【艦これ・扶桑】山城「提督とお話し」SS

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423021286/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 12:41:27.06 ID:nnlZYQ7d0

提督「よし、仕事も終わったな」

扶桑「はい」

提督「今日もお疲れ様、扶桑。明日は特に予定がないから、ゆっくり休んでくれ」

扶桑「ありがとうございます、提督」

提督「お前にはいつも頑張ってもらっているからな」

提督「本当に感謝しているよ」ニコ

扶桑「そ、そんな・・・私は当然のことをしているだけです」

提督「それでも、さ」

扶桑「は、はい・・・///」

扶桑「それでは提督、お先に失礼します」ペコ

提督「おやすみ、扶桑」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 12:45:09.45 ID:nnlZYQ7d0

提督「さて、あとはこの海域の編成を・・・」
コンコン
提督「(ん? 誰だ?)」

提督「どうぞ」

??「失礼します・・・」ガチャ

提督「あぁ・・・」
提督「山城じゃないか」
提督「どうしたんだ?」

山城「はい。少し、提督にお話が・・・」

提督「ん? おぉ、良いぞ?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 12:48:25.52 ID:nnlZYQ7d0

山城「・・・さて、では提督」

山城「少し、私の話を聞いてくれますか?」

山城「何を話そうかしら・・・って」

山城「うっかり、考えていませんでした」

山城「そうですね・・・では、私が扶桑姉様と」

山城「そして、提督と過ごした思い出話でもしましょうか」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 12:53:57.43 ID:nnlZYQ7d0

― 『ようこそ、我が鎮守府へ』 ―

妖精「センカンデキタヨー」

提督「おぉ、そうか! どれどれ」
山城「ここは・・・? 私は一体どうして・・・」
提督「やぁ、こんにちは」

山城「ふぇっ!?」ビク

提督「これは驚かして申し訳ない」

提督「君は・・・扶桑型戦艦、山城だね?」

山城「え? は、はい、そうですけど・・・」

提督「ここはとある鎮守府。そして、私はここの提督だ」

提督「君は前世を戦艦として生きてきたが、今日から新しく」

提督「艦娘として生まれ変わったんだ」

山城「???」

提督「あれ・・・?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 12:59:20.99 ID:nnlZYQ7d0

扶桑「提督、そう一気に説明をしても、わからないと思いますよ?」

扶桑「山城は、まず何が起きているのか、わかっていないみたいですから」

山城「扶桑姉様!?」

扶桑「ふふ・・・山城、久しぶりね」ニコ

山城「扶桑姉様! 会いたかったです!」ブワワ

扶桑「私もよ、山城。まったく、貴女は相変わらず甘えん坊さんなんだから」

山城「うぅ・・・!」グス

提督「感動の再開ですな」

扶桑「提督、山城には私から事情を説明しておきますね?」

提督「あぁ、申し訳ないが頼む」

提督「山城が落ち着いたら、後で執務室に来てくれ」

扶桑「はい、わかりました」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:05:01.48 ID:nnlZYQ7d0

山城「・・・今の日本が、そんなことになっていたなんて」

扶桑「えぇ・・・そんな中、深海棲艦に太刀打ちできる兵器として誕生したのが」

扶桑「私達、艦娘よ」

扶桑「私達はレイテ沖で沈み・・・そして、ここで新たな人生を歩み出すの」

山城「でも、悪く言えば人間側が勝手に私達をつくり・・・」

山城「戦争の道具にしているようにも思えます」

山城「今も昔も、私達の運命は変わらないのですね・・・」

山城「不幸だわ・・・」ズーン
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:08:47.94 ID:nnlZYQ7d0

扶桑「山城、そういう風に考えてはいけないわ」

扶桑「例え平気であっても、私達は人間と同じ姿をしている」

扶桑「戦艦として生を受けたあの頃ではできなかったことが」

扶桑「今は楽しむことができるわ」

扶桑「それに、ここは良いところよ? みんな優しいし」

扶桑「何より、提督が私達のことをとても大切にしてくれるの」

扶桑「兵器としてではなく、1人1人人間として見てくれたわ」

扶桑「だから、この戦争が終わるまで、また一緒に頑張りましょう?」

山城「扶桑姉様・・・」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:13:46.31 ID:nnlZYQ7d0

山城「私は、扶桑姉様と一緒なら」

山城「どんな苦難が待ち構えていたとしても、頑張っていけます!」

扶桑「ふふ・・・ありがとう、山城。良い妹を持ったわ」

山城「はへぇ!?///」ビク

扶桑「提督は、戦争しか知らなかった私達に」

扶桑「様々な、生きる喜びを教えてくれた人・・・」

扶桑「提督のおかげで、こうして私達も会えることができたの」

扶桑「感謝、しなくちゃね?」

山城「は、はい・・・」

山城「(あの人・・・どんな人なんだろう?)」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:29:12.93 ID:nnlZYQ7d0

― 執務室 ―

提督「扶桑、説明ありがとう」

提督「ということで、よろしくな? 山城」

山城「は、はい・・・よろしくお願いします」

提督「急なスケジュールで悪いが、近日君のステータスを見るために」

提督「演習をしようと思う」

提督「俺も資料とかを見てみるから」

提督「それまでは、ゆっくりしてくれ」

提督「扶桑もいることだし、久しぶりに姉妹での会話を楽しんでくれ」

山城「はい! それはもちろん!」クワッ

提督「」ビク

提督「えーと・・・早くここの生活に慣れると良いな?」

山城「扶桑姉様がいれば、それだけで満足です!」

提督「(この子、よっぽどお姉ちゃん子なんだな)」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:33:49.48 ID:nnlZYQ7d0

山城「それと、扶桑姉様は提督とどういった関係で・・・?」

扶桑「え?」

提督「ん?」

山城「何か他の艦娘よりも、上の立場にあるような・・・」

山城「それに、随分と提督と親しい感じがして・・・」ギロ

提督「(ぬぉっ!?)」ビク

扶桑「えっと・・・私、提督の秘書艦なの」

山城「秘書艦?」

扶桑「えぇ。といっても、事務仕事をするのがほとんどで」

扶桑「出撃時には旗艦として海に・・・」

山城「はい!?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:40:38.37 ID:nnlZYQ7d0

山城「提督! 一体どういうことですか!」バン  ベキベキ

提督「ひぃっ!?」ビクビク

扶桑「や、山城!?」ビク

山城「扶桑姉様に雑務をさせて・・・」

山城「おまけに旗艦だなんて、危険な目に遭わせているだなんて・・・!」プルプル

山城「言語道断です!」ダン  ベキン

提督「ふぁいっ!」ビクビク

扶桑「山城! 落ち着きなさい!」

扶桑「秘書艦はそんな酷いものではないわ」

扶桑「それに、旗艦であるかないかはそれほど関係ないわ」

扶桑「だから、ね?」

山城「・・・そうですか」

提督「」ビクビク
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:44:45.51 ID:nnlZYQ7d0

山城「わかりました。そういうことであれば・・・」

扶桑「はぁ・・・」

山城「あ、提督。1つお話が」スッ

提督「ん?」
山城「扶桑姉様に手を出したら、呪いますからね?」ニタァ
提督「」

山城「ふふ・・・」

扶桑「?」

山城「扶桑姉様、私まだ鎮守府の構造とかわからないので・・・」

扶桑「あぁ、そうだったわね」

扶桑「提督、少し山城を案内してきますね?」

提督「」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:51:27.35 ID:nnlZYQ7d0

― 夜 ―

提督「扶桑、山城の様子はどうだ?」

扶桑「はい、とてもここを気に入っていましたよ」

扶桑「それに、時雨ちゃんや満潮ちゃん、最上ちゃんにも会えて」

扶桑「とても喜んでいました」ニコ

提督「そうか、それは良かった」

提督「・・・なぁ、扶桑」

扶桑「はい、なんですか?」

提督「あの・・・山城ってさ」

提督「結構なお姉ちゃん子だよな?」

扶桑「はい。私達、とても仲が良いんです」

提督「そ、そうか・・・はは」

提督「(あれは仲が良いというレベルなのだろうか・・・)」

扶桑「仲が良過ぎて困るときもありますが・・・」

提督「やっぱり・・・」

扶桑「えぇ・・・たまに暴走するんです、あの子」
提督「はぁ・・・」

扶桑「はぁ・・・」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 13:55:11.34 ID:nnlZYQ7d0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
山城「確か、私が初めてこの鎮守府に来たときは」

山城「こんな感じでしたね」

山城「あのときは、机と床を壊してしまって、ゴメンなさい・・・」

山城「ふふ・・・」

山城「・・・・・・」

山城「・・・それから少し経って」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:14:25.16 ID:nnlZYQ7d0

― 『扶桑姉妹、大活躍』 ―

提督「お疲れ様。2人とも、今回は大活躍だったな!」

提督「これでこの海域は制圧完了だ。お手柄だぞ!」

扶桑「ありがとうございます、提督」

山城「私は扶桑姉様が一緒なら、どんな敵にも負けません」

山城「レイテ沖のときのように、なりたくないですから・・・」

提督「・・・・・・」

扶桑「・・・・・・」

提督「・・・そうだな」

提督「俺もなるべく被害を最小限に留められるように、努力するよ」

提督「艦娘の命は、人の命と同じくらい重いものだ」

提督「提督として、君達を沈ませるわけにはいかない」

山城「提督・・・」

扶桑「提督・・・そんなに私達のことを・・・」ウル

山城「(扶桑姉様!? 涙を・・・)」

山城「」ギロ

提督「ひっ!?」ビクビク
山城「扶桑姉様を泣かせるとは・・・どういうことですか!?」バン  バキィ

提督「また机がぁぁっ!?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:21:02.67 ID:nnlZYQ7d0

扶桑「山城、落ち着いて! この机、結構高いのよ!」

山城「扶桑姉様の涙に比べれば、こんなもの塵と一緒です!」

提督「落ち着け、山城!」

山城「 は い ? 」ニタァ

提督「」

扶桑「山城! 提督は何も悪いことをしていないわ!」

山城「それもそうですね・・・」

山城「すいません、少し取り乱しました・・・」

提督「・・・まったく、比叡に続いて、どうしてこうなるんだ」ボソ
ヒエーーーーー!!

ノーーー!!  ワタシノアンダーウェアガァァァ!!
提督「・・・・・・」

扶桑「・・・・・・」

山城「?」
提督「はぁ・・・」

扶桑「はぁ・・・」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:25:35.43 ID:nnlZYQ7d0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
山城「あれから、遠征、演習、出撃も」

山城「どれも上手くいって、高戦績になりましたね」

山城「扶桑姉様と一緒だったから、ということもありますが」

山城「提督の指揮にも、感謝しています」

山城「でも、すっかり机関係で提督に怒られることが多くなりましたね」

山城「ふふふ・・・」

山城「・・・・・・」

山城「あとは、私が大破してしまった日・・・」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:33:01.51 ID:nnlZYQ7d0

― 『山城の坐骨結節は見えなかった』 ―

提督「山城! 大丈夫か!?」

山城「なんとか大丈夫です」

山城「扶桑姉様が無事ならば、それで良いんです」

扶桑「私が無茶なことをしなければ・・・」

扶桑「山城、本当にゴメンなさい・・・!」ポロポロ

山城「ふ、扶桑姉様!? 謝らないで下さい!」

提督「俺からもすまなかった。戦場では、いくら不測の事態が起きかねないとはいえ」

提督「艦娘を沈ませるのは、俺の責任だ」

提督「山城、すまなかった・・・」

山城「そ、そんな・・・提督も謝らないで下さい」

山城「沈まずに帰ってきたんですから、良かったじゃないですか」

山城「それに、私もそう簡単に沈みませんよ?」

山城「だって、沈んでしまったら、扶桑姉様と一緒に過ごすことができなくなりますから」

扶桑「山城・・・」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:40:10.19 ID:nnlZYQ7d0

提督「山城、高速修復剤をあげるから、入渠後はゆっくりしてくれ」

山城「ありがとうございます」

扶桑「では提督、私も・・・」

提督「あぁ」

提督「(・・・!?)」

提督「(山城! おしりが丸見えではないか!)」

提督「(いかん! 山城は命がけで戦っているんだぞ!?)」

提督「(今回は扶桑を庇って大破したというのに!)」

提督「(いくらおしりが丸見えとはいえ、邪淫の念はダメだ!)」

提督「(・・・・・・)」

提督「(それにしてもけしからん!)」
提督「(なんて良いおしりなんだ・・・)」
山城「提督?」

提督「な、なんだ?」

山城「私の臀部を凝視するのは良いですが・・・」

山城「もし、扶桑姉様にそのような視線を向けたら・・・」
山城「わかっていますよね?」
提督「」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:46:49.12 ID:nnlZYQ7d0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
山城「あのとき、私が気づいていないとでも思っていたんですか?」

山城「提督はわかりやすいですからね」

山城「視線というのは、意外と気がつくものなんです」

山城「あ、提督。こんな話を知っていますか?」

山城「目の呪い」

山城「霊的存在や、人の逆鱗に触れると」

山城「いつも、誰かに見られている感じがして」

山城「遂には発狂して、死んでしまうんです」

山城「私ですか? ふふ・・・」
山城「さぁ・・・どうでしょうかね?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:52:44.91 ID:nnlZYQ7d0

― 『扶桑姉妹とこたつ』 ―

扶桑「はぁー・・・」ヌクヌク

山城「ふぅー・・・」ヌクヌク

提督「あぁ~」ヌクヌク
山城「提督、いつの間に私達の部屋にいたんですか?」
提督「いや、実は既にこの中に入っt」

山城「ふふ・・・」ニタァ

提督「」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 14:57:12.57 ID:nnlZYQ7d0

扶桑「ふふふ・・・山城は提督と仲が良いのね」

山城「そんなことはないと思います・・・」

提督「」チーン

扶桑「山城。はい、みかん」スッ

山城「ありがとうございます」

山城「やはり、こたつにはみかんですよね」

扶桑「日本の冬のスタイルと言えば、これよね」

ペーニャ「Yes!」

山城「誰!?」ビク
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:01:13.13 ID:M/dcffDg0

元オリックスの大砲どっから湧いた

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:03:54.18 ID:nnlZYQ7d0

山城「はぁ・・・あの人には試合に戻っていただきました」

扶桑「あらそう」

山城「提督、いつまで寝ているんですか? よくわからない人が紛れ込んでいましたよ?」ユサユサ

提督「うぬ」

山城「まったくもぅ・・・」
モゾモゾ・・・
山城「提督、足をこちらにやらないで下さい」

提督「ん? そんなことしていないぞ?」

山城「え? じゃあ、扶桑姉様・・・///」

扶桑「?」ニコ
― こたつの中 ―

春雨「ん・・・///」モゾモゾ
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:10:45.07 ID:nnlZYQ7d0

― 『扶桑姉妹とお昼寝』 ―

提督「んー・・・ちょっと眠いな」

扶桑「すいません、私も少し・・・」

提督「丁度区切りもついたし、少し仮眠を取るか」

扶桑「良いんですか?」

提督「仕事の能率を上げるために必要なことだよ」

提督「扶桑、なんなら俺と一緒に寝るか?」

扶桑「ふぇ!?///」

提督「はは、なーんt」
山城「・・・・・・」
提督「」

提督「なんでいつも現れるんだよ!?」

山城「扶桑姉様のいないところに山城は現れない・・・」

提督「納得したよ!」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:17:34.30 ID:nnlZYQ7d0

山城「ところで提督。先ほどの扶桑姉様に対してのセクハラ発言は、いかがなものかと」ギロ

提督「」ビクビク

扶桑「私は大丈夫よ。そうね・・・」

扶桑「山城も、一緒にお昼寝をしない?」

山城「わ、私もですか?」

扶桑「提督も入れて、仲良く3人で・・・ね?」

山城「扶桑姉様と一緒・・・///」

提督「ありがたき幸せ・・・!」

山城「提督は・・・まぁ、良いですけど・・・」

提督「どうも」

提督「ところで、どこで寝る?」

扶桑「では、折角ですので提督の寝室で・・・///」

山城「」ムッ

提督「(こういう発言を聞くと、少し期待をしてしまう)」

提督「じゃあ、ちょっと部屋整理してくるよ」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:22:43.22 ID:nnlZYQ7d0

提督「そういえば布団の中にパジャマが」

提督「着替えるか」バホ
春雨「あ・・・司令官・・・!///」モゾモゾ
提督「・・・・・・」

春雨「ん・・・!/// って! 司令官!?///」ビク

提督「・・・・・・」

提督「・・・さて、パジャマは執務室で着替えて」

提督「扶桑達の部屋にお邪魔するかな」

春雨「あ! 待って下さい! こ、これは・・・///」
提督「(これはあとで・・・夕立に説教してもらおう)」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:28:01.45 ID:nnlZYQ7d0

提督「いやぁ、すまんな」

提督「俺の部屋、思っていたよりも散らかっていてな」

扶桑「いえ、構いませんよ?」

山城「扶桑姉様・・・ℤℤℤ」

提督「(おぉ・・・2人とも、良い匂いがする)」

提督「(落ち着くなぁ・・・こんな美人2人と一緒にお昼寝なんて)」

提督「(幸せ者だなぁ・・・)」
― 提督私室 ―

春雨「司令官・・・春雨を放置して・・・!///」モゾモゾ

春雨「こ、これもこれで・・・良い・・・ですよぉ!///」モゾモゾ

春雨「あ・・・!///」ビクビク

夕立「・・・・・・」
夕立「提督さん! 助けてっぽい!」ウワーン
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:36:30.70 ID:nnlZYQ7d0

― 『扶桑に相談』 ―

扶桑「それで、夕立ちゃん」

扶桑「相談って何かしら?」

夕立「最近、春雨が提督のことしか頭になくて」

夕立「昨日の夜も、提督のシーツに関してずっと話していて」

夕立「中でも、五月雨は優し過ぎるから、ずっと聞いていた結果が・・・」チラ

扶桑「?」チラ
五月雨「」ブツブツ
扶桑「」

夕立「というわけっぽい」

夕立「どうしたら良いと思う?」

扶桑「そ、そうね・・・」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:41:17.73 ID:nnlZYQ7d0

扶桑「そういうことに興味がでてくる年頃だし」

扶桑「かつて自分が、春雨ちゃんと同じくらいのときはどうだったか」

扶桑「考えてみてはどうかしら?」

夕立「理解してあげるってことっぽい?」

扶桑「そうね、まずはそこから」

扶桑「姉というのは、いつでも妹が心配でもあり」

扶桑「いつでも世話をするものだわ」

扶桑「頑張ってね?」ニコ

扶桑「(あまり事情はわからないけど・・・)」

夕立「わかったっぽい! どうもありがとう!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:44:46.43 ID:nnlZYQ7d0

― 数日後 ―

白露「…ℤℤℤ」

時雨「…ℤℤℤ」

村雨「…ℤℤℤ」

夕立「…ℤℤℤ」

五月雨「…ℤℤℤ」

涼風「…ℤℤℤ」
春雨「みんなして寝ないで! 司令官のニオイが薄まっちゃう!」ウワーン
提督「どうしてこうなった」

提督「とりあえず春雨はお仕置きだ」

春雨「はい///」

提督「」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:49:56.52 ID:QmSWh3SZO

ピンクは淫乱、はっきりわかんだね

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 15:56:45.03 ID:nnlZYQ7d0

― 『節分』 ―

山城「鬼は外ー!!」ズガガガ

山城「福は内ー!!」ズガガガ
提督「痛い痛い痛い!」ビシビシ
山城「今日は節分ですよ? 豆を撒くのは当然です」

提督「俺に当てるな!」

扶桑「そうよ、山城。ほら、恵方巻きを作ったから食べて?」

山城「ありがとうございます!」

提督「おぉ!美味そう!」

扶桑「ふふ・・・ありがとうございます」

提督「扶桑は俺の秘書艦になってくれてから、凄く料理を頑張っていたからな」

提督「ありがとうな、毎日楽しみにしているよ」

扶桑「え、えと・・・///」
山城「提督、豆をどうぞ」ズボ
提督「ふがっ!? そこ鼻・・・目えぇぇぇ!!」ジタバタ

扶桑「ふふふ・・・」クスクス

山城「ふふ・・・」ズボ
提督「蝸牛がぁぁぁ!?」グルグル
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:03:56.62 ID:nnlZYQ7d0

山城「提督、頭の穴という穴から大量の豆を落とさないで下さい」

提督「誰がやったんだよ!?」ザー

菊月「隙あり!」バッ

提督「うわっ!」

菊月「ふっ、軍人たる者、いかなるときにも油断をしてはいけないんだぞ?」

提督「やったな!」ジャラジャラ

提督「食らえ! 9mmバタピー弾クルツ!」ズガガガ

菊月「うわっ!?」ドテ

菊月「・・・・・・」

菊月「」グス

提督「あ」

菊月「うぅ・・・酷いや・・・」グスグス
弥生「司令官?」ニコ
提督「」
扶桑「ふふ・・・みんな仲良しね」

山城「楽しいですね」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:18:37.02 ID:nnlZYQ7d0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
山城「こう思い返してみると、とても楽しかったですね」

山城「扶桑姉様に会えたのも、提督のおかげです」

山城「そして」

山城「つい先程・・・」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:28:56.06 ID:nnlZYQ7d0

― 執務室 ―

山城「やっぱりそうですか・・・!」

山城「なんで・・・なんでいきなり決めたんですか!」

提督「だからこうして説明したじゃないか」

提督「俺は真剣に考えていたんだ」

提督「扶桑とケッコンするって」

山城「そんなの・・・私が認めません!」

提督「それはあんまりだ!」

提督「姉妹の仲が良いのはわかるが」

提督「認めてくれよ!」

提督「良いか? 俺は扶桑のことを真剣に・・・!」

山城「・・・私のおしり凝視したくせに」

提督「あ、あれは・・・」

山城「どうせ、体目的なんじゃないですか?」

提督「な、なんだと・・・!?」ガシ

山城「きゃっ!?」

提督「ふざけるな! 俺は扶桑のことをそんな目で見ていない!」ググ

山城「は、放して下さい!」ドン

提督「うわっ!」グラ
ガン!!    ゴキ!
山城「・・・・・・え?」

山城「あ・・・あぁ・・・!」
提督「」ドクドク
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:31:21.50 ID:nnlZYQ7d0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
山城「事故とはいえ、頭の打ち所が悪かった提督は」

山城「そのまま目が覚めることはありませんでしたね」

山城「・・・いえ、もしかしたら、まだ生きていて」

山城「気絶をしていただけだったかもしれません」

山城「どうなんですか? 提督」
提督「」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:35:39.86 ID:nnlZYQ7d0

山城「まぁ、こんなに時間が経っていては」

山城「もう死んでいるでしょうけど」

山城「・・・・・・」

山城「あの時、助けなきゃって、思ったんですよ?」

山城「後の私の処分に関しては、何も怖いものはありませんでした」

山城「でも」

山城「私は提督を放置しました」

山城「見殺しにしました」

山城「なぜか?」

山城「扶桑姉様と過ごすためです」

山城「提督が死ねば、扶桑姉様を独り占めできる」

山城「そう考えたからです」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:37:36.45 ID:w4yGuxkRo

ひぇー……

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:41:15.70 ID:nnlZYQ7d0

山城「幸いにも、事故の現場は誰にも見られていない」

山城「それに、今は深夜です」

山城「この部屋の電気も消しました」

山城「提督の耳に届いているかはわかりませんが」

山城「最期に、思い出話でもと」

山城「あれからずっと、傍にいました」

山城「・・・提督、冷たくなっていますね」

山城「でも、私には提督を温めてあげることができません」

山城「この後、私のしたことが発覚するかはわかりませんが」

山城「気づかれないように、精一杯頑張ります」

山城「提督は言っていましたよね?」

山城「頑張るお前は好きだって」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:46:30.25 ID:nnlZYQ7d0

山城「私も、提督のことは嫌いではなかったんですよ?」

山城「今となっては死人に口なし・・・」

山城「あ、縁起が悪いですね。ふふ・・・」

山城「弁解の余地なしですが、あのときも」

山城「私は扶桑姉様とのごケッコン、認めるつもりでした」

山城「提督は誰よりも私達艦娘のことを大切にし」

山城「そしてみんなから愛された人です」

山城「素敵な方でした」

山城「でも、私と提督は、いつの間にかふざけ合うような関係になり」

山城「本当に勝手な理由ながら、私も少しふざけて」

山城「過剰な演技をしていたんです」

山城「そうしたら、思ったよりも提督が真剣だったようで」

山城「私もつい、ムキになってしまって」

山城「こうなってしまいました」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:54:38.25 ID:nnlZYQ7d0

山城「提督は死んでしまいましたから」

山城「扶桑姉様は悲しむでしょう」

山城「でも、それは一時的なものです」

山城「私が、扶桑姉様が提督のことを忘れるくらい」

山城「慰めて、共感して・・・そして、愛します」

山城「大丈夫です、安心してください」

山城「絶対にそうしてみせますから」

山城「・・・・・・」

山城「・・・さて、では私はそろそろ」

山城「・・・・・・」

山城「扶桑姉様から・・・みんなから愛された」

山城「優しい提督」

山城「ゴメンなさい・・・そして、ありがとうございました」

山城「扶桑姉様と会わせてくれて・・・色々な楽しいことを教えてくれて」

山城「そして」
山城「扶桑姉様を、私に独り占めさせてくれた提督」

山城「心から、感謝します」

山城「では、提督」
山城「さようなら」
提督「」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 16:56:52.61 ID:SL4hmEEDo

こええよ…

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 17:05:36.98 ID:X0i55khLO

提督喋らんなぁと思ってたら。

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 17:19:41.81 ID:nnlZYQ7d0

山城「・・・・・・という話を」

山城「昨日、扶桑姉様を見つめながら」

山城「夜寝る前の妄想で興奮していました」
提督「」

扶桑「」
山城「どうでしょうか?」

提督「・・・山城、お前今日から2週間、扶桑との編成なしだ」

山城「そんな殺生な!?」ガーン
― 机の下 ―

五月雨「(もう・・・ダメぇ・・・!///)」プルプル

五月雨「(あ・・・!///)」チョロチョロ
提督「ん?」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 17:20:28.72 ID:nnlZYQ7d0

扶桑「・・・山城」

山城「扶桑姉様はわかってくれますよね? 私の愛が!」
扶桑「山城さん、私に近寄らないでいただけますか?」
山城「扶桑姉様・・・?」

扶桑「さすがにちょっと・・・」

扶桑「引いたわ」
山城「」ガーン

山城「・・・・・・」
山城「不幸だわ・・・」

提督扶桑「「それはこっちのセリフ!!」」
― 提督私室 ―
春雨「あぅ・・・はぁはぁ・・・司令官・・・んぅ!///」ガタガタ
――― 終 ―――

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする