【艦これ・大井】北上「暇潰し?」球磨「クマー」SS

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431251545/l50

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 18:52:35.33 ID:0Cb8n93qo

北上「暇だねー」

球磨「クマー」

北上「空、青いね」

球磨「外出るクマ?」

北上「着替えるの面倒だからやめとく」

球磨「……若い乙女が何言ってるクマ」

北上「見た目だけはねー」

球磨「ごめんクマ」

北上「……この話は止めよっか」

球磨「そうするクマー。お互いの傷を広げるだけクマ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 18:58:18.60 ID:0Cb8n93qo

北上「そういやもう一人の姉ちゃんは?」

球磨「多摩クマ?」

北上「そうそう。にゃーの方」

球磨「遠征クマー」

北上「そっか。姉ちゃんは行かないの?」

球磨「球磨が遠征に行くとでも思うクマ?」

北上「そうだよねー」

球磨「戦ってる方が性に合ってるクマ」

北上「姉ちゃん強いしねー」

球磨「最古参なめるなクマ」

北上「私も古参なんだけどなー」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:08:43.98 ID:0Cb8n93qo

球磨「お姉ちゃんなめるなクマ」

北上「何それ? まぁ、いいけど」

球磨「むっ、納得してないクマ?」

北上「別に納得するほどのことでもないでしょ」

球磨「そうクマー」

北上「そうそう、姉ちゃんいいかな?」

球磨「一つだけならいいクマ」

北上「秘書艦の仕事は?」

球磨「……いい天気クマー」

北上「……」

ーーーーーーー

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:13:50.37 ID:0Cb8n93qo

北上「姉ちゃんさー」

球磨「クマ?」

北上「駆逐艦を庇って大破ってどゆこと?」

球磨「そう言うことクマ」

北上「馬鹿じゃない?」

球磨「北上、聞かなかったことにしてやるクマ」

北上「……」

球磨「それに北上も多分そうしたクマー」

北上「……しないし。ましてや駆逐艦じゃん」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:21:29.00 ID:0Cb8n93qo

球磨「そう言うのはお姉ちゃん好きじゃないクマ」

北上「姉ちゃんが好きとか嫌いどうでもいいし」

球磨「でも姉ちゃんに嫌われたら北上は泣くクマー」

北上「馬鹿じゃない?」

球磨「馬鹿で結構クマ。馬鹿なりに楽しいクマー」

北上「ああ言えばこう言うね」

球磨「北上がああ言えばこう言うからクマ」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:26:48.38 ID:0Cb8n93qo

北上「……うざ」

球磨「……三度目クマ。表出ろクマ」

北上「久しぶりの姉妹喧嘩? いいよ。買った」

球磨「あまり球磨をなめるなクマ」

北上「ボッコボコにしてあげるよ」

球磨「その言葉そのまま返すクマ」

ーーーーーーー

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:32:07.96 ID:0Cb8n93qo

完 全 勝 利

北上「すいませんでした」

球磨「まだまだ姉ちゃんには勝てないクマ」

北上「て言うか姉ちゃんさ、被弾してないのにどうして入渠してるの?」

球磨「汗流したかったからクマー。魚雷を避けるのも一苦労クマ」

北上「でも一発も当たらなかったけどね」

球磨「経験の差と北上の考えてることくらいお見通しクマ」

北上「はぁ……姉ちゃんには勝てる気がしないね」

球磨「そんなことないクマ。火力なら姉ちゃんの負けクマ」

北上「火力だけはねー」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:37:17.77 ID:0Cb8n93qo

球磨「それで十分クマ。開幕雷撃は助かるクマ」

北上「そっか。ありがとね。あっ、けど姉ちゃんに勝ってるのまだあるよ」

球磨「クマ?」

北上「胸」

球磨「……」

北上「ふふん」

球磨「……風呂の中で轟沈する艦娘は多分初めてクマ」

北上「え? 姉ちゃん、冗談だからさ、ね?」

球磨「問答無用クマ! 龍驤並に凹ませてから沈めるクマ!」

ーーーーーーー

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:45:00.65 ID:0Cb8n93qo

大井「姉さん、北上さんをボッコボコにしたらいじゃないですか?」

球磨「北上が悪いクマ。大井、敵討ちなんて考えてるならやめるクマ」

大井「……へぇ。私が勝てないとでも?」

球磨「その通りだクマ。北上同様ドック入りしたいクマ?」

大井「舐めるのも大概にしなさい」

球磨「妹達を舐めたことなんて一度もないクマ。ただ、練度が違いすぎるクマ」

大井「……」

球磨「大体、昔から姉妹喧嘩を止めてたのは誰クマ?」

大井「無理矢理介入して私達を大破させてただけじゃないですか」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:51:37.82 ID:0Cb8n93qo

球磨「雷巡と戦うなら本気出すしかないクマ。ほら、舐めてないクマー」

大井「その態度が舐めるのよ」

球磨「それは球磨だから仕方ないクマ。大井も球磨に相手してほしいクマ?」

大井「……上等です。知らない内に妹は強くなってるのよ」

球磨「それは楽しみクマー。今回は将棋で相手するクマ」

大井「……は?」

球磨「誰が海上で戦うって言ったクマ?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 19:56:18.19 ID:0Cb8n93qo

大井「屁理屈じゃない」

球磨「球磨に勝ったらアイス奢るクマ」

大井「なら、私が負けたら?」

球磨「初めから負ける前提クマ? じゃあ負けたらこの件は終了クマ」

大井「受けてたちます」

球磨(大井も単純だクマー。可愛いクマ)

ーーーーーーー

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:01:40.71 ID:0Cb8n93qo

北上「そういや姉ちゃんさー」

球磨「クマ?」

北上「大井っちと将棋したんだって?」

球磨「球磨の勝ちクマ」

北上「あーやっぱり? 大井っち悔しがってたよ」

球磨「負ける方が悪いクマ」

北上「そうだよねー」

球磨「次が楽しみクマ」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:05:37.71 ID:0Cb8n93qo

北上「大井っちと?」

球磨「大井のことだから今頃必死に勉強してるクマ」

北上「あー、多分そうだと思うよ。遊びに行ったら珍しく断られたし」

球磨「明日は雨クマ」

北上「雨かぁ……ま、いいけどさ」

球磨「球磨はちょっと困るクマ」

北上「姉ちゃん出撃の予定でもあるの?」

球磨「髪の毛クマ」

北上「……それだけ?」

球磨「大問題クマ。深海棲艦と戦うより大変クマ」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:11:17.96 ID:0Cb8n93qo

北上「以外だなぁ、姉ちゃんも髪型とか気にしてるんだ」

球磨「うら若き乙女に失礼クマ」

北上「見た……そうだね」

球磨「球磨は何も聞いてないクマ」

北上「髪型と言えばさぁ、姉ちゃんのアホ毛ってどうやってるの?」

球磨「知らなかったクマ?」

北上「うん。前から気になってたんだー」

球磨「勝手に出来てるクマ」

北上「……髪型気にしてたんじゃないの?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:22:16.56 ID:0Cb8n93qo

球磨「これがいいクマ。球磨のトレードマークだクマ」

北上「もう何でもいいや」

球磨「クマー。北上、アイス食べに行かないクマ?」

北上「別にいいけどさぁ、姉ちゃんの良いところが見たいなーなんて」

球磨「勿論姉ちゃんの奢りクマ」

北上「いいねぇ。ありがとね」

球磨「早速間宮さんの所行くクマ。球磨、抜錨するクマ」

北上「久しぶりだなぁ」

球磨「あっ、大井も呼んで来るクマ。多摩と木曾は遠征だから今度クマ」

北上「はーい。了解だよ」

ーーーーーーー

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:36:42.76 ID:0Cb8n93qo

球磨「美味しいクマ」

北上「幸せだよねー」

球磨「けど、大井は本当によかったクマ?」

北上「プライドの問題だよね」

球磨「分からないことでもないクマ」

北上「私なら尻尾振って着いてくけどね」

球磨「それが北上の可愛いとこクマ」

北上「ありがとね。なら、大井っちはどうなのさ?」

球磨「大井は大井で可愛いクマ」

北上「姉ちゃんしてるねー」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:42:19.52 ID:0Cb8n93qo

球磨「可愛い妹達にいいとこ見せたいだけクマ」

北上「姉ちゃん格好いいね。最高だね」

球磨「……好きなもの頼んでいいクマ」

北上「マジ?」

球磨「今日だけは乗せられてあげるクマ」

北上「いやー悪いね」

球磨「気にするほどのことでもないクマ。大井のお土産も頼んでおくクマ」

ーーーーーーー

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:48:08.54 ID:0Cb8n93qo

球磨「……まずいクマ」

北上「部屋に押し掛けて来るなりどしたの?」

球磨「暇過ぎるクマ」

北上「姉ちゃん練度高いからね。仕方ないんじゃない?」

球磨「それは分かってるクマ」

北上「それで、姉ちゃんは何しに私の所に? せっかくの休みなんだけど」

球磨「暇潰しクマー」

北上「だよねぇ。いいけどさぁ、何するの?」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:53:35.92 ID:0Cb8n93qo

球磨「考えてなかったクマ。たまには北上が提案してほしいクマ」

北上「そう来たかぁ。そだね、久しぶりにアレやっちゃう?」

球磨「アレ、クマ?」

北上「まぁ、姉ちゃんが嫌ならいいんだけどさ」

球磨「……受けて立つクマ」

北上「じゃ、大井っち呼んで来るねー」

球磨(大井はまずいクマ)

ーーーーーーーー

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 20:59:36.04 ID:0Cb8n93qo

大井「ツモ。3000-5000」

北上「あちゃー。満貫かぁ」

球磨「そう言えば姉妹で大井が一番強かったクマ」

大井「姉さん、この前の借りは返させてもらいますね」

球磨「勝ってから言うクマ。北上、ちょっと手伝うクマ」

北上「えー。それはちょっとやだなぁ。私も勝ちたいし。大井っち、点数頂戴よ」

大井「北上さんの頼みとは言えそれは出来ません。勝負事は誰であっても正々堂々と叩き潰します」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:05:06.44 ID:0Cb8n93qo

北上「しびれるねぇ」

球磨「進めるクマー」

大井「姉さん」

球磨「クマー?」

大井「先日はありがとうございます」

球磨「何がクマ?」

大井「アイス、美味しかったです」

球磨「それは良かったクマ。感謝してるなら手を抜いてくれてもいいクマ」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:10:33.71 ID:0Cb8n93qo

大井「それとこれとは話が別です」

球磨「……クマー」

北上「あっ、私が親か」タン

大井「麻雀で思い出したんですけど」タン

球磨「いきなりどうしたクマ?」タン

北上「んー?」タン

大井「この鎮守府で勝てない相手がいるんです」タン

球磨「大井が勝てないクマ?」タン

北上「負けず嫌いの大井っちがそこまで言うなんて珍しいね」タン

大井「ポンです。何て言いますか、同じ土俵で戦ってないって言うか……」タン

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:15:41.84 ID:0Cb8n93qo

球磨「けど、大井ならいずれは勝つつもりクマ」タン

北上「そうだよね。大井っちなら勝てる勝てる」タン

大井「勿論そのつもりです」タン

球磨「その意気クマ」タン

北上「ちなみにその相手って誰なの?」タン

大井「駆逐艦雪風」タン

球磨「……納得したクマ」タン

北上「天和とか出しても納得できそうだよね」タン

大井「流石に天和は見なかったですけど、ラス牌で嶺山開花はイカサマかと思いましたわ」タン

球磨「酷いクマー」タン

大井「姉さん、それロン。12000お願いします」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:25:10.68 ID:0Cb8n93qo

球磨「……」

大井「悔しさのあまり聞こえませんでした? 12000お願いいたします」

球磨「ちょっと待つクマ」

北上(……大井っち、これはちょっとやりすぎだよ)

大井「言い訳くらいは聞きますよ?」

球磨「大井、ロンの前はツモ切りクマ」

25 :化→花 2015/05/10(日) 21:31:52.88 ID:0Cb8n93qo

大井「それが何か?」

球磨「一巡前に北上が同じ牌を切ってるクマ」

大井「だからリーチしなかったんです」

球磨「球磨を狙い打ちしたクマ……上等クマ」

大井「これで将棋の借りは返しました。東3局、始めましょう。南1局は多分来ないですけど」

球磨「球磨を舐めない方がいいクマ」

大井「舐めたことなんて一度もありません」

北上(ややこしくなってきたなぁ。影になろ。うん)

ーーーーーーー

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:36:28.14 ID:0Cb8n93qo

大井「ロン。これで姉さんの飛びです」

球磨「……クマぁ」

北上「やっぱ大井っちは強いねー」

大井「ありがとうございます! けど、北上さんの方が引きは強いですよ」

北上「引きだけはね」

大井「もちろん引きだけです。私に勝つのはまだ早いですよ」

北上「ちぇ。それより、姉ちゃん大丈夫?」

球磨「ちょっと大丈夫じゃないクマ」

大井「姉さん、いつでも再戦よろしくってよ?」

球磨「鍛え直してくるクマ」

ーーーーーーー

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:40:47.07 ID:0Cb8n93qo

北上「姉ちゃんさー、他に行く所無いの?」

球磨「この前は雪風の所にいたクマ。その前は鶴姉妹の所クマ」

北上「雪風? ああ、麻雀?」

球磨「しばらく牌を見たくないクマ」

北上「ギッタギタにされたんだ」

球磨「そうクマ」

北上「なるほどねー。怖いもの見たさに私も行こうかなぁ」

球磨「止めた方がいいクマ」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:46:46.40 ID:0Cb8n93qo

北上「気になるなぁ。ま、機会があればってことで」

球磨「それで、今日は何するクマ?」

北上「何するってさぁ、もう夜なんだけど。明日出撃だし早く寝たいんだけど」

球磨「それは失礼したクマ。弾が当たらない様に気を付けるクマ」

北上「紙装甲だしね」

球磨「そうクマ。姉ちゃんは心配クマ」

北上「ありがとね」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:53:07.96 ID:0Cb8n93qo

球磨「帰ってきたら姉ちゃんが間宮さんの所で奢ってあげるクマ」

北上「楽しみにしてるねー」

球磨「言ってて思ったクマ」

北上「ん? 何?」

球磨「死亡フラグみたいクマ」

北上「……大丈夫だって」

ーーーーーーー

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 21:59:13.56 ID:0Cb8n93qo

大井「退いて! 退きなさい!」

球磨「大井、そんなに焦ってどうしたクマ?」

大井「姉さん! 北上さんが! とにかく退いてください」

球磨「落ち着くクマ。北上がどうしたクマ?」

大井「一刻を争うんです! 兎に角道を開けてください」

球磨「……まさか、死亡フラグなんて本当に存在したクマ?」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/10(日) 22:07:56.99 ID:0Cb8n93qo

北上「あー、これヤバいかも」

球磨「北上、何かあったクマ?」

北上「あっ、姉ちゃん。ちゃんと無傷で帰ってきたよ」

球磨「無事クマ? なら、大井は何で焦ってるクマ?」

北上「何のこと? 姉ちゃん、ごめんね。ちょっとトイレヤバいからさ、また後でね」

球磨「大井、まさかこれで焦ってたクマ?」

大井「ええ」

球磨「……ふさげるなクマ。焦って損したクマぁ」

北上「あっ、姉ちゃん忘れてた。餡蜜食べたいな」

球磨「もう好きにするクマ」

終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする