【鳳翔SS】提督「金剛との別れ」【艦これ】

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421804277/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 10:37:57.46 ID:NsIHjqY40

金剛「・・・それじゃ、テイトク。長い間、お世話になりマシタ」ペコ
提督「・・・どうしても行くのか? 金剛」
金剛「ハイ、今日限りでお別れシマス」
金剛「明日からは、体を壊さないように、しっかり食べて下さいネ?」
提督「ああ、お前に聞いたイギリス料理の作り方や、紅茶の入れ方は聞いたし」
提督「鳳翔さん達もいるから大丈夫だ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 10:44:48.27 ID:NsIHjqY40

提督「しかし金剛、俺と別れてここを出るのに、そんな手荷物1つで良いのか?」
提督「お前の洋服だっていっぱいあるし、30年も連れ添ったんだ」
提督「金ならたんまりある。財産の半分は分けても良いんだぞ?」
金剛「いえ、結構デス・・・」
金剛「ワタシのものは、好きに処分して下サイ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 10:49:03.38 ID:NsIHjqY40

提督「・・・そうか、わかったよ。そんなにまでして、俺とキッパリ別れたいんだな?」
金剛「エ、エート・・・そういうわけではないんデスが・・・」
金剛「それじゃ、テイトク。お元気で・・・」スッ
金剛「サヨウナラ」
提督「・・・・・・」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 10:54:05.66 ID:NsIHjqY40

提督「待て、俺も途中まで送っていこう」スッ
金剛「Oh, 良いんデスヨ、そんなこと・・・」
提督「」キョロキョロ
金剛「?」
金剛「どうしたんデスか?」
提督「あー・・・俺のマフラーはどこだったかな?」
金剛「マフラーは洋服ダンスの扉の裏デスよ。ネクタイと一緒に・・・」
提督「あ、そうかそうか・・・」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 11:03:16.40 ID:NsIHjqY40

金剛「冷えマスネ、今日は。今にも、雪が降りそうデス・・・」
提督「・・・なぁ、少し腹が減らないか?」
提督「出発前に、鳳翔さんのところで何か食っていこうじゃないか」
金剛「ワタシはお腹減っていないんデスけど・・・」
提督「いいから付き合え、これが夫婦でする最後の食事だ」カラカラ
鳳翔「あ、いらっしゃいませ、提督」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 11:08:43.91 ID:NsIHjqY40

金剛「・・・んもぅー、提督は言い出したら聞かないデース」
提督「・・・・・・」
提督「ほら、金剛も熱いうちに食べろ」
金剛「はいデス」
金剛「」モグモグ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 11:13:50.14 ID:NsIHjqY40

提督「・・・美味いか?」
金剛「Yes! Very good ネ!」
提督「・・・・・・」
提督「なぁ、金剛・・・」
提督「思えば俺は無口だし、お前は意外と辛抱強い女だったから・・・」
提督「お前はいつも元気いっぱいで、俺のことを慕ってくれていたが」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 11:18:10.81 ID:NsIHjqY40

提督「2人で夫婦の問題を本音で話し合ったことは、意外となかったかもしれん・・・」
金剛「・・・・・・」
提督「でも、俺は俺なりにお前を大切にしてきたつもりだし・・・」
提督「お前だってわかってくれていると信じていたんだ」
提督「なのに、突然別れるなんて・・・」
金剛「・・・・・・」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 11:26:56.14 ID:NsIHjqY40

金剛「テイトク。もう止しマショウ、その話は」
金剛「いくら言っても無駄デスヨ。ワタシ達は、別れるしかないんデス」
提督「いいや、俺はどうしても納得できんのだ、金剛!」
提督「どこか俺に悪いところがあったのか? 何か文句があるなら言ってくれ!」
提督「お前には戦争で色々辛い思いをさせてしまったが・・・」
提督「それを少しでも和らげるよう、俺も努力したつもりだ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 12:42:59.95 ID:qUFTwDoAO

30年以上いてもまだその喋りなのか金剛……

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:02:27.83 ID:NsIHjqY40

金剛「ハイ、そうデシタ。確かにテイトクは、ワタシには過ぎた夫デシタ」
金剛「まぁ、強いて文句があるとすれば、ビスマルクがいた頃のことデスカネ」
提督「ビスマルク? な、何のことだ?」
金剛「テイトクだって、ご存じデシタヨネ? ビスマルクとワタシの仲が良くなかったのは・・・」
金剛「でもテイトクは、いつも向こうの肩ばかり持って、ワタシの愚痴さえ聞いてくれませんデシタ」
提督「(・・・マズい、そうだったかもしれん)」アセ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:06:48.40 ID:NsIHjqY40

金剛「それからもう1つ・・・やっぱり、あれは嫌デシタ」
金剛「テイトクが浮気をしていたのは・・・」
提督「」ギク
提督「う、浮気だと!? な、何の話だそりゃ・・・!」アセアセ
金剛「テイトク、とぼけてもダメデース」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:13:15.27 ID:NsIHjqY40

金剛「陰でコソコソとして、ワタシにバレていないと思っていたみたいデスけど」
金剛「テイトクは、本当に嘘をついたり、隠し事が苦手デスネ」
金剛「テイトクが榛名と関係を持っていたのは、バレバレデース」
提督「」ダラダラ
金剛「浮気だから、今に終わるだろうって、ワタシはじっと我慢していマシタけど・・・」
金剛「結局なんだかんだ言って、5年も続いてマシタネ・・・」ジトー
提督「(バ、バレていたか・・・!)」ガク
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:17:51.23 ID:NsIHjqY40

金剛「ごちそうさまデシタ・・・」
提督「・・・・・・」
金剛「・・・・・・」
提督「・・・こ、金剛! すまん!! 俺が悪かった、許してくれ!!」ガタ
金剛「」ギョ
提督「言われてみれば、お前が怒るのももっともだ」
提督「今となっては昔の話だが、お前をそんなに傷つけていたとは思わなかった」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:19:58.65 ID:mE7VoyrfO

ダメンズ提督か……

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:21:38.84 ID:NsIHjqY40

提督「許してくれ金剛、そして俺のところに戻ってきてくれ・・・」
提督「この歳になって、お前のいない人生なんて考えられない」
提督「1人ぼっちは嫌だ・・・!」
金剛「フフ・・・テイトク、落ち着くネ」
金剛「別に謝る必要はないデース」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:26:29.42 ID:NsIHjqY40

金剛「本当にもう昔の話デスし、ワタシだってもう恨んだりしていないデスから」
提督「そ、それじゃあ一体なぜなんだ!?」
提督「なぜお前は俺を捨てて出ていくんだ、金剛!?」
金剛「テイトク、しっかりして下サイ」
金剛「また忘れたんデスカ?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:28:01.11 ID:NsIHjqY40

金剛「ワタシは1年前に、既に解体処分されているんデスヨ?」
提督「」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:35:33.59 ID:NsIHjqY40

金剛「ワタシだって、歳取ったテイトク1人残して、いきたくはありませんデシタ」
金剛「だって、テイトクときたら、身のまわりのことは何もできないデース」
金剛「だから、ついつい心配で・・・」
金剛「体は解体されても、魂だけがこの世に留まって、テイトクのお世話をしていたんデース」
提督「・・・・・・」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:40:29.31 ID:NsIHjqY40

金剛「でも、もうこれ以上は続けられないデース」
金剛「これ以上テイトクと一緒にいると、テイトクまであの世に連れて行ってしまいマス」
提督「」ポロポロ
金剛「さぁ、もう行かなくちゃ・・・」
金剛「出ましょう、テイトク」
提督「・・・・・・」フラフラ
鳳翔「毎度、ありがとうございました」
龍鳳「・・・・・・」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:49:36.97 ID:NsIHjqY40

龍鳳「最近提督、誰もいないのに1人でブツブツ言って・・・どうしたんでしょう?」
龍鳳「やっぱり、金剛さんが解体されてから・・・」
鳳翔「えぇ・・・30年も一緒にいて、秘書艦だった金剛さんが」
鳳翔「老朽化と維持費削減を理由に、本部から解体命令がきたんですもの」
鳳翔「提督、すごく悲しかったみたいで・・・それから、少し耄碌(もうろく)してしまって」
龍鳳「お気の毒に・・・」
鳳翔「っ! ゲホッ! ゲホッ!」
龍鳳「だ、大丈夫ですか!?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:55:05.25 ID:NsIHjqY40

鳳翔「ふふ・・・私も、そろそろガタがきているわね・・・」
鳳翔「この鎮守府に来て、もう30年が経ったのね」
鳳翔「あの頃いた娘達も、随分いなくなったわ」
鳳翔「私はまた、あの娘達を見送ることになってしまった」
鳳翔「十分、長生きしたわよね・・・?」
龍鳳「鳳翔さん・・・」
鳳翔「今は、次世代の娘達がどんどん建造されている」
鳳翔「私達の役目は、どうやら終わったみたいね」
龍鳳「・・・・・・」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 13:59:45.63 ID:NsIHjqY40

提督「・・・・・・」スタスタ
金剛「・・・・・・」テクテク
金剛「とうとう、雪が降り出しマシタネ」
金剛「この世の名残りに、真っ白い雪が見られて嬉しいデース!」
提督「・・・・・・」
金剛「それじゃあ、テイトク、ここで失礼シマス」
金剛「本当に長い間、お世話になりマシタ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 14:07:00.43 ID:NsIHjqY40

金剛「色々なことがありマシタが、テイトクの妻になってワタシ、幸せデシタ・・・」
提督「金剛!!」
提督「1人で逝くな! 俺も一緒に連れて行ってくれ!!」ポロポロ
金剛「ダメデスヨ、テイトク。そんなこと言っちゃ・・・」
金剛「テイトクはワタシの分まで頑張って、生きて下サイ」
金剛「ワタシは、ずっとテイトクを見守ってイマスから・・・」
金剛「愛してイマス、テイトク・・・」スゥ…
提督「・・・!」
提督「・・・・・・」
提督「・・・・・・」
提督「金剛・・・・・・」
――― 終 ―――

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする