろんだよ。だからさ、初霜」
時雨「安心してね?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 16:58:46.88 ID:AamIxy+Z0

夕立「もうお昼っぽい」

時雨「書類は良い感じに一区切りついたね」

夕立「今日は肉じゃが定食にするっぽい! 久しぶりだからね!」

時雨「良いね。提督も同じので良いよね?」

時雨「だって、僕達いつも一緒で」

時雨「いつも同じ時間を過ごして」

時雨「お風呂の石鹸も、シャンプーもリンスも同じのを使っているから」

時雨「食べ物も、絶対に同じものを食べたくなるよね?」
時雨「ふふ・・・」

夕立「提督さんも、夕立達とお揃いで喜んでいるっぽい!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:02:22.39 ID:AamIxy+Z0

夕立「はい、あーん!」

夕立「提督さん、美味しいっぽい?」

夕立「良かったっぽい!」

時雨「僕達もいつか、こんなに美味しい料理が作れると良いね」

夕立「えぇ! 一緒に頑張るっぽい!」

時雨「えへへ・・・提督も、いっぱい食べてね?」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:06:53.11 ID:AamIxy+Z0

時雨「さぁ、次の歯磨きは僕の番だね」

時雨「提督、口を開けて」

時雨「よいしょ」シャコシャコ

時雨「・・・・・・」シャコシャコ

時雨「ふふ・・・」

時雨「提督が、大きな口をあんぐり開けて」

時雨「僕に歯磨きさせてる」

時雨「なんだか、子供みたいだね」

時雨「良いんだよ、もっと僕達を頼って」

時雨「僕達は、ずーっと一緒なんだから」

時雨「ふふふ・・・その表情、良いね」

時雨「すごく新鮮だよ」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:10:17.79 ID:AamIxy+Z0

夕立「お昼ご飯も食べたし、午後も頑張るっぽい!」

夕立「え? 俺も仕事したいって?」

夕立「それはダメっぽい。提督さんは疲れているっぽい」

夕立「だから、ダメ」

夕立「・・・・・・」

夕立「そんなに暴れても、ダメっぽい」

夕立「聞き分けのない提督さんは、ちょっと嫌いっぽい」

夕立「だからさ」
夕立「大人しくするっぽい?」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:16:56.84 ID:AamIxy+Z0

夕立「提督さん、間宮さんからおやつもらってきたっぽい!」

時雨「一緒に食べよう?」

夕立「今日はガトーショコラっぽい! 見て見て、こんなに大きいの!」

時雨「すごい美味しそうだね。ほら、提督も食べて」

時雨「あーん」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:23:22.46 ID:AamIxy+Z0

時雨「もう書類が片付いちゃった」

夕立「ちょうど夕食前っぽい。ご飯食べた後は、ゆっくりできるっぽい!」

時雨「久しぶりに提督とお酒を飲みたいね」

夕立「それは良い案っぽい! 提督秘蔵のコニャックを飲みたいっぽい!」

時雨「僕はカルヴァドスが飲みたいな。ね、良いでしょ? 提督」
夕立「今晩は、素敵な夜にしましょう?」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:27:15.64 ID:AamIxy+Z0

夕立「今日の夕食は、ビーフシチューっぽい!」

時雨「美味しそうだね。提督はホワイト派? ビーフ派?」

時雨「・・・ふふ、僕と一緒だね。僕もビーフ派さ」

夕立「えぇー!? 夕立はホワイトシチューっぽい! 提督さん! どういうことっぽい!」メリメリ

時雨「まぁまぁ、落ち着いて。こういう場合はさ」
時雨「提督に、どっちも好きになってもらえば良いんだよ」

夕立「そうね! あはは!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:30:52.12 ID:AamIxy+Z0

夕立「ふー、ふー・・・はい、どうぞ提督さん!」

夕立「美味しい?」

夕立「あ、まだ熱かったっぽい?」

夕立「口に垂れているっぽい」

夕立「・・・・・・」

夕立「んあ・・・」レロォ

夕立「ん・・・はぁ・・・」チュパ  チュ

夕立「んふ・・・美味しいっぽい」

夕立「提督さんの味がするっぽい」

時雨「あぁ! ズルい! ぼ、僕も!」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:38:35.02 ID:AamIxy+Z0

時雨「何かな、満潮」

時雨「え? いい加減に提督を放しなさいよって?」

時雨「どうして君に、そんなことを言われなくてはならないのかな?」

時雨「いつも提督のことを、クソ呼ばわりしているのはどこの誰だっけ?」

時雨「さすがに都合が良過ぎるんじゃないかな?」

時雨「え? それは照れ隠しだからって?」

時雨「ふふ・・・あははは!!」
時雨「・・・ねぇ、満潮」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:43:35.79 ID:AamIxy+Z0

時雨「君とは、かつて同じ戦場で戦った親友だよ?」

時雨「でもね、君の提督に対する行動には、許せないものがあるんだ」

時雨「提督だって人間なんだ。満潮の考えていることの全てがわかるわけないんだ」

時雨「満潮が照れ隠しで、提督にああいう態度を取っていても」

時雨「現に提督は傷ついている」

時雨「傷ついているんだよ」

時雨「僕は、そんな傷ついた提督を見たくない」

時雨「提督は、僕にとってとても大切な人だから」

時雨「だからさ、満潮」

時雨「これ以上、提督を悲しませるようなら」
時雨「もう2度と暴言が吐けないように、舌を切り取っちゃうよ?」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:45:36.03 ID:AamIxy+Z0

時雨「・・・・・・」

時雨「・・・ふふ、冗談だよ」

時雨「そんなに怖がらないでよ、ね?」

時雨「僕の言いたいことがわかってくれたんなら、それで良いんだ」

時雨「さ、僕は執務室に戻るよ。提督と久しぶりにお酒を飲むんだ」
時雨「じゃあ、またね。満潮」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:54:03.33 ID:AamIxy+Z0

時雨「ふぅ・・・やっぱりこれは美味しいね」

夕立「んふふ・・・ストレートで飲むと、とっても美味しいっぽい!」

時雨「僕達はチェイサーは飲まないクチだからね」

時雨「もう酔いがまわってきちゃったよ」

夕立「えへへ・・・提督さーん」ダキ

夕立「提督さんのニオイー!」クンクン

夕立「落ち着くね!」ニコ

夕立「いつもはナデナデしてもらえば満足だけど」

夕立「今は・・・もっと良いことしてほしいっぽい?」サワ

夕立「提督さん・・・ね、良いでしょう?」サワサワ
時雨「僕達を・・・」

夕立「抱いて・・・?」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 17:56:04.92 ID:AamIxy+Z0

時雨「鈴谷さんのことなんか、忘れちゃうくらいに」

夕立「激しく、ドロドロになるまで」
夕立時雨「ね?」
提督「んーっ!! んんーっ!?」ジタバタ
春雨「・・・・・・」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:04:56.27 ID:AamIxy+Z0

春雨「夕立姉さん! 時雨姉さん!」

春雨「これ以上はやめて! 司令官が可愛そうだわ!」

夕立「春雨? 今取り込み中っぽい」

時雨「そうだよ、春雨。今、これから提督と愛し合うんだ。邪魔はさせないよ?」

春雨「そんなこと、鈴谷さんが許すはずないわ!」

夕立「鈴谷? あー、鈴谷ね」

時雨「鈴谷さんはもう、いないんだよ。春雨だって知っているでしょ?」

春雨「・・・っ!」

夕立「結局、ここまで夕立達を放っておいた春雨も、同じ共犯っぽい」

時雨「まぁ、僕達もそう易々と引き下がるわけにはいかなかったからね」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:13:08.81 ID:AamIxy+Z0

時雨「春雨、警告だよ。邪魔をするのなら、いくら妹であっても」

時雨「僕達は手段を択ばないからね?」

時雨「わかった?」ギロ

春雨「ひぅっ!?」ジワァ

夕立「あははは! そんなのでビビってちゃ、まだまだっぽい!」

夕立「あれ? お股からお水が垂れているっぽい?」

春雨「こ、これは・・・///」

夕立「春雨ったら、子供っぽい! あはははは!」

春雨「~~~っ!///」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:16:29.24 ID:AamIxy+Z0

夕立「さぁ、提督さん。夕立達と、素敵なパーティーしましょう?」

時雨「提督・・・ん・・・」

提督「んふぅーっ!?」ジタバタ

春雨「す、鈴谷さんに言いつけるよ!?」

夕立「はぁ? だから鈴谷はもう・・・」
春雨「今日1日、熊野さんと一緒に遠征に行ったんでしょ! 紛らわしい言い方しないで!」

夕立「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:22:08.55 ID:AamIxy+Z0

春雨「ただでさえ甘えん坊なのに、これ以上提督に依存してどうするの!」

春雨「鈴谷さんに悪いと思わないの!? こんな真似して!」

夕立「・・・っぽい」

時雨「ぼ、僕達はただ提督に・・・」

春雨「おまけに他の娘達にも変なことしたでしょ!」

春雨「初霜さんと満潮さんが怖がっていたよ! いつもの2人に戻ってほしいって!」

春雨「鈴谷さんに続いて、どうしてこうなるの!」

春雨「春雨のお姉さんなんだから、しっかりしてよ!」

夕立「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」
夕立「さっき、ちょっと漏らしたくせに・・・」ボソ

春雨「」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:28:49.14 ID:AamIxy+Z0

春雨「そ、それは・・・///」

夕立「こうなったら、証拠隠滅っぽい!」ガシッ

時雨「春雨も共犯にしよう!」ガシッ

春雨「ひぇっ!?」ビク

夕立「ほらほらー! たっぷり飲むっぽい!」ゴポゴポ

春雨「んむぅーっ!?」ゴクゴク

時雨「こっちはリンゴ味だよ!」ドポドポ

春雨「んんーっ!?」ゴクゴク

春雨「」キュポン
春雨「はへぇ~☀///」トローン

夕立「ぽいぽい! このまま白露型3隻で楽しむっぽい!」

時雨「それじゃあ、提督。いただきます」
提督「んんーーっ!!?」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:31:14.44 ID:AamIxy+Z0

提督「」

夕立「提督さん、朝になっても起きないっぽい」

時雨「昨日は激しかったからね///」

春雨「司令官・・・春雨のお小水を///」

夕立「そろそろ鈴谷が帰ってくるっぽい」

時雨「部屋に戻ろうっか」

春雨「///」

提督「」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:35:18.36 ID:AamIxy+Z0

提督「うぅ・・・昨日の夜、一体何があったんだ・・・?」

提督「(かなり酒を飲んだ記憶が・・・その他はよくわからない)」

提督「なんか臭う・・・ゴミ箱にティッシュが大量に・・・」

提督「(俺は昨日、酒の勢いに任せて)」

提督「(1人サイケデリックパーティーでもしていたのか?)」

鈴谷「提督! 遠征から帰ってきたよ!」

提督「おぅ、おつかれ!」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 18:41:38.18 ID:AamIxy+Z0

鈴谷「熊野ったら、海の上なのにイチャついてきてさー!」

提督「お前ら本当に仲が良いな」

鈴谷「えへへ、まーね!」

鈴谷「・・・?」クンクン
鈴谷「なんかメス臭い・・・」

提督「え?」

提督「・・・・・・」

提督「(ヤベッ!? 今思い出した!)」

提督「(昨日の夜、夕立達3人にこってり搾り取られたんだった!)」

提督「(つーか鈴谷鼻良過ぎ! 犬か! 鈴谷はどっちかっていうと猫だろ!)」
鈴谷「・・・・・・」

鈴谷「・・・ねぇ、提督」

提督「は、はいぃっ!?」ビク
鈴谷「阿部定事件って、知ってる?」

提督「」
提督「ぎゃあぁぁぁ!!?」
――― 終 ―――

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする