【艦これ・鳳翔】鈴谷「リコンカッコガチ?」SS

【艦これ・鳳翔】鈴谷「リコンカッコガチ?」SS

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425043276/l50

1 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:21:17.00 ID:POUspbMR0

‐執務室‐

鈴谷「あ゙~~~!暇っ!」
提督「…」カキカキ
鈴谷「ひ~ま~!」
提督「…」カキカキ
鈴谷「ひ!ま!」
提督「ええい五月蠅いッ!」バン
鈴谷「やっと反応した~!」

2 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:22:01.48 ID:POUspbMR0

提督「こっちは書類書かないといけないの!」ホレ
鈴谷「こっちは暇で仕方ないの!」ホレ
提督「だったら手伝え。暇なんだろ?」
鈴谷「いや~…そういう退屈な仕事は鈴谷遠慮しとこっかな~って」
提督「ってか何で執務室にいるんだよ…秘書艦じゃないでしょ?」
鈴谷「ん?何となく」
提督「…何でも良いけど、邪魔はするなよ?」ハア

3 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:22:30.52 ID:POUspbMR0

鈴谷「じゃあ提督の机の中身調査でも…」ゴソゴソ
提督「お、おい!」
鈴谷「おやおや~?この反応は…エッチな本でも隠してる?」
提督「そんなものはッ…!」
鈴谷「ふむふむ…えっと…『那珂ちゃんブロマイド』?」
提督「あぁ…それな。明石の店で大量に余っててな。不憫だから在庫買い取りを…」
鈴谷「あぁ…」トオイメ
提督「絶対売れるからって、那珂に頼みこまれたらしくて…断り切れずに生産したとか…」
4 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:23:32.06 ID:POUspbMR0

鈴谷「気を取り直して…ふんふむ…これは…?」ゴソゴソ
提督「!」
鈴谷「…指輪?」
提督「…」
鈴谷「ねぇ提督。これってさ」
提督「あぁ…御想像通りのモノさ。艦娘とのケッコンカッコカリ用の指輪だ」
鈴谷「ほほう!ほほう!」

5 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:23:59.67 ID:POUspbMR0

提督「ほら。返しなさい」
鈴谷「え~良いじゃん!」ブー
提督「全く…仕事の邪魔をするなと言ったろうに…」ブツブツ
鈴谷「そういえばさ!提督って独身だよね?」
提督「…そうだが」
鈴谷「何でケッコンカッコカリしないの?」
提督「…」
鈴谷「ねぇってば!」グイグイ

6 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:24:37.35 ID:POUspbMR0

提督「…何だって良いだろ」
鈴谷「提督の事好き~って艦娘なら、この鎮守府に一杯いるじゃん?」
提督「…」
鈴谷「ホラ!金剛さんとか…千歳さんとか…色々さ~」
提督「仲は良い方だとは思うが…別にそういう関係ではないからな」
鈴谷「あ、違うんだ…って事は…まさか…」
提督「ん?」
鈴谷「この指輪!まさか鈴谷に!?プロポーズ?」

7 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:25:22.34 ID:POUspbMR0

提督「いや、それはない」キッパリ
鈴谷「やだー!盛っちゃって!でもでもー!そんなにして欲しいなら…あれ?」
提督「人の話聞けよ」
鈴谷「す、鈴谷が机の中見るの予測して、指輪を仕込んでおいた…んじゃ?」
提督「ない」
鈴谷「」
提督「鈴谷?」

8 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:26:02.86 ID:POUspbMR0

鈴谷「強がっちゃって!ほれほれ、今なら鈴谷の甲板ニーソ、触り放題だよ~?」チラッ
提督「さて仕事仕事…」カキカキ
鈴谷「もう!じゃあ誰とケッコンするの?練度の面なら大体大丈夫でしょ?」
提督「…悪いが、俺はもうケッコンするつもりは無いんだ」
鈴谷「もう?」
提督「あ」
鈴谷「え?ちょっと待って提督。もうって事は…前にしてたの?」

9 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:26:31.79 ID:POUspbMR0

提督「…昔の話だ。随分昔にリコンカッコガチしたよ」フウー
鈴谷「そ、そうなんだー」アハハ
提督「…」
鈴谷「(気まずい…)」
提督「…」
鈴谷「で、誰なの?誰とケッコンしてたの?」
提督「…ノーコメント」
鈴谷「えー!」

10 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:27:13.08 ID:POUspbMR0

提督「…」カキカキ
鈴谷「ここまで話したんだから、最後まで言っちゃいなよ!気になるじゃん!」
提督「…」カキカキ
鈴谷「じゃあ当てちゃうからね?えーっとねぇ…」
提督「…」カキカキ
鈴谷「足柄さんでしょ!何か最近…合コンを求めて、他の鎮守府を襲ってるって噂聞くし!」ビシイッ
提督「違う。どこで聞いたんだ…足柄はそういう子じゃないからな…」
鈴谷「『(男に)飢えた狼』の二つ名を持ってるって聞いたけど?青葉から」

11 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:28:42.10 ID:POUspbMR0

提督「青葉め…」
鈴谷「違うの?てっきり提督と別れて欲求不満なのかと思ったのに」フム
提督「…」カキカキ
鈴谷「じゃあねぇ…日向さんとか?病気のフリして堕としたとか!?」ワクワク
提督「は?」
鈴谷「ほら!顔が熱いとか言って!んで、近づいた所を布団に引き込み無理矢理関係を…」
提督「こら。人聞きの悪い事を。俺はそんな事しません」カキカキ
鈴谷「『特別な瑞雲』を夜戦で使って堕としたけど、マンネリでリコンとか…?」ニヤニヤ

12 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:29:36.46 ID:POUspbMR0

提督「あの子の頭の中には瑞雲の事しか無いからな…」ハア
鈴谷「それはそうかも…」
提督「昨日も、朝まで瑞雲の素晴らしさについて語られたし…睡眠不足だっての…」カキカキ
鈴谷「Oh…」
提督「いい子なんだけどな。うん」
鈴谷「う~む。他に提督とケッコンしてたっぽい人と言えば…」
提督「まだ聞くのか…」ハア

13 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:30:10.71 ID:POUspbMR0

鈴谷「分かった!長門さんだ!うん。間違いない!でしょ?でしょ?」ムフー
提督「んなこたぁない」
鈴谷「何で!?美人じゃん?スタイル抜群じゃん?夜のビッグ7っぽいじゃん?」
提督「夜のビッグ7て何だよ…」
鈴谷「違うの?」キョトン
提督「あの人とは絶対ケッコンは無いな…」
鈴谷「どういう事?」
提督「何故か…若気の至りで浮気しちゃって、その後ボッコボコにされる光景が頭に浮かぶんだよ…」ゾクッ

14 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:31:11.29 ID:POUspbMR0

鈴谷「?」
提督「もうそろそろ良いか?仕事が全然進まないんだが」カキカキ
鈴谷「えー」
提督「…」カキカキ
鈴谷「長門さんでもないとすると…」
提督「…」カキカキ
鈴谷「もしかして…洋モノ!?ビスマルクさん!?そうなんでしょ!」
提督「!?」

15 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:31:50.67 ID:POUspbMR0

鈴谷「パツキンゲルマンボイン美女vs日本侍、鎮守府夜の大決戦!や~流石提督、目の付けどころが違うね!」
提督「何て言い草だ…」
鈴谷「リコン原因はアレでしょ!提督のザワークラフトを口に…」
提督「言わせねぇよ!」デコピン
鈴谷「あうっ」
提督「ビスマルクが来たのはつい最近だろうが。いつケッコンとリコンしたんだよ」
鈴谷「それはそうだけど~」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 22:33:23.70 ID:EylIncSg0

ロリコンカッコガチに見えた

17 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:35:15.94 ID:POUspbMR0

提督「ほら。もういいだろ?仕事の邪魔だから帰りなさい」ホレ
鈴谷「教えて教えて教えて~!」ブンブン
提督「…えっと、この書類は…」
鈴谷「むぅ~!」プクー
提督「ん?鈴谷?窓を開けてどうした?」
鈴谷「…」スウーッ

鈴谷「 皆 ー ! 提 督 っ て 伊58 と 毎 晩 お 楽 し み な ん だ っ て ! 」
19 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:38:19.31 ID:POUspbMR0

提督「こ、こらっ!いきなり何を言うか!」アセアセ
鈴谷「ナンダッテー? 呂500 ニモイタズラヲー?(棒)」
ザワザワ エッ テイトクッテ ロリコンデチ? キチク! ケンペイヲヨベー!

シンジテ オクリダシタ ローチャンガ… オイゲンサン、オチツイテ! ダブルピース ヤメナサイ!
提督「わーっ!嘘だから!皆!俺はそんな事してないからなー!」
鈴谷「ふっふっふ…さぁ!これ以上デマを流されたくなかったら、早く教えなさい!」ニヤニニヤ
提督「ああもう…分かったよ」クッ
鈴谷「ほれほれ~」ニヤニヤ

提督「…鳳翔さんだよ」ボソッ
20 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:38:55.19 ID:POUspbMR0

鈴谷「えっ」
提督「…二度は言わん」
鈴谷「あ…うん。何か納得って感じ?」
提督「…」
鈴谷「何か…ゴメンね…じゃ!鈴谷はこれで!」ガチャ
提督「…」
スタスタ

鈴谷「(どうしよう。相手がガチ過ぎて理由聞けなかった…)」

22 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:40:57.39 ID:POUspbMR0

‐重巡・最上型部屋‐
鈴谷「ただいまー…って何やってるの?」
最上「おかえり鈴谷。今ね、タワー作ってるの。トランプとかでやる奴」
熊野「もう少し…もう少しですわ…」プルプル
三隈「くまりんこ!」バサー
鈴谷「そうなんだ…って、材料にしてるのって…」
最上「ん?『那珂ちゃんブロマイド』だよ。何か大量に余ってるからって、貰ってきたんだ。鈴谷も要る?」ホレ
鈴谷「遠慮しとく…」

23 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:41:49.34 ID:POUspbMR0

熊野「それで、結局聞けずに戻って来られたのですね?」
鈴谷「いや~…あの雰囲気はダメでしょ!絶対無理!」ブンブン
最上「ボクも苦手だな…そういう雰囲気」
三隈「くまりんこ!」
鈴谷「…そうだ!皆で予想しようよ!提督と鳳翔さんのリコン理由!」
最上「ええっ!そんなの…良いのかな?」
熊野「少々野暮ですが…私も気になりますわ!」ムフー

24 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:42:18.05 ID:POUspbMR0

鈴谷「じゃあ最初は~熊野!」
熊野「わ、私ですの!?」
鈴谷「何かノリノリだったじゃん?ではっ!熊野さん!理由について答えて下さいッ!」ビシイッ
三隈「くまりんこ!」
最上「ふふ…楽しみだなっ!熊野の予想…」ワクワク
熊野「ええ…」
鈴谷「早く!早くぅ!」
熊野「それでは…宜しくて?」ポワポワポワ

25 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:43:30.75 ID:POUspbMR0

~熊野妄想~

鳳翔「~♪」
提督「あの~鳳翔さん?」
鳳翔「提督?何か御用ですか?」
提督「…この請求書は?」
鳳翔「昨日行ったエステの請求書ですけど?」キョトン
提督「あ、ああ。(金額が…)」
鳳翔「スペシャルボーキサイトコース、凄かったです♪」

26 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:43:57.98 ID:POUspbMR0

提督「そ、それは良かったな…」
鳳翔「ああそれから、夜は空母娘の女子会が有りますので、食事はご自分で用意して頂けます?」
提督「あ、またですか…」
鳳翔「今日は新しく町にオープンしたレストランに行く予定ですので、初めてですよ?」
提督「そうですか…」
鳳翔「もう今から楽しみです♪」
提督「あはは…」

27 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:44:34.51 ID:POUspbMR0

鳳翔「あ、それと新しい家具の注文しておきましたので、受け取っておいて下さいね?」
提督「え?」
鳳翔「これ、請求書です」スッ
提督「どれどれ…一、十、百、千……!?」
鳳翔「?」

提督「じゅ、じゅ、十五万コイン…だと!?」

28 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:48:22.38 ID:POUspbMR0

鳳翔「熟練の家具職人さんに特注で作って貰う事にしたんですけど、何か問題が?」
提督「そ、そ、それにしたって…高すぎ…」
鳳翔「…」ジロッ
提督「あ、いや…ナンデモナイデス…」
鳳翔「気に入って貰えて良かったです!」
提督「で、でも…こういう高い買い物の時は、事前に相談して欲しかったなーって」
鳳翔「私の趣味に不満が?」ジロッ

29 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:49:43.73 ID:POUspbMR0

提督「ヒイッ!問題有りません…(貯金が…貯金が…)」
鳳翔「なら良いんですけど。」
提督「それと、俺のお小遣いなんだけど、もう少しだけ上げて欲し…」
鳳翔「はい?」
提督「あ、いや…その…月に三千コインではちょっと厳しいというか…」
鳳翔「提督ったらおっしゃいましたよね?『君に不自由は何一つさせない。だから俺とケッコンして下さい』って?」
提督「うぐ…言いました」

30 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:50:18.33 ID:POUspbMR0

鳳翔「だったらもっと頑張って頂かないと。妻の幸せの為に働くのが夫の勤めでしょ?」
提督「はい…はい…」
鳳翔「しっかり稼いで下さいね?あ・な・たっ♪」ウフフ
提督「…」
提督「もう…もうケッコンなんてこりごりだァーーーーー!!!!」

……

………

31 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:50:52.28 ID:POUspbMR0

熊野「どうでしたか?私の予想は?」フフーン
鈴谷「どうって…言われても…」
三隈「くまりんこ!」
最上「提督…何て不憫な…ボクで良ければ、いつでもお弁当作ってあげるからね!」ウルウル
鈴谷「いや、これ熊野の妄想じゃん。落ち着いてよ」ビシッ
熊野「あら。神戸の方では良く聞いた話なのですけれど。変でしたか?」
鈴谷「あー…なるほどね」

32 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:51:26.88 ID:POUspbMR0

最上「グスッ…ズビッ…どういう事だい?」
鈴谷「稼ぎを妻の良いようにばかり使われる提督…いわゆるATM提督ね」
三隈「くまりんこ!」
鈴谷「でも…普通に考えて、鳳翔さんがそうなるとは思えないんだけど」
最上「確かに。まさに理想のお嫁さんって感じだもんね」
熊野「むぅ。それは言えてますわね。悔しいけれど、可能性は低いと思いますわ」
鈴谷「リコンの原因は、多分提督の方に有ると思うんだよね~。じゃあ次、私ね!」ポワポワ
三隈「くまりんこ!」

33 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:52:16.33 ID:POUspbMR0

~鈴谷妄想~
鳳翔「ただいま戻りました。遠征が早く終わって良かったです」ガチャ
ギシギシ テイトク アンッ アアンッ
鳳翔「ふふっ…お風呂一緒に入りますか?ご飯先作っちゃいましょうか?それとも…!?」ガラッ

提督「フヒッ!ほれほれ!ここか?ここが良いんか?ん?んん?」グリグリ
あきつ丸「ああっ!提督殿っ!そこは…飛行甲板はダメであります!」ビクンビクン
鳳翔「」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 22:55:05.68 ID:0O0C1Etx0

浮気相手のチョイスに草
元一航戦、あるいは空母勢じゃないんかいww

36 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:55:17.34 ID:POUspbMR0

提督「ほら…次はその手のTE●GAで、俺の試製51㎝連装砲を…な?」ボロン
あきつ丸「りょ、了解でありま…きゃあっ!」
鳳翔「…」
提督「ほ、鳳翔!?今日は遠征のはずじゃ!?」
鳳翔「あなた…提督…これはどういう…」
提督「…」
鳳翔「黙っていないで答えて下さい!これはどういう事なのです!」
あきつ丸「…」

37 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:56:09.39 ID:POUspbMR0

提督「チッ…バレてしまっちゃあ仕方ねぇか。ああそうさ。見ての通りお楽しみ中だよ!」
鳳翔「どうして!どうして私じゃないんですか!全然夜戦に誘ってくれないから、お疲れなのかと…」
提督「…ハァ」カチッ シュボー
鳳翔「答えて下さい!」バン
提督「お前の身体に飽きたんだよ。簡単な話だろ?」フー
鳳翔「っ!」
提督「お前とケッコンしてもう随分経つよなぁ…最初の頃は、なんつーか大人の色気っての?最高だったよ。うん」
鳳翔「…」

38 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:56:58.92 ID:POUspbMR0

提督「だけどさー。最近思うんだよねー。やっぱ時代はロ○巨乳かなーって」
鳳翔「そんな…そんな…」
あきつ丸「提督殿は最近毎日自分を求めてくるであります!」スリスリ
提督「こら。くっつきすぎ。今日は全力でお前の身体に揚陸しちゃおうかな~」ドサッ
あきつ丸「ああっ!凄いであります!提督殿の雰囲気に呑まれているであります!」ハアハア
鳳翔「夢…これは夢なのよ…これは悪い夢…」
提督「やっぱ抱くなら若い艦娘に限るよなー!いやーたまらん!」

39 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:58:06.51 ID:POUspbMR0

あきつ丸「提督殿…この前の話、覚えてくれているでありますか?」
提督「改装の事だろ?当たり前じゃないか。航空兵力の充実なら任せとけって」
あきつ丸「本当でありますか!?これで自分も空母並みでありますな!」
提督「そうだな。明日の出撃から、『旧式の軽空母』と交代で第一艦隊の所属決定!」サワサワ
鳳翔「ねぇ…待って!待って下さい!お願い!話を聞いて!イヤです!イヤ!」
提督「あれ?お前まだいたの?」
鳳翔「イヤアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

提督「あーもう面倒くせぇ!もうケッコンなんかこりごりだ!」

……

………

41 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 22:59:54.23 ID:POUspbMR0

鈴谷「どう?どう?」
熊野「典型的なパターンですわね…」
最上「許せない!ボク、今から提督をシメてくるから!」
鈴谷「だから鈴谷の妄想だってば。何で毎回信じるのよ…」
三隈「くまりんこ!」
鈴谷「これはいわゆる不倫提督ね。しかも不倫がバレたら開き直ってしまう外道ぶりよ!」
最上「ここまでヒドイかは別として、可能性高そうだよね!」

43 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:01:46.96 ID:POUspbMR0

熊野「確かに、王道中の王道ですわね」
鈴谷「提督って全然鳳翔さんのお店行かないじゃん?やっぱり気まずいのかなーって!」
最上「あ、でも…あきつ丸さんと仲良くしてるのも見た事ないな…」
熊野「それは例え話ですし…あの子、『海軍のノリは苦手であります』って部屋に引きこもりですし…」
三隈「くまりんこ!」
鈴谷「じゃあ次は…最上姉で!」
最上「ボクの番かぁ~!よっし!じゃあねぇ…」ポワポワ

44 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:02:29.75 ID:POUspbMR0

~最上妄想~
提督「あーーーーーーだりぃーーーー」ゴロゴロ
鳳翔「提督?あの…えっと…」
提督「何ーーーー?」
鳳翔「そろそろ…執務を行って貰いませんと…」
提督「…俺さ、思うんだわ」ゴロゴロ
鳳翔「はい?」
提督「俺ってさ、こんな小さな鎮守府で収まるタマじゃないって」

45 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:02:57.36 ID:POUspbMR0

鳳翔「そ、それは…」
提督「俺の夢、前に話しただろ?デッカイ夢!」
鳳翔「ええ…そうでしたね」
提督「俺はよ!将来ビッグになるから!絶対!絶対!」
鳳翔「ええ…」ハア

スクッ
提督「近いうちによ…俺…喫茶店を開くから!ウサギと可愛い女の子が一杯の!」
鳳翔「えっ!?」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 23:05:11.74 ID:PRsMqbcYo

こころぴょんぴょん

48 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:05:47.26 ID:POUspbMR0

鳳翔「こ、この前お聞きしたのと違うような…」
提督「なあ鳳翔ー。俺は過去に生きてるんじゃねぇ。未来に生きる男なんだぜ?」フッ
鳳翔「そうですね…(前は海賊王になりたいとか言ってたような…)」
提督「時代は喫茶店なんだよ!ネットでも言ってるから!間違いないって!」
鳳翔「…」
提督「こんな一日中猫とペンギンと妖精眺める仕事なんかさ、俺向いてないと思うんだよね」
鳳翔「そんな事は…ないと思いますが(海と艦娘は…?)」

49 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:06:54.47 ID:POUspbMR0

提督「という訳でさ。鳳翔、お小遣い頂戴?」テノヒラー
鳳翔「…昨日渡しましたよね?」
提督「昨日のは昨日の分だろ?今日の分、早くー」ゴロゴロー
鳳翔「何に使ったんですか…確か、総司令部に行く交通費ってお聞きしましたが…?」
提督「そうそうそれそれ。いや~通勤辛いわ~」
鳳翔「…先方に確認をとりましたが、昨日どころか、私とケッコンしてからずっと提督は来ていない…との報告が」
提督「ギクッ」

50 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:07:52.65 ID:POUspbMR0

鳳翔「この所毎日出かけているようですが…本当の事をおっしゃって下さい!」
提督「…キッサ」
鳳翔「え?」
提督「…喫茶店だよ!ウサギが一杯の!可愛い女の子がコーヒー淹れてくれるの!」
鳳翔「仕事もせずに…貴方という人は…」
提督「ち、違うから!これは将来喫茶店を開く為の勉強だから!ね?そう!社会勉強してるんだ!」
鳳翔「貴方には鎮守府の提督というお仕事が!使命が有ります!それを全うして下さい!」

51 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:08:27.37 ID:POUspbMR0

提督「だからこういう仕事は向いてないんだって!」
鳳翔「いい加減にして下さい!私にばっかり働かせて…貴方は毎日遊んでばっかり…もうイヤ…」グスッ
提督「ま、待ってくれ!俺を見捨てるのか!?」ガシッ
鳳翔「うう…そんな目で見ないで下さい…」
提督「お前が居ないと、俺ダメなんだってば…今は力を溜める時期なんだよぉ」ウルウル
鳳翔「もう…どうしてこんな人、好きになっちゃったんでしょうか…」
提督「な?な?俺ちゃんと頑張るから!明日から頑張る!仕事するから!」

53 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:09:12.47 ID:POUspbMR0

鳳翔「…分かりました。提督が心を入れ替えてくれるのなら…」
バタン
卯月「しっれいかん~♪遊びにきたぴょん♪」
提督「卯月ちゃん!おはようだぴょん♪」
卯月「ぷっくぷぅ~!どうして今日はお店に来てくれないぴょん?」
提督「ごっめ~ん!じゃあ今から一緒に行くぴょん♪」
鳳翔「…」プルプル
提督「ハッ!こ、これは…」

54 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:09:58.74 ID:POUspbMR0

鳳翔「…さよなら」バタン
提督「俺は…俺は…ただ…心ぴょんぴょんしたかっただけなんだ…」ガクッ
卯月「?」
提督「ハハ…俺って本当にバカだよな…一番大切な人を傷つけて…失って…ようやく気付いたよ…」
提督「俺みたいな男は…もうケッコンなんかする資格…ないよな…ハハ…ハハハハ…」ドサッ

……

………

55 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:13:10.84 ID:POUspbMR0

最上「ボクの予想、どうかな?」
熊野「何という甲斐性無し…こんな男が居たら、はっきり言って幻滅ですわ」
三隈「くまりんこ!」
鈴谷「これはアレね。いわゆるヒモ提督ね。」
熊野「ヒモ?」
鈴谷「ロクに働きもせず、収入は交際相手に頼りっぱなし。かといって家事を行う訳でもないっていうアレ!」
熊野「今真面目なのは、それで心を入れ替えたとか…?」フム
鈴谷「んでもって口だけは達者で、叶いもしない大きな夢ばっかり見てる。そして小遣いを貰って毎日フラフラ…鈴谷は絶対無理!」

56 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:13:38.07 ID:POUspbMR0

最上「あ、でも…ボクはこういうヒモ?と別れられない人の気持ち、分かるかも…」
鈴谷「ええっ!?マジで?」
最上「何というか…ボクが見捨てたら、居なかったらダメになっちゃうって思うと…つい…みたいな?」
熊野「甘えられると、母性本能がくすぐられるのでしょうか…?」
最上「(提督が…もし本当にそんな人だったら…ボクの…ボクだけの提督に…)」ゾクゾク
鈴谷「じゃあ最後は…三隈姉?何か予想はついてるの?」
三隈「くまりんこ!」ポワポワ

57 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:14:11.72 ID:POUspbMR0

~三隈妄想~
提督「今帰ったぞ!」ガラガラ
鳳翔「お帰りなさいませ、あなた」
提督「…チッ」
鳳翔「あの…今日は給料日だったと思うのですが…」
提督「あ?んなもんねぇよ!」
鳳翔「こ、困ります!家に生活費を入れて貰わないと!」
提督「うるせぇ!帰りに全部スッちまったんだよ!」

59 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:14:43.08 ID:POUspbMR0

鳳翔「また…また競艦ですか…」
提督「チクショー!まさかターンで魚雷の直撃くらってクラッシュとはな!やってらんねーよ!!」バン
鳳翔「…」
提督「ふざけんなっての!てめぇに全額賭けてたんだぞ!雷ィ!」
鳳翔「…」
提督「今回の島風杯こそ、ガッポリ儲けられると思ったのに…ケッ!」
鳳翔「とにかく、一度ゆっくりとお話を致しましょう。ね?」

60 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:16:02.80 ID:POUspbMR0

提督「おい、酒持ってこい」
鳳翔「あなた…お酒は軍医さんから禁じられているでしょう?」
提督「うるせぇ!俺の言う事が聞けねぇのか!おらっ!おらっ!」ペチーンペチーン
鳳翔「ああっ!あなた!止めて下さい!お尻ペンペンは止めて!」
提督「酒だ!酒!」ペチーン
鳳翔「お酒は出せません…あなた下戸じゃないですか…」
提督「ああん?出せない?酒なら店にいくらでも有るだろうが!」

61 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:16:49.29 ID:POUspbMR0

鳳翔「何言ってるんですか…お店は、あなたがケッコン前に作っていた借金のカタに売り払って…」
提督「う、うるせぇ!全ては雷が悪いんだ!あのチビ駆逐艦!何が『私に頼っていいのよ』だ!コラ!」ペチーン
鳳翔「痛い!痛いっ!あぁん//」ビクンビクン
提督「ハァハァ…これでもう分かっただろう!俺に逆らうと痛い目に遭うぞ!」
鳳翔「お金…もう蓄えも少ないんですよ?私達これからどうすれば…」
提督「…しゃあねぇな。艦娘達から借りるか…」
鳳翔「!?」

62 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:20:54.54 ID:POUspbMR0

提督「赤城は確か、休日はフードファイターで稼いでるって聞いたな。よし、今から行ってみよう」スクッ
鳳翔「やめて!部下にお金を借りるなんて…そんな姿、見たく有りません!お金なら私が…」
提督「俺に命令するんじゃねぇ!おらっ!おらっ!」ペチーンペチーン
鳳翔「だ、ダメェ!」
ドタドタドタ
憲兵「おい!貴様!何をしている!」バキッ
提督「ぐふっ」バタッ
憲兵「カッコカリとはいえ、妻に手をあげるとは、何たる事か!来い!!」グイッ

63 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:21:33.65 ID:POUspbMR0

鳳翔「あ、あなた…」
憲兵「アンタが奥さんか?こんな男、早く捨てた方が良いぞ!」
鳳翔「…」
提督「…鳳翔…テメェ…帰ったら覚えとけ…お尻ペンペン20回の刑…だからな…」
鳳翔「ごめんなさい…ごめんなさい…」グスッ
憲兵「奥さん安心しな。裁判所に頼めば、リコン手続きも接近禁止令もすぐ貰えるからよ」
提督「チクショー!離せ!離せ!」ジタバタ

64 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:22:15.42 ID:POUspbMR0

憲兵「いい加減にしろ!このゴミが!」ドスッ
提督「おぼぉ!」
憲兵「貴様には海軍特製、教育指導棒の刑が待っているからな!」ドスッボコッ
提督「」
鳳翔「…」ポロポロ
提督「(クソ…ケッコンなんか…二度とするものかよ…)」
アッー

……

………

65 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:23:38.89 ID:POUspbMR0

三隈「くまりんこ!」ドヤ
最上「…」
熊野「…」
鈴谷「…」
最上・熊野・鈴谷「(可愛い顔してトンデモな妄想してやがるッ…!)」

三隈「くまりんこ!」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 23:24:12.40 ID:dqC7wQMK0

憲兵とよろしくやってんじゃねえかwww

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 23:24:32.96 ID:eXAlZXSSO

ホモを入れる必要はあったんですかね?

68 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:24:57.58 ID:POUspbMR0

鈴谷「ギャンブル狂いで家庭にお金を入れず…」
最上「ロクに飲めないのにお酒を飲み…」
熊野「あろう事か妻に暴力を振るう…」

三隈「クズですわ」
最上・熊野・鈴谷「!?」

69 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:27:13.59 ID:POUspbMR0

鈴谷「い、いわゆるDV提督ってやつね。うん」
最上「しかもギャンブルで借金作ったり、酒で暴れたりという属性付き…」
熊野「流石に提督がこのような方とは思えませんわ…」
三隈「くまりんこ!」
鈴谷「ま、まぁ…ここまでヒドいのは無い…かなーって」
最上「結局何でリコンしたんだろうね?」
熊野「答えは闇の中…ですわ」
ワイワイ ヤイノヤイノ クマリンコ!
鈴谷「(提督…寂しいなら鈴谷が一緒に…なんてね)」フフッ

70 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:28:32.37 ID:POUspbMR0

-空母寮 鳳翔の部屋-
ドサッ
提督「ハァ…ハァ…相変わらずだな…」ギュッ
鳳翔「ふふっ…提督も凄く良かったですよ?」ギュッ
提督「おぅ…」
鳳翔「もっと顔を出して下さっても良いのに…」
提督「あ、ああ…すまんな。最近仕事が忙しいから…」
鳳翔「分かってます。それでも忙しい中、会いに来て下さって、嬉しいです♪」ウフフ

72 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:30:23.43 ID:POUspbMR0

提督「他の艦娘に会ってる所見られたら、色々マズイからな…」
鳳翔「特定の娘とばかり仲良くしていたら、士気低下や問題発生に繋がりかねませんし…」
提督「実際、ケッコンがバレた時は凄かったもんな…大井なんか酸素魚雷を乱射し始めて…流石に死を覚悟したよ…」ゾクッ
鳳翔「北上さんが、提督の匂いをつけた着ぐるみを着て囮になったんでしたっけ?」
提督「そうそう。徐々に用意するモノを、俺の軍服→シャツ→ハンカチ…と薄めていってな」
鳳翔「今ではすっかり安定…ゴホン、仲良くなったみたいで、良かったです」
提督「北上には感謝せねばな。お礼として、夕食を奢ったりはしてるが」

73 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:31:17.34 ID:POUspbMR0

提督「そういえば昼間、鈴谷に指輪が見つかってしまってな。迂闊だったよ」
鳳翔「まぁ。ちゃんと持っていてくれたんですね」
提督「そりゃあ…当然だろ?捨てるなんて…出来ないよ」チュッ
鳳翔「ふふっ。そうですよねっ♪」チュッ
提督「あのさ…この戦いが…深海棲艦との戦いが終わったらさ…」
鳳翔「はい?」
提督「一緒に…旅にでも行こうか」

74 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:31:57.36 ID:POUspbMR0

鳳翔「!」
提督「ゆっくりと、船旅とか…どうかな?」
鳳翔「はいっ!喜んで!」
提督「良かった…あ、この話は他の艦娘には内緒で頼むよ。金剛とか『ついて行きマース!』て言いそうだし…」
鳳翔「ええ。それより…ね?」ニギッ
提督「おわっ!ほ、鳳翔さん…」
鳳翔「まだ大丈夫でしょ?もう一回…」ニギニギ

75 : ◆6wyBJfmq22 2015/02/27(金) 23:32:58.47 ID:POUspbMR0

提督「ちょ、ちょっと入渠を…」
鳳翔「あら?でもこっちの単装砲は、もう次弾装填済みのようだけど?」クスッ
提督「うおっ!緊急退避!緊急…ぐおっ!」
鳳翔「~♪」ギシギシ
提督「(リコンの本当の理由…絶対誰にも…鳳翔さんにも…言えない……よな…)」ギシギシ

提督「(鳳翔さんの夜戦が凄すぎて、身体がもたない…仕事にならないから、なんてさ…)」ビクンビクン
-終わり-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする