【電SS・艦これ】加賀「提督。二周年ですね」 提督「そうだな」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429878050/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:21:00.16 ID:Ky9bk1sq0

作者の妄想です

書き溜めなので一気に張り出していきます
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:21:41.51 ID:Ky9bk1sq0
提督「はぁ・・・」

電「司令官さん?」

提督「あ、電か・・・」

電「なんか元気がなさそうなのです」

提督「いや~もうすぐ二周年記念が来るだろ?」

電「はいなのです」

提督「でも俺って提督になってから結構経つのに未だにケッコンカッコカリできてないなって・・・」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:22:41.72 ID:Ky9bk1sq0

電「その話なら艦娘の間でも話題になっているのです」

提督「ゲッ、まじか・・・」

電「なのです。定期的に提督の好きな艦娘を予想したり、もしかしたら提督はロリコンや同性愛者なんじゃないのかってみんな噂しているのです」

提督「俺が知らない間にそこまで話が膨れ上がっていたのか・・・」

電「全部青葉さんの情報なのです」

提督「あいつめ・・・」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:23:27.10 ID:Ky9bk1sq0
電「で、提督が結婚したい艦娘は誰なのですか?」

提督「誰だと思う?」

電「電なのです!」

提督「残念だが・・・」

電「うぅぅ・・・」ウルウル

提督「す、すまん電・・・」アセアセ

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:23:59.86 ID:Ky9bk1sq0

電「嘘泣きだから平気なのです!」

電「でも電は違うということを知っていたのです」

提督「知っていたのか?」

電「はい、なんだって初代秘書艦なのですから」エッヘン

提督「やっぱりお前にはかなわないな・・・」

電「なのです!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:24:40.97 ID:Ky9bk1sq0
電「で、司令官が結婚したい相手って誰なのですか?」

提督「・・・加賀さん」

電「え、これは驚いたのです!?」

提督「・・・そんなにか?」

電「はいなのです。てっきり提督を始めた本命榛名さんか、最近レベリングを頑張っている鈴谷さんや初期から秘書艦にしている金剛さんかと思っていたのです」

提督「確かにみんな可愛いし、頼りになるよな」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:24:51.41 ID:r5ny0AVAO

そもそもレベルが足りないとか

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:27:16.03 ID:Ky9bk1sq0

>>7 いや、ケッコンカッコカリは一人しかしないと決めてうじうじしていたんよ・・・優柔不断でついね

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:25:30.68 ID:Ky9bk1sq0
提督「でも、うちの鎮守府は加賀のおかげで成り立って来たから」

電「確かに赤城さんよりも先に着任してどんどん戦火を上げてくれていたのです」

提督「あの頃は任務の存在なんて知らなかったもん・・・」

電「・・・ALL999」ボソォ

提督「正直あれはすまなかった・・・」ドゲザー

電「何回遠征に行かされたのかわからなかったのです・・・」

提督「で、でもそのおかげで加賀さんが早い段階でうちにきたしさ?」アセアセ

電「そして赤城さんも来てから電は毎日から5時間ごとにボーキサイト輸送任務・・・」

提督「ほ、ほら電!アイスクリームあるぞ!」

電「やったのです!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:28:07.09 ID:Ky9bk1sq0
電「で、いつ結婚を申し込むのですか?」

提督「みんなで企画した二周年記念の日にしようかと」

電「確かにそれならインパクトもあっていいと思うのです!」

提督「だよな!」

電「でもそれだけじゃ物足りないのです!」

提督「なん、だと・・・」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:28:42.29 ID:Ky9bk1sq0
電「よく考えてみるのです!結婚は女性にとってとても大切なこと!ただ指輪を渡されるだけでは思い出に欠けるのです!」

提督「た、確かに・・・」

電「なので加賀さんにドッキリを仕掛けましょう!」

提督「ど、ドッキリ?」

電「なのです!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:29:24.41 ID:Ky9bk1sq0

電「二周年記念のイベントも決まってなかったのでここはみんなを巻き込んでドッキリしてイベントをさらに盛り上げようなのです!」

提督「ふむ・・・だが相手は加賀だぞ?」

電「提督と加賀さんはそんなことですれ違うような関係ですか?」

提督「そ、そんなことは・・・」

電「大丈夫なのです!」

提督「はぁ、わかった。で、俺は何をすればいいんだ?」

電「それは・・・」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:30:03.35 ID:Ky9bk1sq0
提督「女提督さんとお見合いすると嘘をつけだと?」

電「なのです!」

提督「なんか話がややこしくなりそうなのだが・・・」

電「全然そんなことはないのです!」

提督「まあ、やると言ったしやってみせるさ・・・」

電「なら善は急げなのです!加賀さん呼んできますね」

提督「じゃあ、お願いするわ」

電「電の本気をみるのです!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:30:41.54 ID:Ky9bk1sq0
提督「行ったか・・・でも加賀を呼んでくるぐらいで本気出さなくてもいいのに」クスクス

提督「新米の頃からありがとうな電・・・」

<司令室のドアの前>

電「こちらこそいつもありがとうなのです」ボソォ

電(選ばれなかったことは悲しいのです。でも、私は最初の秘書艦だから提督のためにがんばるのです!)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:31:20.09 ID:Ky9bk1sq0
<司令室>

――コンコン

加賀「失礼します」

提督「加賀か」

加賀「用事って何かしら」

提督「実は俺、○○鎮守府の女提督さんとお見合いすることになったから」

加賀「・・・は?」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:32:02.46 ID:Ky9bk1sq0
加賀「お見合いですか?」

提督「あぁ。どうやら元帥殿の愛娘らしいのだが浮いた話がないようでね・・・それで私にお見合いしてくれないかと頼まれて」

加賀「受けたのですか?」

提督「元帥殿の頼みを無下にはできないからね」

加賀「そう。まぁ、いいけれど」

加賀(提督がお見合い?これは悪い夢ね)

提督「だから明日うちの鎮守府に女提督さんくるよ」

加賀「・・・は?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:32:39.47 ID:Ky9bk1sq0
加賀「明日ですか?」

提督「急だとは思うが女提督さんと俺の日程が空いている日が丁度明日しかなくてね」

加賀「明日は鎮守府のみんなで二周年記念を祝う予定では?」

提督「そうなんだが、向こうに話を早く進めたいと押し切られてしまってね」アハハハ・・・

加賀「そうでしたか・・・」

提督「だから明日の二周年記念は欠席するよ」

加賀「わかりました」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:33:21.30 ID:Ky9bk1sq0
加賀「失礼しました」

――バタン

加賀(提督がお見合い・・・)

「お、またMVPか。凄いな加賀は!」

「いつもみんなを守ってくれてありがとうな・・・」

「大破だと!?バケツだ!急いでバケツを使え!」

「ごめん。開発失敗しちゃった」テヘペロ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:34:02.05 ID:Ky9bk1sq0
加賀(いつも私を見て、側にいてくれていた提督が他の女性と・・・)

加賀(どうしてでしょう。それを考えると胸が痛くなります・・・)

加賀「・・・そこは譲れません」

加賀(そう。提督の隣は誰のも譲らない・・・)

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:34:37.24 ID:Ky9bk1sq0
提督「・・・はぁ」

提督(つい加賀には嘘をついてしまったけどこれでよかったのだろうか?)

提督(いや、もう後には引けない・・・なるようになるだろ)

提督「提督の本気を見るのです!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:35:52.20 ID:Ky9bk1sq0

<食堂>

電「かくかくしかじかなのです!」

響「なるほど。つまりみんなで提督の演技に合わせればいいのか」

暁「人を騙すなんてレディーのやることじゃないわ」

雷「でも、レディーなら優しい嘘も付くべきだと思うわよ?」

暁「そ、そんなこと知ってるわよ!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:36:59.64 ID:Ky9bk1sq0
金剛「提督のハートを掴めなかったデース・・・」ガックリ

比叡「お姉さま!?しっかりしてください!?」

榛名「は、榛名なら大丈夫です・・・」ウルウル

霧島「いや、大丈夫にみえないのだけど・・・」

金剛&榛名「あははは・・・」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:37:40.32 ID:Ky9bk1sq0
暁「向こうはダメそうね」

響「ハラショー」

赤城「でも加賀さんは真面目な方ですから冗談が通じるでしょうか?」

雷「問題ないわ!私がいるじゃない!」

飛鷹「この鎮守府に一番初めに着任して空を守ってきたのは私なのに・・・」

日向「まぁ、金剛型や一航戦がそのあとすぐに着任して戦火をあげたからな。でも提督はお前と私をよく使ってくれているよ」

飛鷹「そうだけど・・・」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:38:19.24 ID:Ky9bk1sq0
鈴谷「ちぃーす!何話しているの?」

川内「なになに?夜戦でもあるの!」

那珂「もしかして~那珂ちゃんのリサイタルが決まったとか?」

夕立「那珂ちゃんの解体が決まったっぽい?」

那珂「えぇ!?」

睦月「こら、夕立ちゃん!」

吹雪「さすがに言っていい嘘と悪い嘘があるよ?」

夕立「ごめんなさいっぽい・・・」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:38:59.01 ID:Ky9bk1sq0

電「みんな集まってきたのでもう一度説明するのです!」
鈴谷「へぇ~面白そうじゃん!」

那珂「これは那珂ちゃんの歌が必須だね!」

川内「なんだ・・・夜戦じゃないのか」

神通「姉さん・・・」

川内「じょ、冗談だよ!」アセアセ

夕立「おめでたいっぽい?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:39:34.93 ID:Ky9bk1sq0
吹雪「加賀さんも司令官もおめでたいね!」

睦月「うん!そうだね吹雪ちゃん」

金剛「私は全然めでたくないのデース!Shit!」

吹雪「あはは・・・」

霧島「お姉様。女の嫉妬ほど醜いものはありませんよ?」

金剛「それもソーデス」
電「なので皆さん。明日は司令官のためにお願いするのです!」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:40:09.58 ID:Ky9bk1sq0

<司令室>

提督「・・・ふぅ。今日の仕事も片付いたな」

提督(ついに明日加賀にプロポーズするのか・・・緊張してきた)

提督「まぁ、なるようになれ・・・か」

提督「もう遅いし寝るか」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:40:41.61 ID:Ky9bk1sq0
<就寝室>

――ガチャ

「提督・・・」

提督「・・・」スヤスヤ

「寝ていますか?」ユサユサ

提督「ん、ん・・・?」

加賀「おはようございます」

提督「・・・か、が?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:41:10.50 ID:Ky9bk1sq0
提督「どうしたこんな真夜中に?」

加賀「一緒に来てください」

<海辺>

提督「さすがに夜の海は寒いな・・・」

加賀「はい」

提督「加賀?」

提督(どうして加賀は俺を海辺に?)

加賀「なにかしら」

加賀(勢いで夜這いして海辺に連れてきたはいいけど一体どうすれば・・・)

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:41:50.55 ID:Ky9bk1sq0
提督「どうかしたか?」

加賀「・・・わかりません」

提督「わかりませんって・・・」ハァ・・・

加賀「でも・・・」

加賀「提督がお見合いすると聞くと居てもたってもいられませんでした・・・」

提督「か、加賀さん?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:42:18.64 ID:Ky9bk1sq0
加賀「提督。私じゃダメでしょうか?」

加賀「・・・お見合い相手ではなく、榛名さんや鈴谷さんでもなく。私が提督の隣ではダメでしょうか?」

提督「・・・加賀」

加賀「怖いです・・・提督が私の傍からいなくなることが」

加賀「金剛さんが来たとき本当は怖かった。私よりどんどん成長して、提督に素直に好意を伝えて・・・」

加賀「提督を取られちゃうんじゃないかって・・・」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:43:08.81 ID:Ky9bk1sq0
提督(これが加賀の気持ちか。いつもすました顔をしながら加賀が抱え込んでいた気持ち・・・)

提督「加賀、聞いてくれ」

加賀「・・・」

提督「お前が初めてうちに来てくれた時俺は嬉しかった。初の正規空母だし、お前の戦う姿は可憐だった。初めての正規空母のボーキの消費に驚いた。入渠させた時の時間の長さに目を疑った。お前と初めて行った2―4のボスマップは大破状態なのに夜戦まで持ち込ませてしまい轟沈しないかハラハラしていた。」

提督「そしてなによりお前と勝利して行くことがたまらなく充実していた」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:43:43.45 ID:Ky9bk1sq0

提督「つまりなんて言いたいかというと・・・」

提督「ずっと俺の傍にいてくれ。・・・って感じかな」

加賀「ふふ、最後まで締まらない人」クスッ

提督「うぅ・・・笑うなよ」

加賀「まぁ、いいけれど・・・」ボソォ

提督「え?」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:44:14.03 ID:Ky9bk1sq0

加賀「あ・・・」

提督「朝日昇ってきたな」

加賀「・・・」ギュッ

提督「加賀?」

加賀「少し、このままでいいかしら?」

提督「構わないさ」ギュッ

加賀「・・・そう」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:44:41.15 ID:Ky9bk1sq0

提督(あれ、何か忘れているような?)

「提督ぅ~どこデース!」

「司令官~どこ~?」

「加賀さんもいません・・・」

「まさか二人で駆け落ちしたっぽい?!」

「もう、ドッキリが台無しよ!」

提督(まあ、いまはそんなこといいか)
―艦―

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:46:18.21 ID:Ky9bk1sq0

これで終わりです
ありがとうございました
加賀さんに指輪渡してきます

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 21:54:15.52 ID:ncovTQWW0

乙です

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/24(金) 22:03:05.48 ID:+RS9yO/to

おつですの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする