【瑞鶴・艦これ】大井「北上さんが他の艦娘とデートしてたですって!?」SS

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432119687/l50

1 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 20:01:37.69 ID:HCtnEGQe0

書き溜めなしです ゆっくりやってきます

睦月「で、デートかどうかは分からないですけど……」

大井「でも北上さんが他の艦娘と一緒に歩いていたんでしょう!? 2人きりで!」

睦月「は、はい」

大井「誰なの?」

睦月「え?」

大井「それは誰なのって聞いてるのよ!」

睦月「え、えっと……」

2 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 20:10:31.13 ID:HCtnEGQe0

睦月「それが睦月、相手が誰だったのかを全然覚えてなくて……」

大井「は?何よそれ。まさかその艦娘のことを庇ってるんじゃないでしょうね?」

睦月「そ、そういうわけじゃなくて!  その時は「あ、大井さん以外の人と一緒にいるのって珍しいな」って思ったぐらいだったので……」

大井「そんな大事なことを忘れるなんて……! ……特徴とか覚えてないわけ? 」

睦月「えーと、背は大きくなかったはずなので多分戦艦の方じゃないとは思いますけど……」
3 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 20:52:37.52 ID:HCtnEGQe0

大井「全然情報が絞れてないわね……。私の許可なく北上さんに手を出した艦娘を許してはおけないわ! 絶対に探し出してやるんだから!」

睦月「(元々許可なんて出す気あるのかなあ……?)」

大井「とにかく戦艦以外を片っ端から洗うわ! 情報ありがとう!」ピュー

睦月「はやっ! もう行っちゃった……」

4 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 21:00:29.50 ID:HCtnEGQe0

大井「さて、片っ端から探すといってもどうしたものかしら……。虱潰しにしてたら時間がかかりすぎるわね。そうしてる間にも北上さんがまたその娘と出会ってしまうかも知れないし」

大井「もう少し情報があれば絞れるのに! 流石に戦艦じゃないってことだけじゃ少なすぎるのよ!」

大井「あら? あの子は……」

大井「ちょっといいかしら?」

暁「え?」

5 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 21:24:24.67 ID:HCtnEGQe0

暁「な、何?」

大井「あなたこの前北上さんと……。いや、流石にないわね。北上さんはこんなロリ趣味じゃないし」

暁「ロリ?」

大井「聞くだけ無駄ね。なんでもないわ、ごめんなさい」スタスタ

暁「なんだったのかしら……」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 21:36:57.78 ID:KbKApTPAO

木曾とかだったらどうすんだ

7 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 21:45:33.52 ID:HCtnEGQe0

大井「よく考えたら北上さんの好みは私。つまり私に見た目が近い艦娘であることは明白るなら軽巡か雷巡ね」

大井「まずは私と北上さん以外で唯一の雷巡のあの人かしらね……」

大井「あの~、木曽さん? ちょっと聞きたいことがあるんですけどいいですか?」

木曽「よお大井。ん? 北上はいないのか。珍しいなお前らいつも一緒にいるのによ」

大井「色々と事情がありまして……。」

大井「(私だって好きで1人でいるわけじゃないのよ!)」

木曽「そうか。まあそんなこともあるよな。それで? 俺に何か用があるんだろ?」

大井「この日に何をしてたか聞きたいんですけど」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 21:48:41.03 ID:5gPUlYxho

妹に敬語の大井・・・

9 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/20(水) 21:54:53.21 ID:HCtnEGQe0

>>8
そうだった……。もう書いちゃったし大井っちの敬語はとりあえずこのままいきます。

14 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 01:23:16.84 ID:ICJAuJcw0

うん、やっぱり妹だと思うと敬語は違和感あるのでやめます

木曾「あの日は確か……、暇だったから天龍と戦りあってたな」

大井「ヤリあってた!? しかも暇だから!?」

木曾「そんなに驚くことか?」

大井「あなた……雷巡に大規模改装されてから垢抜けたとは感じてたけど、まさかそこまで成長してたなんて……」

木曾「は?」

大井「……コホン。まあいいわ。ようするに北上さんとは一緒にいなかったのね?」

木曾「そうだな。一日中戦りあってたし会ってもいないと思うぜ」
おやすみなさい

19 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 09:43:20.32 ID:SkpStuYbO

大井「一日中って……。私でも疲れるわよそれ。次の日凄い筋肉痛になりそう」

木曽「鍛え方が違うんだよ」

木曾「そもそも何でそんなこと聞きに来たんだ?」

大井「かくかくしかじか」

木曾「なるほどな。そんなの本人に直接聞けばいいじゃねえか」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/21(木) 09:53:07.20 ID:SSF/hwSNO

夕雲みたいに妹にも敬語使ってる艦娘いるんだよなぁ

22 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 10:58:11.45 ID:SkpStuYbO

大井「それはできないわ」キッパリ

木曾「なんでだよ?」

大井「確かに北上さんに聞けば誰かは分かるけど、それじゃあその娘のことを私が聞いたって北上さんにバレちゃうじゃない」

木曽「そりゃそうだろ」

大井「私はその娘に『お話し』があるのよ。でもそのことが北上さんに知られるのは不都合なの」

木曾「そうか。俺にはいまいちよく分からん」

大井「ま、木曾が違うのならこれ以上一緒にいる理由もないわね。時間とらせて悪かったわ」タッタッタ

24 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 11:42:36.10 ID:SkpStuYbO

木曾「あ、おいもうちょっとゆっくりしてけよ」

木曾「行っちまった……」

木曾「……俺も天龍のとこにでも行くか」

???(物陰)「あの娘ちょっと最近天龍ちゃんに付きまといすぎね~。……少し躾けてあげなくちゃ」
~~~~~~~~
大井「それにしてもまた外れとは歯痒いわね……」

大井「次の心当たりといえば……、やっぱアレかしらね」

那珂「あれ?どうしたの大井さん?珍しいね1人なんて!」

28 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 20:33:11.23 ID:ICJAuJcw0

大井「どいつもこいつも喧しいわね! 私が1人でいることがそんなに変かしら!?」

那珂「どうしたの急に怒って? アイドルはいつも笑顔じゃないと!」

大井「あら、丁度よかった。こちらから出向こうと思っていたんです」

那珂「なになに? まさかセンターの極意を知りたいの? 教えるのはいいけどセンターは渡さないよ!」

大井「どうでもいいですそんなことは。それよりこの日何をしてたか知りたいのだけど……」

那珂「この日? この日は那珂ちゃんの記念すべき19回目のライブがあったよ!」

大井「ライブ……。ならアリバイも完璧ね……。というか19回目って、この数字何の記念なんです?」

那珂「え? 那珂ちゃんのライブは常に記念だよ?」

大井「あっそ……」

29 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 21:32:11.91 ID:ICJAuJcw0

那珂「この日は結構お客さんが入ってたんだよ」

大井「そうですか。それはよかったですね。じゃあ私はこれで」

那珂「大井さんは来てくれなかったみたいけど、珍しく北上さんが来てくれて嬉しかったなー!」

大井「なんですって!? それは本当なの!?」

那珂「うん。普段来てくれない人は印象強いから、よく覚えてるよ?」

大井「北上さん、そのとき誰かと一緒にいなかった!?」

那珂「そういえば隣に1人いたような……」

大井「誰なのそれは!?」

30 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/21(木) 21:53:31.68 ID:ICJAuJcw0

那珂「教えて欲しい?」

大井「当たり前じゃない!」

大井「ライブでもなんでも行ってあげるし、宣伝だって手伝って上げるから!!」

那珂「むっ、見くびらないで! 那珂ちゃんはアイドルだよ! そんな交換条件なんてなくたって、ライブは成功させるんだから!」

31 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 00:48:55.84 ID:1w3stb700

大井「じゃあ教えなさいよ!」

那珂「確か~、瑞鶴さんだったと思うよ!」

大井「瑞鶴さん……? 全然マークしてなかった艦娘じゃない」

大井「とはいえ誰か分かった以上ジッとしてはいられないわ! ありがとうございます! ライブは今度北上さんと2人で行きますから!」ピュー

那珂「……なんだったんだろ?」
32 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 01:46:26.74 ID:1w3stb700

大井「瑞鶴さんとは第五遊撃部隊で同じだったけど、あの隊自体長くは続かなかった筈……。そもそもあの時瑞鶴さんは何のアプローチもなかったし、ましてや2人でデートだなんて、ありえないわ!」

大井「いやでも北上さんの魅力に惹かれた可能性は充分にあるわね……。北上さんはそういう存在だもの」

大井「なんにせよ、直接問いたださないと」

~~~~~~~~

大井「あの~、瑞鶴さんがどこにいるか知りませんか?」

翔鶴「瑞鶴? 確かあなた達の部屋に行くって言ってた筈よ?」

大井「私たちの部屋ですって!? まさか私に隠れて北上さんと……!」

翔鶴「(言わないほうがよかったかしら)」

33 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 02:02:21.45 ID:1w3stb700

大井「待っていてください北上さん! 貴女の貞操は私が守りますから!」ドヒューン

翔鶴「……これは嵐の予感がするわね」
~~~~~~~~~~

北上「そういうときはこうやってすれば」

瑞鶴「でもそれじゃ恥ずかしいし……」

大井「無事ですか北上さん!」バンッ

瑞鶴「ビクッ」

北上「あ、大井っち。おかえり~」

大井「まさか本当に2人っきりで私たちの部屋にいるなんて……! この泥棒猫が!」

瑞鶴「えっなになにどいうこと!?」

大井「問答無用! 正規空母だからと言って容赦はしないわ!」

瑞鶴「だから一体なんなのよ!?」

34 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 13:05:45.08 ID:dGecEWP7O

大井「5連装酸素魚雷、発射準備よし!!!」

瑞鶴「ちょっと!? そんなの屋内で撃ったら大惨事になるわよ!!」

北上「はいストップ大井っち、なんか誤解してない~?」

大井「はい?」

瑞鶴「そうよ! 絶対なにか勘違いしt」

大井「ちょっと黙っててくれませんか?」

瑞鶴「は、はい……」

瑞鶴「(たかが雷巡のくせになんなのよこの迫力……」

35 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 13:27:04.62 ID:dGecEWP7O

北上「多分あれのことでしょ? 私が瑞鶴さんと一緒にいた日のこと」

大井「ええそうです。なんでも2人きりで歩いてたとか」

北上「ん~やっぱ大井っちには言っといた方がよかったかな。なんとなくこうなる気はしてたんだよね~」

瑞鶴「そ、それじゃ約束が違うじゃない!」

北上「でもこのままじゃ大井っちは瑞鶴さんをホントに撃っちゃいそうだし、ナイショにしてた私も悪いし」

瑞鶴「うぐぐ……。仕方ないわね……」

大井「あの……北上さん? 一体何の話を……」

北上「えっとね~」

36 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 14:42:51.23 ID:dGecEWP7O

大井「加賀さんと仲良くなりたかった?」

北上「私じゃなくて瑞鶴さんがね」

大井「いやそれは分かりますけど」

大井「でもなぜそれで瑞鶴さんが北上さんに?」

瑞鶴「それはその……どうすればいいか分からなかったから聞こうと思って……。ほら、あなた達っていつも仲良さそうだから」

大井「当たり前じゃないですか」

37 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 15:00:34.25 ID:OkvjwCvb0

大井「じゃあ2人きりで歩いていたのは?」

北上「加賀さんに渡すっていうプレゼントを選ぶのを手伝ってたんだよ」

瑞鶴「ほら、加賀さんってああ見えて結構可愛いもの好きじゃない?」

大井「いや知らないわよ」

瑞鶴「それで何か良いのを渡したら喜んでくれるんじゃないかって……///」

大井「(うっざ)」

38 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 15:13:58.09 ID:OkvjwCvb0

大井「2人でライブに行ったというのは?」

北上「え?ライブなんて行ってないよ? 確かに少し通りかかりはしたけど」

大井「(あんの軽巡適当なこと言ってんじゃないわよ……!)」

瑞鶴「これで説明完了?」

大井「まだです! 今日2人で私たちの部屋にいた理由を聞いていません!」

北上「それ? プレゼントの渡し方が分からないから教えて欲しいって」

大井「……よかった」

大井「万が一にもありえないことですけど、億が一いや兆が一にも北上さんが他の艦娘に目移りしてたらどうしようかと……」ポロポロ

北上「ちょっ大井っち泣かないでよ……」

瑞鶴「えっなにこれ私のせい?」
39 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 15:20:36.55 ID:OkvjwCvb0

瑞鶴「その……悪かったわよ。あんまり知られたく無かったとはいえ、あなたには言っておけばよかったわね」

大井「まあいいです。ただし、北上さんがわざわざ私との時間を割いてまであなたに協力したのだから、絶対成功させなさいよ!」

瑞鶴「言われなくてもそのつもり。じゃあありがとう。いろいろとお世話になったわ」バタン

北上「頑張ってね~」

北上「さて……」ゴソゴソ

大井「? どうしたんです?」

北上「はい、プレゼント。私も大井っちの買っておいたんだよね~」
40 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 15:42:22.07 ID:OkvjwCvb0

大井「北上さん……!」パアアアア

北上「ごめんね大井っち。瑞鶴さんがどうしても内緒にしてほしいって言うからさ」

大井「いいんでいいんです。私こそ北上さんを疑うなんてどうかしてました!」

大井「プレゼント、開けていいですか?」

北上「もちろん」

大井「こ、これは……!」

バ○ブ「ヴイィィィィィィィィィ」

北上「最近普通にスルのも飽きてきちゃって……今夜はそれ使ってみない?」

大井「はい! 何も今夜といわず今からでも!」ガバッ

北上「えーだめだよこんな昼間っからじゃ隣にきこえちゃあんっ!」

大井「やっぱり北上さんは最高だわ!!」
~艦~

41 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 15:44:35.29 ID:OkvjwCvb0

最後の展開が書きたいがためだけに書きました。
設定ブレブレだったりしましたが見てくれてた方はありがとうございました。

45 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 23:39:10.88 ID:1w3stb700

おまけ
今回の登場人物のその後
~暁~
暁「ロリ……。ロリってどういう意味なんだろ」

雷「暁? どうしたのよ難しい顔して」

暁「雷、ロリってなにか知ってる?」

雷「ロリ? 知らないけどそれがどうかしたの?」

暁「さっき北上さんがロリ趣味がどうとかって言ってたから」
46 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/22(金) 23:45:56.40 ID:1w3stb700

雷「誰か他の人に聞けば分かるんじゃない?」

暁「別にそこまで気になるわけじゃないんだけど……。でもレディーに知らない言葉なんてあったら駄目よね! そうしましょ!」

雷「あっ!丁度いいところに長門秘書艦が!」

暁「長門秘書艦! ちょっといいですか?」

長門「ん?なんだお前たち」

暁「ロリってどういう意味ですか?」

長門「」

47 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/23(土) 23:50:35.72 ID:+YOCHc2U0

長門「(なんだ……? 出会い頭にいきなり「ロリってどういう意味ですか?」だと……?)」

長門「(まさか常日頃駆逐艦を密かに愛でていたのがバレたのか? いや、あれは陸奥すら知らないはずだし情報が漏れるとは思えん)」

長門「(考えられるとすれば暁が誰かからロリという単語だけを聞いたといったところか)」

暁「あ、あの……」

雷「顔が凄い怖いんだけど……」

長門「……お前達。一体誰からその「ロリ」という言葉を聞いた?」
48 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/24(日) 00:30:12.93 ID:2/4fT2GW0

雷「私は直接聞いたわけじゃなくて」

暁「大井さんがロリ趣味じゃないって言ってたのが気になって」

長門「大井が?」

長門「(確かに大井はロリコンではないだろうが……。しかしこんな純粋な存在に本当の意味を教えるわけにはいかんな)」

長門「ロリというのはだな、大人の女性という意味だ」

長門「(こう言っておけば問題あるまい)」

49 : ◆w8vaqCqQOo 2015/05/24(日) 01:13:54.80 ID:2/4fT2GW0

暁「大人の女性!? つまりレディーね!」

雷「なんかしっくりこない気がするんだけど……」

暁「長門秘書艦が言ったんだから間違いないわよ!」

長門「あ、ああ。」

長門「(くッ……。胸が締め付けられるようだ)」

暁「これは電と響にも伝えなきゃいけないわね!」ダッシュ

長門「お、おい待て!」

この後言いふらしたことで真実を知った暁に謝る長門の姿が目撃されたとかされてないとか――
木曾が龍田に調教される話しが書きたかったけど力尽きた……。半端で申し訳ないがHTML依頼出してきます
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/26(火) 03:29:22.93 ID:TDtaCYV00

こういう勘違いして暴走しちゃう大井っち好き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする