【艦これ・加賀SS】提督「ヤバイ」

【艦これ・加賀SS】提督「ヤバイ」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429771729/l50

1 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 15:48:49.83 ID:DcTONDwV0

提督「……………」

加賀「……………」バサ

提督「……………」

加賀「………?……」コト

提督「……………」

加賀「……………」トントン スッ

提督「……………」
提督(実に平和だ)

提督(外から聞こえる艦娘達の元気な声、書類整理に勤しむ加賀、そして大本営への報告書の処理に追われる私)

提督(いつもと変わらない平和な日常だ)

提督(まあ……それは私を除いて、だが)

提督(まどろっこしい事はなし、率直に言おう)

2 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 15:49:28.50 ID:DcTONDwV0
提督(うんこ漏れそう)

3 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 16:03:08.99 ID:DcTONDwV0

提督(最近ご無沙汰で三日程出せていなかった)

提督(それがまさか今ここで来るとは、よりによって加賀がいる時に来るとは)

提督(加賀は真面目だ。自分に厳しく、他人にも厳しい)

提督(ましてや、普段真面目な私が執務中にトイレに行くことなど許されるだろうか)

提督(ああ…とにかくまずい、いつまでこの時間が続くんだ…?)

提督「……………」ジッ

加賀「……何か用?」

提督「え?」

加賀「さっきから私をちらちら見ているけど…分からない事でも?」

提督「ああいや、加賀はよく動いてくれると思ってな」

加賀「それが秘書艦としての勤め、当然の事です」

提督「うむ。これからもその調子で頼む」

4 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 16:07:56.36 ID:DcTONDwV0

加賀「ええ。じゃあ、私は仕事に戻るから」

提督「ああ」

提督「……………」

提督(ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ)

提督(なぜ言わなかったんだ私、なぜトイレに行ってくると言わなかったんだ私いいいいいいいいいいちくしょおおおおおおおおおおおおおお)

ギュルルルルル

提督「・っ……!!」

加賀「?」クル

提督(ま、まずい…加賀に気を使わせるわけにはいかない……耐えろ、耐えるのだ…!)

提督「……………」カリカリ

加賀「……………」

クル

提督(よし、セーf

ゴロゴロゴログルルゥ

提督(アウトだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!)

5 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 16:15:40.70 ID:DcTONDwV0

提督(これは本気でまずい…いつ漏れてもおかしくない状況だ…いっそのこと加賀に言ってトイレに行くか…?

提督(………否、断じて否ッ!!そんな事をしたら加賀は失望するに違いない)

提督(どうする…どうする私…)

加賀「あの……」

提督「んっ!?ど、どうした?」

加賀「顔色が悪いようだけど…大丈夫?」

提督「あ、ああ…問題ない」

加賀「でも…」

提督「本当に大丈夫だ。心配は要らないから、おまえは仕事に集中してくれ」

加賀「……分かったわ、でも何かあったらすぐに言ってくださいね」

提督「ああ」

提督(ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 16:17:37.11 ID:qvGunFTK0

小学生かよ

7 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 16:20:02.91 ID:DcTONDwV0

提督(なんだ!?なんなんだ!?なぜ見栄を張った!?ここで漏らせばそれこそ失望される!自己管理も出来ない人間だと思われるのになぜ甘えなかった!?私は馬鹿なのか!?)

ゴロゴロ

提督「ッア……!!」

提督(死ぬな……これは……)

提督「……………」サーッ

加賀「……あの、本当に大丈夫?」

提督「………加賀、すまない」

加賀「え?」

提督「後は頼んだぞ!!」ダッ

加賀「ちょ…!?提督、どこへ!?」ダッ

提督「来るな!おまえはおまえの成すべき事を成せ!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 16:23:27.10 ID:EopRmslm0

クソ提督か

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 16:26:30.17 ID:FwFb+c3r0

>>8
誰が上手いこと言えと

13 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 17:03:02.36 ID:DcTONDwV0

ダッタッタッタ

提督(くっ……この分だと長くは持たないか……!だが幸い執務室からトイレは近い!)

提督(これなら確実に間に合う!ここの角を曲がれば…!)ザッ

提督「見えた!水の一滴!」
清掃中です
明石

提督「」

17 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 17:20:17.34 ID:DcTONDwV0

時雨「て、提督?こんなところで膝をついてどうしたの?」

提督「ああ…し、時雨か…」

時雨「うわっ、すごい冷や汗…具合でも悪いのかい?」

提督「……まあ、そんなところだな…」

ズゴゴゴゴ

提督「オアア……!!」

時雨「提督!?だ、大丈夫かい!?」

提督「いや……駄目かもしれん…」

時雨「と、とにかく医務室に…ほら、肩を貸してあげるから!」グイ

提督「や…やめろ時雨!違うんだ!そっちじゃない!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 17:26:24.68 ID:FBrffXYn0

提督、脱糞します!

19 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 17:44:07.40 ID:DcTONDwV0

時雨「えっ?ど、どういうこと?」

提督「私が行きたいのは医務室ではない!向かいの棟だ!」

時雨「で、でも具合が悪いんじゃ…」

提督「それはだな……そう!お腹が空いているんだ!だから食堂の近くまで頼む!」

時雨「そ、そうなの…?そういうことなら…」グッ

提督「アオォ!!」

時雨「!?」

提督「ゆ…ゆっくり頼む…!」

時雨「う、うん…」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 17:58:29.48 ID:yiMAF2XQ0

女に漏らす所を見られるとかきついわあ…
回避しろ!

22 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 17:59:35.54 ID:DcTONDwV0

提督(食堂のトイレなら…食堂のトイレなら…!)

時雨「さあ提督、着いた…よ…」

提督「あっああ…」

時雨「じゃあ、僕はこれで」

提督(これで…やっと…)

ガチャ

ガチャガチャガチャ

提督「は?」

飛鷹「あー提督、トイレなら今隼鷹が入ってるわ」

提督「隼鷹!?おい隼鷹!まだ出ないのか!?」ドンドン

シーン

提督「………隼鷹?」

飛鷹「…多分、寝落ちしてるわね」

提督「は?」

飛鷹「さっきしこたま飲んでたから…」

提督「朝っぱらから何やってんだお前ェエエえええ!!!!」

23 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 18:15:13.31 ID:DcTONDwV0

赤城「あら提督。どうかしましたか?」

提督「赤城……いや、なんでもないんだ…」

飛鷹「ところで提督、なんでここに来たの?お腹でも空いてるの?」

提督「えっ…ま、まあそんなところだな…」

赤城「そうなのですか?なら、これから一緒に間宮さんのところにでも行きませんか?」

提督「えっ」

赤城「奢りますよ!ほらっ」グイ

提督「いやちょっとそうじゃなくて私は」

飛鷹「行ってらっしゃーい」

提督「ひぃ!?なんでそんな力強いの!?」

24 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 18:25:29.96 ID:DcTONDwV0

加賀「はぁ、はぁ」ダダダ

時雨「うわっと…加賀さん?そんなに急いでどこへ行くんだい?」

ズザッ

加賀「はぁ…時雨さん…はぁ、提督を見なかった?」

時雨「提督なら食堂にいると思うけど…」

加賀「そう…ありがとうっ!」ダッ

時雨「誰かとぶつからないようにねー…」
時雨「提督、サボりでもしてるのかな…?」

時雨「うーん…普段の提督を見てるとそれはないと思うけど…」

25 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 18:57:39.46 ID:DcTONDwV0

バンッ!!

飛鷹「うわお、加賀さん?どうかしたの?」

加賀「提督はどこ!?ここ!?」ガチャガチャ

飛鷹「あ、いや、そこは隼鷹が…」

加賀「どりゃあ!!!」バキッ

パラパラ…

隼鷹「んおぉ!?」ビクゥ

加賀「……提督じゃない…!?」

隼鷹「お、おはようさん…」

飛鷹「隼鷹、やっと起き…うわくっさ!!」

加賀「ねえ、提督はどこなの!?」ユサユサ

飛鷹「あうあう、提督ならさっき赤城さんと間宮に…」

加賀「分かったわ!」

隼鷹「……なんだったの?」

飛鷹「隼鷹…とりあえず下履きなさいよ…」

隼鷹「え?あ、ホントだ」

26 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 19:32:28.50 ID:DcTONDwV0

赤城「どうぞ、提督♪」

提督「あ……ああ……」

提督(なぜこんな時にアイスなのだ…!!しかも二つ!間宮さんと伊良湖ちゃんが日頃の感謝の気持ちだと無料で一つ付け足してくれた!だがその気遣い、今は無用!!)

赤城「食べないんですか?」

提督「い、いや…食べるさ、はは…」

赤城「あっ、それともこっちのパフェの方がよかったですか?交換します?」スッ

提督「ひいっ!いやいい!それはおまえが食べてくれ!」

赤城「そうですか?ならお言葉に甘えて…」モグモグ

提督「……くっ…」

シャリ…

提督「…………」パクッ

───その時提督に電流走る

提督(美味い……!けど、それ以上に腹が痛い!今こうして漏らさずにいられるのが奇跡なくらい…!!)

赤城「ふふっ、やっぱり間宮さんのスイーツは美味しいですね」

提督「…………そうだな…」

27 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 19:45:13.84 ID:DcTONDwV0

提督「…………」

赤城「ふぅ、美味しかったですね」

提督「………ああ…」

赤城「…提督?」

提督「なんだ?」

赤城「なんというか…その、今の提督はすごく凛々しいというか……す、素敵…な感じがします…///」

提督「………そうか……」

提督(うんこ我慢して悟り始めた人の顔とはとても言えないな…)

提督「さて…そろそろ…仕事に戻ろうか…」

赤城「あ、はい!提督のお役に立てるように頑張りますね!」

提督「ああ……」

29 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 19:56:28.69 ID:DcTONDwV0

提督「……………」スクッ

ピギィィイイイイン

提督「ほごあっ!!???!?」

間宮「ひゃっ!?ど、どうしました!?」

伊良湖「て、提督さん!?しっかりしてください!」

提督「あっ、ああああ、あっあっあっあっあっ」ガクガクガク

間宮「すごい脂汗…!提督さん!?提督さん!!」

提督「……………」カッ

伊良湖「え…?」

提督「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」ドドドドド

伊良湖「えぇ!?」

間宮「ど、どうしちゃったのかしら…」

伊良湖「さ、さあ…」

31 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:04:59.45 ID:DcTONDwV0

ドドドドド…

島風「……ん?」

ビュン!!

提督「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」ドドドド

島風「おぅ!?てーとくはっやーい!!」ダッ

提督「島風か…!邪魔をしないでくれ、私は行かねばならんのだ…!」ドドドドド

島風「行くってどこに?私も行きたい!」ドドドドド

提督「駄目だ!おまえは着いてくるな!」ドドドドド

島風「そんなに面白いものなの!?ならこのままてーとくに着いて行くもん!!」ドドドドド

提督「くっ、さすがに速い…だが!!」ギュオッ!!

島風「ダニィ!?」

提督「KUSONZ-AM!!」

島風「───疾い!!この島風が敗れるほどの!!」

32 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:06:17.32 ID:DcTONDwV0

提督「もっとだ…!誰よりも疾く!もっと!もっと疾く!!そうだ!!」

島風「もっと!」

提督「もっと!」

「「輝けええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!」」

33 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:09:24.52 ID:DcTONDwV0

ギュイイイイイイン!!!

摩耶「うおっ!?」

鳥海「何の光!?」

ギュイイイイイイン!!!

大淀「あれは、虹…?人が光を生み出しているというの…?」

ギュイイイイイイン!!!

島風「もう…私じゃ追いつけないな…」

摩耶「島風…」

島風「提督…一番になってね…」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 20:12:28.33 ID:vW5TWA8Io

色々混ざりすぎwwwwww

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 20:24:17.24 ID:YP/ZS1QOo

大の制御に専心するあまり小への警戒を怠ってはいけない

37 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:24:27.27 ID:DcTONDwV0

音。否、光に近い速度で鎮守府を駆ける提督。その目にはもはや風圧によって捲り上げられるスカートも、下着の色すらも映っていない。
ただ一つの、排便という欲望と共にエデンへと向かっていた。しかし激しい躍動に対しその胸中は、母親の胎内で眠る赤子よりも穏やかなものであった。

38 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:28:24.65 ID:DcTONDwV0

提督「………あれだ…!」

提督「ついに辿り着いた、私の聖地よ……!フッ、私の勝ちだ!!」ダッ

「───しれぇーーーーーーっ!!!」

提督(なに……雪風…だと……!?)

提督(強……!速…避……無理!!受け止める 無事で!?出来る!? 否

. 死

ゴシャッ

39 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:31:26.52 ID:DcTONDwV0

雪風「しれぇ!雪風、やりました!MVPですっ!!」

提督(耐えた……!!僅差で…!ドアノブに掛けようとしたこの手!これがなければ死んでいた…!)

雪風「しれぇ?」

提督「ああ。よくやったな雪風、偉いぞ」ナデナデ

雪風「えへへへ」

提督「しかしそれは人の上に乗って言うことではないな?」

雪風「あ、ごめんなさい!」スッ

提督「はは、いいさ。それではな」ガチャ

「入ってます」

提督「はは」

提督「は?」

40 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:32:13.29 ID:DcTONDwV0

ブリッ

提督「あっ。」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 20:32:29.93 ID:FBrffXYn0

あっ

43 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:35:30.23 ID:DcTONDwV0

ジャー

ガチャ

加賀「ふぅ」

提督「あはっ」

加賀「え?」

44 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 20:36:27.40 ID:DcTONDwV0

『ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

鎮守府全体「!!???!?!!!?」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 20:45:58.79 ID:yiMAF2XQ0

後の事が想像したくねえ・・・
女の園でこれは・・・

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 20:46:10.67 ID:LRWrC/Hq0

でもパンツの中でモリモリ出てる感触ってちょっと気持ちいいと思っちゃうんだよね

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 20:46:50.02 ID:wonoC54Jo

>>49
ビチグソだった時の絶望感は異常

52 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 21:20:23.81 ID:DcTONDwV0

提督(ジャージ)「」

加賀「…………」

提督「」

加賀「………あの…」

提督「」

加賀「そ、その……えと…」

提督「」

加賀「き、気を落とさないで……過ちは誰にでもあるから……」

提督「」

加賀「ぁぅ……」

53 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 21:23:37.83 ID:DcTONDwV0

瑞鶴「ねえ、さっきの叫び声って提督さんの…うわ!?うわくっさ!くっさ!!何この部屋!?くっさ!!!」

提督「」ブワッ

加賀「お前ちょっと表出ろ」

56 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 21:56:11.08 ID:DcTONDwV0

瑞鶴「じょ、冗談ですってば!私はただ場を和ませようと…」

加賀「今そんな空気じゃないの、見て分からない?」

瑞鶴「いや……そもそもの原因って加賀さんにあるんじゃ…」

加賀「……仕方ないじゃない、私だって催してたんだから……」

提督「死にたい」

瑞鶴「提督さん!?」

提督「殺してくれ」

加賀「提督、気を確かに!」

57 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 22:07:12.67 ID:DcTONDwV0

提督「無理」

加賀「そんなこと言わないで…」

提督「うんこ漏らしたところ見られたんだぞ!?生きていけるはずがないだろ!!」

加賀「違うわ、気付けなかった私が悪いの」

提督「うるさい!!私は死ぬんだ!!そこをどけ!!」

瑞鶴「あっああ!ダメ!死んじゃう!」ガシッ

加賀「落ち着いて!」

提督「HA☆NA☆SE☆HA☆NA☆SE」

58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 22:15:36.16 ID:gt7YUsXOo

どこぞの王様がインストールされてるな

60 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 22:42:06.20 ID:DcTONDwV0

提督「うおおおおおーーーーっ!!誰か私を殺せーーーーーー!!!」バタバタ

加賀「修正してやる!!」バキッ

提督「がほおっ!?」

ドサッ

提督「な、何をするんだ!」

加賀「うんこぐらいで何をグチグチ…そんな毎日してるもので死ぬなんて言わないで!!」

提督「けどな…」

加賀「そんな事、私達なんて日常茶飯事よ」

提督「えっ?」

加賀「出撃中に催した時、出来る場所がないでしょう?ならどこでするか?当然海の上でよ」

提督「な……!?」

加賀「しかもはぐれないために他の子達に見られながら。私達にはもはやなんの羞恥心もないわ」

提督「……………」

64 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 22:57:45.93 ID:DcTONDwV0

加賀「戦場では一瞬の判断の差が状況を大きく変える……それはあなたも分かっているはず」

提督「……………」

加賀「うんこ一つくらいで悩んでいてはダメ。むしろ、人前でもうんこが出来て一人前よ」

提督「………そうか…間違っていたのは…」

提督「俺の方、だったのか……」

加賀「……………」

瑞鶴「えっ」

加賀「フンッ」ゴスッ

瑞鶴「ゴフッ」

65 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 23:01:44.47 ID:DcTONDwV0

俺じゃなくて私でしたね。どうでもいいですね。

67 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 23:12:00.30 ID:DcTONDwV0

提督「すまない、加賀……私が間違っていた…」

加賀「いいの、分かってくれたならそれで」

提督「うんこを漏らすのは……誇らしい事なのだな…」

加賀「ええ…」ニコ

提督「私にも……やっとそれが分かった……」

瑞鶴「いや…」

加賀「……」ギロッ

瑞鶴「ヒィッ」

提督「私は、もう迷わない…迷わずに、うんこを漏らす事を誓おう」

69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 23:16:26.23 ID:cBT8mVuVo

ちょっとまてやww
漏らさないようにしろよww

70 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 23:29:00.16 ID:DcTONDwV0

提督「そうだ…うんこは、生きている証だ!!」

提督「私は皆に認められたい!生きていると、認められていたいんだ!!」

提督「私は!ここにいたい!ここに居てもいいんだ!!」

ガチャ

赤城「おめでとう」パチパチパチ

加賀「おめでとう」パチパチパチ

金剛「おめでとう」パチパチパチ

比叡「おめでとう」パチパチパチ

榛名「おめでとう」パチパチパチ

霧島「おめでとう」パチパチパチ

青葉「おめでとう」パチパチパチ

黒潮「めでたいなぁ」パチパチパチ

龍驤「おめでとうさん」パチパチパチ

提督「ありがとう」

71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/23(木) 23:29:58.95 ID:EopRmslm0

エヴァやめーやww

72 : ◆CaWSl75vrE 2015/04/23(木) 23:30:33.99 ID:DcTONDwV0

海に、ありがとう

羞恥心に、さようなら

そして、全てのうんこ達に、
おめでとう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする