【提督・吹雪SS】提督「かき氷屋さんを始めたい」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422101861/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:17:41.75 ID:G5Ku7grbO

提督「取り敢えず4つの味を揃えてみた」

吹雪「それはいいんですけど、かき氷ってそんなに味に差がでますかね?正直誰が作っても同じような……」

提督「そんな事はない。安心しろ」

吹雪「そうなんですか?それで私を呼んだという事は……」

提督「そうだ。試食してみてくれ」

吹雪「わかりました!いくら司令官の作った物とはいえ、厳しく評価しちゃうんだから!」

提督「ははっ、お手柔らかに頼むな」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:18:20.94 ID:G5Ku7grbO

吹雪「まずはこのいちご味からいただきます!」

提督「えっ、いちご?」

吹雪「……?何だかいちごとは思えない程薄いですね。これ本当に特性のシロップなんですか?」

提督「それいちごシロップじゃなくて俺の血だ」

吹雪「は……?」

提督「ん?」

吹雪「この赤いの、司令官の血、何ですか?」

提督「そうだけど。好きなんだろ?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:18:56.17 ID:G5Ku7grbO

吹雪「いやいやいや!?それはおかしいです!」

提督「あれ、そうなのか?白雪なんていつも嬉しそうに俺の血を啜ってるから、みんな好きなのかなって」

吹雪「」

提督「血は不評か…。じゃあ次はこれを頼む」

吹雪「先に聞いときますけど……これ、レモン味ですよね?」

提督「そうだが?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:19:30.51 ID:G5Ku7grbO

吹雪「よかった。私てっきり…」

提督「てっきり?」

吹雪「な、何でもないですから!いただきます!」

提督「どうぞー」

吹雪「……これ、レモンシロップじゃないですね。まさかとは思いますが…」

提督「俺の尿だ」

吹雪「おお、もう……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:20:05.00 ID:G5Ku7grbO

提督「どうしたんだ?」

吹雪「そもそもですよ?どういう経緯で司令官は尿をレモン味として売り出そうと思ったんですか?」

提督「だって初雪が俺の尿はレモンジュースみたいで美味しいって言うから…」

吹雪「何だろう、驚きを通り越して逆に冷静になっている自分が怖いです……」

提督「吹雪はわがままだな。これもダメっと」

吹雪「いや、普通に考えればわかる事だと思いますけどね」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:20:38.66 ID:G5Ku7grbO

提督「ならこいつでどうだ!実はかなりの自信作なんだよ!」

吹雪「宇治金時、に見えますが油断出来ませんね」

提督「ほれほれ、まあ食ってみろ」

吹雪「ちょっと!無理矢理近付けないで…って臭い!すごく酸っぱい臭いがああ!」

提督「酷いなあ。さっき頑張って出したのに」

吹雪「この独特の臭い、そしてさっき出したってもしかして…」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:21:29.71 ID:G5Ku7grbO

提督「俺の嘔吐物だ。俗に言うゲロ」

吹雪「やっぱり…。じゃあこの小豆と白玉は便と鼻くそですか?」

提督「その通りだ。さすがは吹雪だな。だが正確に言うと白玉の方は皮脂も入っている」

吹雪「冗談のつもりだったのに…」

提督「ちなみに嘔吐物は深雪。便は叢雲だろ。で、皮脂関連は磯波の好物だな」

吹雪「ああ、姉妹のそんな話聞きたくなかった」

提督「特に磯波には素材集めのために相当我慢させてきたからな。いっぱい振る舞ってやらないと」

吹雪「そうですね」

提督「ただなかなか集まるものじゃないから数量限定になるのが玉に瑕なんだよな」

吹雪「そうですね」

提督「なんか適当だなあ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:21:56.37 ID:G5Ku7grbO

吹雪「ところで嘔吐物ですけど、緑色の物食べたんじゃないのにこの色だったんですか?」

提督「うん」

吹雪「それ病気だと思いますよ?」

提督「提督それ知ってるよ。でもいいの。それが定めなら受け入れるから」

吹雪(この人よく提督になれたな……)

提督「相変わらず吹雪には受けが悪いな。結局食べてすらくれなかったし。これもダメなのか?」

吹雪「はい、論外ですね」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:22:23.14 ID:G5Ku7grbO

提督「じゃあこれは?」

吹雪「もう何が出てきても驚きません…」

提督「じゃーん!練乳です!」

吹雪「れ、練乳っ!?」

提督「そう。これは吹雪が大好きなやつだよな」

吹雪「まさか最近全然飲ませてくれなかったのって……」

提督「この日のためだ」

吹雪「司令官!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:23:20.85 ID:G5Ku7grbO

提督「さあ、思う存分味わってくれ!」

吹雪「はい!司令官の濃厚な練乳ミルクいただきまーす!」

提督「どうだ?うまいか?」

吹雪「はい、とっても!」

提督「そうか…なら苦労したかいがあったよ」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:23:31.95 ID:enC70LUtO

狂ってる

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:23:50.62 ID:G5Ku7grbO

吹雪「…って何でなんですか!これ普通の練乳じゃないですか!」

提督「ああ。この日のためにちょっといいやつを取り寄せておいたんだ」

吹雪「この流れでどうして本物が出てくるんですか!?絶対おかしいですよ!」

提督「何をそんなに怒ってるんだ?好きだろ、練乳?」

吹雪「そうですか!そういう事するんですね!ふーんだ!もういいもん!司令官の事なんか!「吹雪!」……何ですか?」

提督「嘘だよ。意地悪してごめんな?お前の大好きな練乳はここにある」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:24:19.62 ID:G5Ku7grbO

吹雪「今更遅いです!ぜ、全然!少しも!司令官の練乳を食べたいなんて思ってないんだから!」

提督「いや、そんなにチラチラこっち見ながら言われてもな……」

吹雪「うう…」

提督「ほら、直接口付けて飲んでいいからさ」

吹雪「ほ、本当に…?」

提督「勿論だ。遠慮するな」

吹雪「えへ、えへへへ」

提督「やっぱり吹雪には笑顔が一番だな」

吹雪「司令官!」

提督「なんだ?」

吹雪「大好きです!」

提督「ああ、俺もだよ!」

提督は五月雨と結婚して終了

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/24(土) 21:25:38.13 ID:G5Ku7grbO

依頼出してきます
吹雪型の子たちはみんなかわいいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする