【艦娘SS】提督「島風が脳死判定を受けた」

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430318899/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/29(水) 23:48:29.10 ID:vQijzFHf0

提督「・・・・・・」

島風「・・・・・・」

提督「島風、今日は良い天気だぞ」

提督「いきなり気温が高くなってな」

提督「最近は水分を多く取るようにしているよ」

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/29(水) 23:50:24.01 ID:vQijzFHf0

提督「(島風は特殊な例なのだろうか)」

提督「(脳死と判定されてから、もう半年になる)」

提督「(通常は1~2週間で死亡するはずだが)」

提督「(島風の心臓はまだ動いている)」

提督「(生きているんだ、島風は)」

提督「(・・・・・・)」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/29(水) 23:53:59.31 ID:vQijzFHf0

提督「(半年前の、あの日の出撃で)」

提督「(島風は敵艦隊の砲撃を食らい)」

提督「(頭部に非常に強い衝撃を受けた)」

提督「(何とか鎮守府に戻ってはこれたものの)」

提督「(そのまま意識は戻らなかった)」

提督「(入渠でも直らず、今に至る)」

提督「(そしてついに、脳死と判定されてしまった)」

提督「・・・・・・」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/29(水) 23:56:13.98 ID:vQijzFHf0

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

島風『提督おっそーい!』

島風『びゅーん! びゅーん!』

島風『えへへ! 私って速いでしょー!』

島風『提督ぅー! 一緒に遊ぼう!』

提督「・・・・・・」

提督「(島風・・・)」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/29(水) 23:59:41.20 ID:vQijzFHf0

提督「(どうしてこんなことに・・・)」

提督「なぁ、島風、あんなに元気だったじゃないか」

提督「あんなに速く走っていたじゃないか」

提督「本当は起きているんだろう? もうおふざけは止してくれ」

提督「なぁ、頼むよ島風」

提督「もう一度、俺に笑顔を見せてくれよ」

提督「島風・・・!」

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:01:44.84 ID:PokWGOXl0

提督「うっ・・・」ウル

提督「ぐすっ・・・はぁーーーーーー・・・・・・」

提督「・・・・・・」

提督「・・・すまない、少し部屋を出るよ」

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

提督「」スッ

提督「」トボトボ

バタン

島風「・・・・・・」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:03:10.13 ID:PokWGOXl0

提督「・・・・・・」

天津風「あなた・・・」

提督「天津風か、どうした?」

天津風「大丈夫?」

提督「あぁ・・・」

天津風「そう・・・」

提督「・・・・・・」

天津風「・・・・・・」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:06:31.55 ID:PokWGOXl0

提督「(島風はもう、話すことも)」

提督「(動くことも、食べることもできない)」

提督「(でも、確かにそこに存在はしている)」

提督「(元気だった頃の、姿形はそのままで)」

提督「(でも、もう俺に微笑みかけてくれることはない)」

提督「(それが残酷で・・・残酷で・・・)」

提督「(・・・・・・)」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:08:12.44 ID:PokWGOXl0

提督「(脳死というのは、脳だけが死んで)」

提督「(身体の他の部分は生きているという、極めて特殊な状態だ)」

提督「(生きた身体に死んだ脳、脈の触れる死体・・・なのだろうか)」

提督「(脳機能の不可逆的停止というのが、脳死という言葉の定義だ)」

提督「(脳死と診断された場合、脳全体の機能が失われていて)」

提督「(もう元には戻らない)」

提督「(この状態では、島風が自力で呼吸することは不可能だ)」

提督「(自発呼吸は、脳幹がコントロールしているからだ)」

提督「(そのため、脳死状態には呼吸を機能的に維持する人工呼吸器が必要となる)」

提督「(そこが、植物状態との根本的な違いだ)」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:10:10.79 ID:PokWGOXl0

提督「」パチ  パチ

島風「・・・・・・」

提督「島風、爪伸びてきたな」

提督「あと髪も伸びてきたな」

提督「今度切ってやるからな」

提督「」パチ  パチ

島風「・・・・・・」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:14:51.71 ID:PokWGOXl0

提督「(艦娘の脳死・・・史上初の例だ)」

提督「(人権もない艦娘に対して、どのような処置を下せば良いのか)」

提督「(俺は延命処置をすることにした)」

提督「(最初の頃の俺は、何が何だかわからなくなっている状態・・・)」

提督「(つまりパニックになっていた)」

提督「(後のことなども考えず、ただ島風に生きていてほしいと思うだけで)」

提督「(こうなってしまった)」

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:17:20.88 ID:PokWGOXl0

提督「(どの時点を死とするのだろうか)」

提督「(死の定義には、潜在的な救命能力が確かにあるとは思う)」

提督「(どのレベルで死と呼ぶことにしたとしても)」

提督「(それは恣意的な決定だと思う)」

提督「(心臓の死だろうか)」

提督「(毛はまだ成長する)」

提督「(脳の死だろうか)」

提督「(心臓はまだ動いている)」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:18:27.84 ID:PokWGOXl0

提督「(人間が任意に決められる状態、ということなのだろうか?)」

提督「(人間、そして艦娘の生から死への移り行きは)」

提督「(丁度昼から夜への移り変わりのように、連続的に変わっていく)」

提督「(その連続的な変化のどこかに、死というはっきりした切れ目があるわけではない)」

提督「(死は一時点での出来事ではなく、一定の時間の幅のある過程なのだろうか)」

提督「(太陽の上縁が、水平線に隠れる時を日没の時刻とするのと同じように)」

提督「(人間が決めたものに過ぎない)」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:20:11.25 ID:PokWGOXl0

提督「(そうした人間の定義とは独立に)」

提督「(死の時点が客観的に決まっているわけではない)」

提督「(と言っても、生物学的な事実を完全に無視できるということではない)」

提督「(生物学的事実を離れて、死を勝手に決めるとおかしくなる)」

提督「(それだけではない)」

提督「(さらに、人間社会の側の受け止め方や考え方が大きな役割を果たす)」

提督「(死の時点の決定には、誰もが死として納得できることが重要となる)」

提督「(今の島風の状態では、賛否を一刀両断にできるような客観的基準はない)」

提督「(見えない死・・・? バカな)」

提督「(島風はまだ生きている)」

提督「・・・・・・」

島風「・・・・・・」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:21:42.11 ID:PokWGOXl0

提督「島風、体拭いてやるからな」

島風「・・・・・・」

提督「よいしょ」スッ

提督「」フキフキ

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」フキフキ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:25:53.34 ID:PokWGOXl0

提督「(俺はもしかしたら、自分のことしか考えていなかったのかもしれない)」

提督「(今の状況になって、酷く残酷に思えて仕方がないのだ)」

提督「(俺は島風に生きてほしいと願った)」

提督「(だが、島風はどうなのだろうか・・・?)」

提督「(意識がなく、自分から行動することもできず)」

提督「(また、今自分がどういう状態にあるのかも把握できず)」

提督「(俺が島風に対して何をしているかも・・・)」

提督「(・・・・・・)」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:27:27.26 ID:PokWGOXl0

提督「(判断能力のない者の治療方針は誰が決めるのか)」

提督「(他者が命の決定を代わりにするしかないのか)」

提督「(今の島風にはコンピテンスがない・・・)」

提督「(つまり、艦娘としての本来の意味での権利を失っている)」

提督「(自立尊重、仁恵、無危害・・・相容れない原則同士の衝突が発生している)」

提督「(俺は一体どうすれば良いのだろうか・・・)」

提督「(・・・・・・)」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:29:36.59 ID:PokWGOXl0

島風「・・・・・・」

提督「島風、今日はもう仕事が終わったよ」

提督「まぁ、もう夜だがな」

提督「・・・・・・」

提督「・・・おやすみ、島風」

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:32:26.74 ID:PokWGOXl0

提督「(自然死は広い意味での安楽死に含まれる)」

提督「(安楽死とは、助かる見込みがない者を苦痛から解放する目的で)」

提督「(延命のための処置を中止したり、死期を早める処置をとること)」

提督「(このうち、延命処置の中止は、毒薬の投与などによって)」

提督「(人間をじかに殺す積極的安楽死と区別して、消極的安楽死に分類される)」

提督「(積極的安楽死が慈悲による殺人と呼ばれるのに対して)」

提督「(消極的安楽死は治療停止、死ぬに任せることと呼ばれ、殺人とは区別されてきた)」

提督「(それをする者と、される者との間に成り立つ1つの行為である)」

提督「(死ぬ権利という言い方では、双方の関係が捻じれてしまう)」

提督「(安楽死・・・奇妙な響きだ・・・)」

提督「(気持ち悪くなってきた・・・少し休もう・・・)」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:34:02.88 ID:PokWGOXl0

島風「・・・・・・」

提督「島風、今日も暑いな」

提督「あんなに雨ばっかり降って、気温もまだまだ低かったのに」

提督「おかしいよな、本当に」

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:36:56.70 ID:PokWGOXl0

提督「(最近、考えがまとまらなくなってきた)」

提督「(何が正しいのか)」

提督「(俺はどうすれば良かったのか)」

提督「(島風は何を望んでいるのか)」

提督「(もし、俺があの日島風を出撃させなかったら)」

提督「(・・・・・・)」

提督「(自分が・・・わからなくなってきた・・・)」

提督「・・・・・・」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:38:08.83 ID:PokWGOXl0
提督「(そして俺は、ある日夢を見た)」

提督「(いつもの部屋、島風が寝ているベッドがあって・・・)」

提督「(でも、島風は起きていた)」

提督「(しっかりと目を開けていて、俺を見ると微笑んだ)」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:39:11.24 ID:PokWGOXl0

島風「提督、来てくれてありがとう」

提督「島風・・・?」

島風「まぁ、色々言いたいことはあると思うけど・・・」

島風「今は私の話を聞いてくれるかな?」

提督「あ、あぁ・・・」

提督「(島風が話している)」

提督「(懐かしいな・・・涙が出てくる)」

提督「(そうか、これは夢なのか・・・)」

提督「(しっかり島風の話を聞いてあげなくては)」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:40:11.10 ID:PokWGOXl0

島風「提督・・・」

提督「なんだ? 島風」

島風「その、ね? 私さ、今こんな状態でしょ?」

提督「・・・・・・」

島風「そろそろお終いにしてよ」

提督「お、おいおい、それはどういう意味だよ・・・」

提督「・・・・・・」

島風「提督ならわかるでしょ? 私、もう苦しいんだ」

提督「・・・ダメだ」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:41:25.62 ID:PokWGOXl0

島風「私はもう意識が戻らないんだよ?」

島風「何処へでも良いから、逝ってしまいたい」

島風「こんな状況でこの世にしがみついているのは御免なの」

提督「島風・・・」

島風「あと私は何日我慢すれば良いの?」

島風「2、3日? それとも2、3週間?」

島風「こんなに管をたくさんつけられて、実験動物みたいに縛り付けられているのは嫌だよ」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:42:22.53 ID:PokWGOXl0

島風「このまま死ぬしかないんだから、早く逝かせて・・・お願い・・・」

島風「何とかして・・・もう辛いの・・・」

提督「・・・・・・」

島風「私の命だから、私の好きなようにさせて・・・」

島風「私は元々わがままな艦娘だったけど」

島風「これが最期のわがまま」

島風「お願い、提督・・・」

島風「私を殺して・・・・・・」ポロポロ

提督「・・・・・・」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:44:09.92 ID:PokWGOXl0

提督「うわぁっ!?」ガバッ

提督「はぁーっ・・・! はぁーっ・・・!」

提督「・・・・・・」

提督「嫌な・・・夢だ・・・」ダラダラ

提督「・・・・・・」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:47:57.70 ID:PokWGOXl0

提督「(だが、その夢は何度も続いた)」

島風『提督、もう私のことは忘れて』

島風『まるで自分じゃないみたいな感じなの』

島風『私は提督に、もうこれ以上迷惑をかけたくない』

島風『辛いのは私だけじゃなくて、提督もだと思う』

島風『殺して・・・殺して・・・』

島風『私を』

島風『殺して・・・・・・』

提督「・・・・・・」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 00:50:01.42 ID:PokWGOXl0

島風「・・・・・・」

提督「・・・・・・」

提督「・・・なぁ、島風」

提督「夢の中に出てくるお前は、本当に島風なのか?」

提督「やっぱり・・・辛いのか・・・」

提督「・・・・・・」

提督「」ナデナデ

島風「・・・・・・」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/30(木) 01:11:52.51 ID:PokWGOXl0

提督「(島風の髪、柔らかいな・・・)」

提督「(・・・・・・)」

提督「(・・・島風からすれば、スパゲッティ症候群と呼ばれるような状態で)」

提督「(無理矢理最新の機械を使って、命をながらえさせられるのはかなわないんだな)」

提督「(・・・・・・)

提督「(尊厳死・・・)」

提督「(・・・・・・)」

島風「・・・・・・」

提督「・・・島風」

提督「ゴメン・・・・・・」

提督「・・・・・・」

提督「・・・・・・・・・」

スッ・・・・・・
島風「(提督)」

島風「(ありがとう・・・・・・)」
終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする