【艦これSS】朝潮は『不安症候群』

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428400600/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 18:56:40.41 ID:pi07hvBf0

拙い文章ですが、よろしくお願いします。

ssらしくない、小説っぽい書き方をしています。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 18:57:18.57 ID:pi07hvBf0

霰がいなくなった。

轟沈をしたわけではない。深海棲艦による被弾が致命傷となり、ドッグで治せなくなっため、内地の病院に送られた。共に出撃をしていた満潮が、鎮守府まで運んでくれたらしい。

その頃から、朝潮型の長女、朝潮が、体の異変を訴え始めた。

朝潮は生真面目で、冷静で、我慢強い子だった。命令を守り、スキルアップを欠かさず、妹たちを責任もって世話する。そんな子だった。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 18:57:50.45 ID:pi07hvBf0

ある日、朝潮が、廊下の椅子でうずくまっているのを、私は偶然見かけた。

どうしたのかと尋ねると、「おなかが痛いです」と答えた。
どこの辺りが痛いのかと尋ねると、胃の辺りを指さした。

私は応急処置として、常備薬に持っていた胃薬を与えた。痛みは引かなかったようだが、それでも健気に、出撃、遠征をしてくれた。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 18:58:32.02 ID:pi07hvBf0

満潮がいなくなった。

霰と同じく、出撃で瀕死状態となった。
それから朝潮は、胃の痛みに加えて、偏頭痛、不眠を訴え始めた。また、出撃時に発作を起こすこともあったという。

普段、我儘を全く言わない朝潮がここまで体の異変を訴えてくるのは、非常に気遣わしいものだった。私は夕方、軍医を呼び、朝潮を診てもらった。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 18:59:08.22 ID:pi07hvBf0

「典型的なストレス過多ですね」

「え……あ、ストレス……ですか……」

この診断を聞いて、私は非常に悲しくなった。

二人の姉妹が瀕死状態の、6人姉妹の長女。それに加えて、真面目で責任感の強い性格。これは、最もストレスを溜め込みやすい環境ではないか。

私は普段、戦績のことばかりを気にかけ、艦娘たちの精神状態を視野に入れていなかったのだ。この、自分の無能さが悲しくなると同時に、艦娘に対する申し訳なさがあふれてくる。

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:00:03.36 ID:pi07hvBf0

「胃潰瘍と……『不安症候群』、の可能性もありますね」

「不安しょうこう群、ですか?」

朝潮は聞きなれない言葉に、首をかしげる。そんな仕草も、今は、私の胸を、内側から圧迫する。

「はい。『不安』を異常に感じやすくなる病気です。酷いときには、発作を起こすこともあります。そんな心当たりは、ありますか?」

「はい、ちょっと前の、出撃の時に、少し……」

「そうですか。精神的な病気なので、効果的な治療法はありません。精神を安定させる薬と、あと、胃潰瘍の、胃酸の分泌を抑える薬を出しましょう」

「わかりました。ありがとうございます」

「はい。提督さんも、彼女を、できる限り、フォローしてあげてください」

「……わかりました。今日は、ありがとうございました」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:00:35.44 ID:pi07hvBf0

私はその後、先生を見送ってから、執務室で、朝潮と二人になった。

「朝潮、すまない。私が気付かなかったために」

「し、司令官は悪くありません。悪いのは……」

そう言ったところで、私は椅子から立ち上がり、朝潮を正面から抱きしめた。私には、これが精いっぱいの、朝潮にしてやれることだった。

突然のことに、もちろん、朝潮は驚く。

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:01:34.40 ID:pi07hvBf0

「し、司令官?……」

「……私でよければ、もっと頼ってくれ。お前は艦娘である前に、私の大切な部下だ。苦しい思いは、極力、させたくない……」

霰や満潮を病院送りにしているくせに、とは自分でも思う。が、これが私の本心だ。

好き好んで部下を傷つけたいわけない。しかも、それがまだ幼い少女なのなら。

しばらく抱き合っていると、今度は朝潮の方から抱きしめてくる。普段から鍛えているだけに、中々強い力だ。しばらくすると、朝潮は脱力した。

「ふぅー……かなり、心が楽になりました。司令官、ありがとうございます!」

朝潮の純粋な笑顔が、まっすぐに私を見てくる。私は優しく微笑み返した。

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:02:10.48 ID:pi07hvBf0

満潮と霰の意識が戻ったらしい。

病院に電話をかけ、二人と話をする。満潮は開口一番に私の作戦を罵倒したが、元気そうでなによりだ。
あと1週間ほどで退院するようだ。

朝食時に、朝潮にそれを伝えると、はじけたような笑顔で、妹たちに報告していた。朝潮は笑顔で、泣き出す妹たちを元気づけていた。

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:02:38.03 ID:pi07hvBf0

荒潮が重体となった。

旗艦であった朝潮は彼女を鎮守府まで運んだ。意識は朦朧とし、白目をむいていたという。

朝潮は、荒潮を運び終わった後、激しい発作を起こした。連絡を受けた私はすぐさま朝潮のもとへ駆けつけ、抱きしめた。

「朝潮、大丈夫だ! 荒潮は絶対に戻ってくる。大丈夫だ」

朝潮はただただ私に抱き付いていた。まるで、木にしがみつく蝉のように、ただひたすら。

周りにいた艦娘も、ただただそれを見ていた。

「司令官……いつも、ありがとうございます」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:03:15.93 ID:pi07hvBf0

翌日も、朝潮は出撃する。

出撃前、朝潮は同艦隊の艦娘に「大丈夫?」と聞かれていた。前日の発作を見ていたからだ。
朝潮は笑顔で「大丈夫です!」と答えた。

その日、朝潮は帰ってこなかった。

濃霧が立ち込め、戦闘が中止となったのだが、気付くと、朝潮はいなかったという。
捜索も、濃霧の危険性を顧みて、中止とさせた。

深海棲艦に捕虜にされたとか、沈んだとか、不謹慎な憶測が艦娘の間で飛び交ったが、私はもう、なんとも思えなかった。

朝潮のことを聞き、霞が私のところに殴り込んできた。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:03:47.00 ID:pi07hvBf0

「ちょっと! どうして……どうして朝潮が……うぅ……」

「……本当に、すまない……」

「すまないじゃないわよ、このクズ! あんたが[ピーーー]ばいいのに! ……うっ……うっ」

もし霞が艤装を装着していれば、私は殺されていたかもしれない。それほどの殺気が、霞の目には宿っていた。

それは当然だ。一番頼りにしていたであろう、姉の朝潮を、霞は失ったのだ。

私はただただ、謝ることしかできなかった。それは、霞たち姉妹に対して、そして、朝潮に対して。

「……申し訳ない……本当に、申し訳ない……」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:04:34.52 ID:pi07hvBf0

***

寒いです。
目を開けると、目の前には夜空が広がっています。

私の身に何があったのでしょう。確か、出撃して、濃霧の中で、敵の砲撃を艤装に受けて、それで……

濃かった霧は嘘のように晴れ、周りが良く見えます。鎮守府も見えます。

とりあえず、帰りましょう。私を待っていてくれる皆さんがいます。

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:05:09.91 ID:pi07hvBf0

鎮守府に着きました。なんとなく、静かな鎮守府。夜だから当たり前なのですが、なんとなく……

艤装を片付けようと、倉庫までやってきました。しかし、当然ながら鍵がしまっています。

鎮守府の入り口に来たのですが、当然、鍵もしまっていれば、近くには誰もいません。

胸が痛くなってきました。

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:05:37.63 ID:pi07hvBf0

私はもう捨てられてしまったのでしょうか? そうですよね、病気持ちの艦娘なんて、価値はありません。それに、任務を成功させることなく、私は海で寝ていたのです。

かつて司令官は、こんな私でも、優しく抱きしめてくれました。あの感触は今でも忘れません。不思議な安心感。ああ、私には帰るところがあるんだなと、感じました。

私は、日々妹がいなくなっていく中で、いつか、一人ぼっちになってしまうのではと、不安でした。そんな時、司令官は私に、優しくしてくれました。

私は、戦績は良い方でしたが、司令官の、いえ、皆さんにとっての私は、私の戦績だったのでしょうか? もちろん、戦争がそういうものであることは、私も知っています。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:06:18.96 ID:pi07hvBf0

私の存在価値は、私の戦闘能力なのです。

わかっています。戦闘できなくなった私は、もうお払い箱なんです。

なんだか目の辺りがむず痒くなってきました。私は信じていました。司令官は、絶対に私を、見捨てないでくれると。そんな甘い考えが、通じるわけないのに……

咳が出てきました。夜は冷えます。海水で濡れたこの体は、とても冷たいです。今の私には、お似合いでしょうが。

胸が痛いです。咳が止まりません。体が動きません。私はその場で倒れてしまいました。

目を閉じたとき、司令官の優しい微笑みが、私の脳裏に浮かんできました。初めて抱き合った時の、あの、優しい微笑み。

朝潮は、司令官の、お役に、立てました、か?……

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:06:51.40 ID:pi07hvBf0

***

私は執務室で、ボーっと時間を食いつぶしていた。

いなくなってしまった朝潮のことが、頭から離れなかった。

『駆逐艦、朝潮です。勝負なら、いつでも受けて立つ覚悟です』
『司令官、ご命令を!』
『あの……お腹が、痛いんです』
『はい……最近、よく眠れなくって……』
『司令官、ありがとうございます!』
『私は大丈夫です! お気遣い、ありがとうございます!』
『駆逐艦、朝潮、出撃します!』

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:07:27.07 ID:pi07hvBf0

鎮守府の艦娘たちのためにも、私はきちんとしなくてはならない。頭では分かっているが、なぜか、体が動かない。

コンコン ノックの後に、執務室のドアが、勢いよく開く。
吹雪が慌てる様子で、執務室に入ってきた。

「司令官! 外で、朝潮ちゃんが!」
「朝潮!?」

吹雪は今、『朝潮』と言った。
朝潮が帰ってきた。私には、そう思えた。

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:08:11.75 ID:pi07hvBf0

「はい! ジョギングしていたら、外で倒れていて……」

「すぐに行く。どこだ!」

「案内します!」

我々の大声のやり取りに、顔を出す艦娘たち。

彼女たちも、我々についてきた。

「ハッ、ハッ、艤装の倉庫の前に、いました」

「分かった!」

私は全速力で走って吹雪を抜かし、艤装倉庫前を目指す。

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:08:48.90 ID:pi07hvBf0

そこにいたのは、艤装を装着し、体中をびしょ濡れにした、まぎれもない、朝潮の姿。

「朝潮! おい、しっかりしろ!」

返事はない。私は朝潮を抱きかかえる。体が冷たい、が、心臓は動いている。弱く、微弱な振動が、私の胸に、伝わってきた。

「……入渠の準備をしてくれ」

「は、はい!」

吹雪がドッグに走っていく。
私は上着を脱ぎ、朝潮に着せた。

どうか、無事でいてくれ。
そう祈って、私は朝潮を、強く抱きしめた。

***
**

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:09:15.96 ID:pi07hvBf0

その後、朝潮は見事に回復した。

1週間もすれば、何事もなかったかのように、艦娘として、普通に活動を始めた。不安症候群や胃潰瘍も、無事、完治した。

危篤状態だった霰、満潮、荒潮も無事に退院し、鎮守府は今のところ、誰一人として欠けてはいない。

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:09:44.27 ID:pi07hvBf0

コンコン、ドアをノックする音が聞こえる。
二二〇〇、野戦以外の艦娘はたいてい、寝床に就く時間だ。

「失礼します。朝潮です」

「おお……いつものか?」

「はい、もしよければ……」

私は朝潮を近づけ、ゆっくりと、やさしく、包み込むように、しっかりと、抱きしめた。

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 19:10:45.76 ID:pi07hvBf0

あの件から、朝潮は私にしばしば、これを求めるようになった。朝潮曰く、一日の疲れをすべて癒せるらしい。私も頼られて悪い気はしないため、たまになら、しても良いと思っている。

「……はい、ありがとうございます。いつもすみません」

「おやすみ、ゆっくり休めよ」

「はい、おやすみなさい」

この朝潮を知っているのは、もしかしたら、私だけかもしれない。

そう思うと、朝潮のことを、一段と大切に感じてくるのだ。
-FIN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする